太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • 太陽光発電・オール電化 ブログ

一定の規模以上の太陽光発電設備を設置する場合、中津市景観条例による協議(着工の60日前まで)および景観法による届出(着工の30日前まで)の手続きがが必要となる。同市では良好な景観を保全し中津らしい景観を形成するため、理解と協力を求めている。


続きを読む


2015年6月10日〜12日に開催された世界最大規模の太陽光発電見本市「Intersolar Europe 2015」。会場の中庭で、大音量のダンスミュージックで何やら踊っている人がいるので見てみると・・・なんと太陽光発電パネルの上でブレイクダンスをしていました。独SolarWorld社によると、「ウィンドミルしても大丈夫だよ!」とのことです。


続きを読む


京都大学などは、電源構成(ベストミックス)案に対して、原発重視または再エ重視となったときに、消費者がどれだけの電気料金の支払い意志を持っているかを日米で比較調査した結果を発表した。

本研究では、コンジョイント分析と呼ばれる仮想的な消費者選択を通じて、消費者の原発比率や再エネ比率に対する金銭的な支払意思額を計測するとともに、米国消費者の支払意思額との比較分析も行った。


続きを読む


焼酎文化の一大ブームを生み出した、宮崎県都城市の焼酎メーカー、霧島酒造。同社は2014年9月、「再生可能エネルギー固定価格買取制度」に基づき、本格酒造メーカーとしてはじめて売電事業を開始した。産業廃棄物だった焼酎粕を利用したバイオマス発電システムによって生み出された電力を全て九州電力へ売電している。


続きを読む


九州電力は28日、種子島において、ゴールデンウィーク期間以降、500kW以上の陽光風力発電に対して、再エネ特措法(FIT法)で認められている出力制御を実施すると発表した。

種子島では、2014年7月25日より再エネ発電設備の接続申込みへの回答を保留している。しかし、回答保留公表時に接続申込済みであった、再エネ発電事業者の系統への接続が進んだ結果、今年のゴールデンウィーク期間以降、電力の使用量の少ない晴れの日を中心に再エネの出力が増加し、内燃力発電機の最低出力運転を実施しても、供給力が需要を上回ることとなり、電力の安定供給を確保するためには、再エネの出力制御が避けられない見通しとなった。


続きを読む




  • 太陽光発電・オール電化 ブログ

ページTOPへ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.