太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

サツマイモ発電で地域産業を支える

焼酎文化の一大ブームを生み出した、宮崎県都城市の焼酎メーカー、霧島酒造。同社は2014年9月、「再生可能エネルギー固定価格買取制度」に基づき、本格酒造メーカーとしてはじめて売電事業を開始した。産業廃棄物だった焼酎粕を利用したバイオマス発電システムによって生み出された電力を全て九州電力へ売電している。

事業を担当するのは、霧島酒造 グリーンエネルギー部 副部長の田原 秀隆氏。「焼酎製造過程で発生する焼酎粕や芋くずを、自社のリサイクルプラントを通し、再生利用可能なエネルギーにしています」

サツマイモによる発電事業は国内でも初めての事例で、年間約400万kWhの発電量は、本格焼酎メーカーとして国内最大規模。一般家庭の消費電力量に換算すると、約1,000世帯分の年間使用量に相当する。年間1億5,000万円の売電収入を見込んでいる。

焼酎製造とリサイクルでサツマイモを「使い切る」

霧島酒造では、1日に320トンの原料芋を用いて、288,000リットル(1升瓶160,000本分)の焼酎を製造している。その際に出る芋くずは約10トン、焼酎粕は最大約800トンにも上る。

「これまで、焼酎粕は主に畑の肥料として再利用されていましたが、2003年から焼酎粕を海や畑にまくことが不法投棄とされるようになりました。また、急速に需要を拡大していった焼酎ブランド黒霧島の増産もあり、焼酎粕処理の問題は大きな課題となってきました」

2012年4月からは法律により焼酎粕の処理が必須となるなど、今日の環境を前提に置いた法整備に加えて、全国的な焼酎ブームも重なり、より高度なリサイクル技術が求められるようになる中、霧島酒造では、いち早く2003年から焼酎粕の廃液処理に取り組んできた。

2006年には焼酎粕をバイオマス資源として利用するリサイクル事業を開始、2012年には、リサイクルプラントを増設、国内最大級の焼酎粕リサイクルプラントが完成し、地域と環境に配慮した仕組みづくりを整えることとなった。

「霧島酒造のリサイクルプラントでは、焼酎粕をメタン発酵によりガス化し、焼酎製造工程の蒸気ボイラー熱源として活用しています。蒸気ボイラーに使用するバイオガスは本社増設工場で利用する総熱源量の46%を占め、CO2排出量の削減に大きな効果を上げていましたが、発生したバイオガスの全てを焼酎製造で有効利用できずにいました。利用率は44%にとどまっており、そこで残りの56%の余剰ガスは発電へと有効活用されることになりました」。固定価格買取制度も背中を押す形となり、売電事業が開始された。

リサイクルや発電は焼酎造りの「最後の工程」

田原氏はその苦労を語る。「焼酎メーカーとしては、はじめてのケースなので、技術的なこと、売電申請の手続きなど、多々、苦労もありました。しかし、リサイクルという最終行程が止まってしまうと、製造全工程が止まってしまいます。そんなプレッシャーもあり、チーム一丸となってゼロエミッション型のサツマイモ発電に漕ぎ着けました」

日々大量に出る焼酎粕を処理してくれるところは他にはなく、外部委託処理をお願いするとなると膨大な費用がかかる。「自分たちで処理するしかない」という気持ちで取り組んだ結果、現在では日本一の処理能力を持つ設備を備えるまでになった。異業種への参入というより、リサイクルは焼酎造りの「最後の工程」という考えのもとに行動したことが事業成功のポイントであった。

霧島酒造のグリーンエネルギー部(GE部)は、他企業のCSRセクションのように事業の流れから切り離された部署ではない。製造セクションのひとつとして位置づけられ、業務の中心が「排水処理」および「焼酎粕の処理」であり、一連の焼酎製造工程の"最後の工程"という位置づけである。

霧島酒造の産業廃棄物の93%を占める焼酎粕の最終処分率は、2005年まで15%だった。2006年から稼働したリサイクルプラントによって減量化するとともに、焼酎粕を脱水、乾燥させ飼料化・堆肥化することにより、最終処分量が限りなくゼロになり、ゼロエミッションを実現したという。

焼酎粕はたんぱく質、繊維、有機酸をバランスよく含む飼料として有効性が高く、他の飼料と混合され、南九州地域の畜産農家に安価で栄養価の高い飼料として供給されている。また、メタン分解されなかった残渣は、脱水後、堆肥となり県内外の畑地に還元されている。これらの過程で発生した全ての排水は、きれいに浄化され下水道へ流される。まさに「環境共生型焼酎工場」の誕生である。

製造工程における地域活性化・環境保全活動を行っていることを評価され、2014年3月に「第23回 地球環境大賞」の農林水産大臣賞を受賞した。これは、本格焼酎メーカーとしては初めての受賞である。

農家と地域産業を支える

このように霧島酒造は、焼酎製造・販売だけでなく、リサイクル事業の推進も、企業責務と考えている。発電事業によって地域の資源に立脚した企業として、資源の持続可能な利用を目指すとともに、環境への負荷を増やすことなく、企業としての成長、地域の活性化を目指しているのである。

「サツマイモが焼酎粕になり、最終的にグリーンエネルギーに完全リサイクルされることにより、農家に誇りを取り戻して来ました。農作物に付加価値を与えることで、農業を、ひいては、地域産業を支えていきたいと思っています」

すべては継続のために

リサイクルにかかわる事業継続には大きな苦労もある。「霧島酒造の焼酎粕リサイクルプラントは24時間3交代制での管理が必要で、1日の稼働時間は焼酎製造より長くなります。実質、リサイクル稼働日数は焼酎製造日数の300日を越え、ほぼ1年間稼働し続けていることになるので、常に気が抜けません。しかし、製造の一工程として、リサイクル工程を行っていかなければならないという責任があります」

継続、これが目標である。というのも霧島酒造にとって、売電はあくまで「目標」ではなく、継続のための「手段」、「未来への布石」なのである。霧島酒造は、日本の焼酎蔵のリーディングカンパニーとして、また、しっかりと地域に根差した企業として、そして、責任ある焼酎蔵として、未来に向かって新たなスタートを切った。



△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.