2009年11月より余剰電力買取制度(現在の固定価格買取制度)が開始されました。
買取期間は10年で、2019年より契約が順次満了となり、買取価格が大きく下がります。
このことを受け、現在、家庭用蓄電池が注目されています。

売電価格が下がるって本当?

2009年に開始された買取制度は、太陽光発電で作られた電力のうち、余剰電力が買取対象となる制度です。10年間の買取期間が設定されており、2019年以降、順次 買取期間の満了をむかえることになります。
買取期間満了後には順次、売電価格が大きく下がると言われています。

10年間の買い取り期間が満了するとどうなるの?

2009年から売電している世帯はおよそ53万世帯以上であると言われています。
2019年以降の買取について、九州電力では11月以降1kwhあたり48円から7円と価格が大きく下がることが発表されました。
一方で、購入する側の電気代(買電額)は今後さらに値上がりすると予測されています。

太陽光で発電した電気を無駄にしないために・・・
早めの対策を考える必要があります!

考えられる対策は大きく分けて2つ。ひとつは売電価格は下がるけど「これまで通り売電を続ける」こと。
もうひとつは余った「電気を貯め、効率良く使う」こと。

売電できる事業者と個別に契約して余剰電力を売電する

小売電気事業者などと個別に契約し、余剰電力を買取ってもらう形です。
しかし、これまでの売電価格を大幅に下回る買取額となると考えられます。

家庭用蓄電池を購入して太陽光発電でまかなえる電力を増やす

太陽光で発電した電気を蓄電池に貯めて、朝や夕方などに使用することで電力会社から電気をできるだけ買わずに、自家消費をする形です。昼間に発電して、電気製品などの電力に使用しつつ、余った電力を蓄電池に貯めることで、朝や夕方、リビングタイムのいちばん電気を使う時間帯に使用することができます。

今からできる2019年問題の対策。太陽光発電は「売る」から「貯める」がオススメ!

電気を貯める
「蓄電池」って何?

電気を貯めておき、貯めた電気を必要なときに使うことができるものを蓄電池といいます。仕組みとしては、充電池や自動車のバッテリーと同じです。
安価な夜間電力を貯めて蓄電池を単体で使用することもあれば、太陽光発電システムと連携し、太陽光発電によって作られた電気を蓄電池に貯めて効率的に使用することができます。
災害などで電気が止まった時に役立つので、「有事の備え」として、医療機関、オフィス、工場などをはじめ一般の家庭でも設置が進んでいます。また、電気代の削減を目的に設置されるケースも増えています。

蓄電池のメリットと
デメリットとは?

電気を貯めておいて、好きなときに使える便利な蓄電池ですが、実際にはメリットだけではなくデメリットも存在します。

蓄電池のメリット

✓災害時や停電時など非常用電源として家電製品等の電源として使える

太陽光発電システムや夜間電力等で、蓄電池にためておいた電気は 災害時(停電時)にも使う事ができます。
もしもの時に照明やテレビを利用できるため安心です。
2011年の東日本大震災では、甚大な被害が発生し、1週間以上電気が使えない地域も多数存在しました。また、最近では水害などの災害も多発しており有事の際のエネルギー問題に対して考える必要が出てきています。
蓄電池を導入すれば、停電になったとしても、蓄電池から電気を供給できるので、冷蔵庫や扇風機、テレビといった家電製品を使用することができます。
電気は、非常に重要なライフラインの1つです。蓄電池があれば災害時の安心につながります。

✓太陽光発電と連携させることで、電気代の節約に貢献できる

売電価格はこれまでの1kwhあたり48円から7円に下がります。
たとえば、今まで通り48円で売電していた場合の売電収入が10,000円だったものが7円だと約1,458円に下がる計算になります。
一方で、自宅に太陽光発電が設置されていれば、余った電気を電力会社に売る形ではなく、蓄電池に貯めておき、これを自宅で利用することができ、電気代の節約につながります。
蓄電設備がない状態で行う太陽光発電では、朝や夕方〜夜9時くらいのいちばん電気を使う時間帯は電力会社から電気を購入することになるので、日中の太陽光発電で余った電気が無駄になってしまいます。しかし、蓄電池があれば発電した電気や電気代の安い深夜の時間帯にに電気を蓄電し、日中の消費電力を蓄電池で補うことができます。
電力需要のピーク(13時~17時)を避けて電気を使用することを電力のピークシフトといいます。
蓄電池があれば、電力会社から供給される電気を使う時間をずらすことができるため、電力需要のピークの山を相殺することができ、エネルギーの無駄を減らすことができます。

昼間使用する電気は、太陽光でまかない、余剰電力は蓄電池に充電。蓄電池に蓄えた電気は、夕方以降に利用。
朝から夜までの間の電力会社からの買電量を減らし、電気の自給自足を目指します。

蓄電池のデメリット

✓導入コストの負担が発生する

蓄電池は1kwhあたり数十万円と決して安くはない機器となります。お客様宅の規模や消費電力量、太陽光発電システムの容量を考え、それに合った製品を選ぶ必要があります。
参考価格としては4kwのタイプで95万円~となります。
※補助金の適用が可能です。

✓充放電回数に寿命があり、交換が必要となります

リチウムイオン電池などは、蓄電・放電の回数に限りがあります。蓄電池の寿命を超えてしまうと蓄電容量が徐々に減っていくのでいずれは交換が必要になります。
蓄電池のメーカーによって価格はもちろんですが、保証期間や充放電サイクルの回数、蓄電容量が違ってくるので、自身の環境に適した製品を選びましょう。

これらのことを踏まえ、購入の際には蓄電池について詳しく説明をしてくれる会社、アフターフォローをしっかりしてくれる会社を選ぶことが重要になります。

様々な蓄電池メーカーからお選びいただけます。

各メーカーの蓄電池の中から、ご自宅の発電環境や生活スタイル、ご予算に合わせた形でお客様に最適な蓄電池をご提案させていただきます。

蓄電池に関する相談〜納品までの流れ

まずは有限会社 総設までお気軽にご連絡ください。

arrow_drop_down_circle

担当の者がお客様の発電環境についてお伺いし、おすすめの蓄電池をご紹介します。
補助金が適用できるかどうかの判断も併せて行います。

arrow_drop_down_circle

設置前の調査としてお客様宅にお邪魔して設置場所の確認を行います。

arrow_drop_down_circle

蓄電池及び設置費用等を含めたお見積りをご提出します。

お見積り提出時にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント!

お見積りの内容に問題がなければ、ご契約となります。

arrow_drop_down_circle

蓄電池が入荷次第、設置作業を行います。
設置から初期設定、蓄電池の使用方法の説明をいたします。

arrow_drop_down_circle

設置後も定期的なメンテナンス、お問い合わせに対して随時対応いたします。

国や宮崎市の補助金制度がスタート予定です!

<平成31年度 宮崎市における住宅用蓄電池の設置費用の補助金制度について>

補助対象システム

住宅用蓄電池(太陽光発電システムと連携しているもの)

補助対象者

自ら(又は自らと生計を一にする者)が居住する市内の一戸建住宅(店舗兼住宅を含む)、又は共同住宅に対象システムを設置する予定の方
これまでに、本市の太陽光発電システム設置に係る補助金又は太陽熱利用システム設置に係る補助金の交付を受けていない方

補助金額

住宅用蓄電池:30千円 / kWh(上限100千円 / 件)

予算額

27,100千円(全体)

交付申請の受付開始(予定)

2019年(平成31年)5月末頃を予定しています。

国からの補助金について

詳細は、下記サイトをご参照ください。

蓄電池に関する補助金の申請代行もおまかせください!

お見積り提出時にAmazonギフト券1,000円分をプレゼント!

※蓄電池の商談後、弊社から正式なお見積を提出させていただいた方が対象となります。
※Amazon、Amazon.co.jp およびそのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

ご相談フォームはこちら

ご希望の連絡方法を
選択してください