太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

システム価格の低下を背景に14年の発電コストが22円台/kWhとなった住宅用太陽光発電。グリッドパリティ達成後は市場拡大のために何を必要とすべきか、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は太陽光発電開発戦略をまとめ、20年までのシナリオを示した。


続きを読む


経済産業省は、26日、将来のエネルギーミックス(電源構成)の議論の参考とするため、各電源の発電コストの試算を行っている発電コスト検証ワーキンググループ(WG)の第3回会合を開催した。本会合では、原子力発電コストの算定方法について議論した。


続きを読む


環境共創イニシアチブ(SII)は、エネ性能の高い高性能建材を用いた改修を行う者に補助を交付する「既築住宅・建築物における高性能建材導入促進事業(補正予算に係るもの)」の一次公募を3月31日より開始する。

対象となるのは、「既築住宅などの改修において、SIIに登録された高性能建材を導入し、住宅全体の一次エネルギー消費量の15%以上を削減すること」など規定の要件を満たす事業。事業期間は2016年3月31日まで。原則、単年度とする。補助率は補助対象費用の1/3以内。補助金額は上限150万円/1戸。


続きを読む


経済産業省資源エネルギー庁は、固定価格買取制度(FIT)において、50kW以上の太陽光発電設備について、4月1日以降の認定から、認定日の翌日から起算して270日後の日までに、場所・設備が確保されていない場合は認定が失効するという新ルールを適用する。

ただし、電力会社による接続契約に要する期間が、180日を超えた事実がある場合は、期限を認定日の翌日から起算して360日後の日まで、また、270日を超えた事実がある場合は、期限を認定日の翌日から起算して450日後の日まで延長する。


続きを読む


埼玉県下水道局は、下水処理施設である新河岸川水循環センターにおいて、3月30日より下水汚泥固形燃料化施設の稼働を開始する。

本事業では、従来の汚泥焼却炉のように下水汚泥を焼却処分するのではなく、蒸し焼きにして燃料を生成する。製造された燃料は、民間企業に有償で提供し、石炭の代替燃料として有効活用される。


続きを読む


グリーン投資減税による太陽光設備の即時償却が太陽光発電に限り、適用期間を1年延長した。はグリーン投資減税の概要などについて詳しく説明した。後編の今回はA類型の先端設備要件やB類型の生産ラインやオペレーションの改善に資する設備の適用要件などを紹介し、内容を掘り下げて解説する。

以下、(1)、(2)それぞれの要件と、太陽光発電設備への適用の可否について、解説していく。


続きを読む


関西電力の美浜原発廃炉決定につづき、九州電力と中国電力も廃炉にする原発について発表した。

九州電力は、2016年7月に運転期間満了を迎える玄海原子力発電所1号機を廃炉することに決定した。 

玄海1号機は、九州初の原子力発電所として、1975年10月に営業運転を開始した。加圧水型軽水炉の原子力発電所で、定格出力は55.9万kW。


続きを読む


生活クラブ連合会は、11日、経済産業省が実施した再エネ特措法の改正案に対するパブリックコメント(意見募集)において、1月9日に「再生可能エネルギーの普及を抑制する制度変更に異議あり」との意見を提出したと改めて発表した。

経済産業省は、1月22日に、発電事業者に対する新たな出力制御ルールや固定価格買取制度(FIT)の運用見直しを盛り込んだ改正省令・関連告示を公布している。パブリックコメントは、この改正案に対して、2014年12月19日から2015年1月9日まで実施されたもの。


続きを読む


九州電力など電力5社は、4日に開催された経済産業省の系統ワーキンググループ(第5回)において、固定価格買取制度(FIT)の新ルールに基づく、太陽光発電の出力制御見通しについての算定結果を示した。

今回、出力制御見通しの試算を示したのは、九州電力・北海道電力・東北電力・四国電力・沖縄電力の5社。改正省令に基づく太陽光・風力発の接続可能量を超過した電気事業者は、指定電気事業者制度の下で、指定ルール(無補償の出力制御の制限なし)による受付が可能となる。一方で、指定電気事業者に対しては、出力制御の見通しについて公表することが義務付けられている。


続きを読む


2月24日に、平成27年度の固定価格買取制度(FIT)の価格を検討する第19回調達価格等算定委員会が開催された。その中で、今年の「平成27年度調達価格及び調達期間についての委員長案」が発表。


続きを読む


再生可能エネルギー固定価格買取度(FIT制度)開始から4年目となる平成27年度の買取価格等の見直しの検討のため、経産省の調達価格等算定委員会が2015年1月からスタートし、昨年度と同じわずか4回の審議を経て2月24日には「平成27年度調達価格及び調達期間に関する意見」を公表した。

その後、わずか15日間という非常に短い期間のパブコメを経て、平成27年度の買取価格が3月末までに決定される。FIT制度を取り巻く様々な課題を踏まえた上で、これまでの環境エネルギー政策研究所(ISEP)からの提言にも触れながら、自然エネルギー政策としてのFIT制度の重要性とそのあるべき姿について述べてみたい。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.