太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

九州経済産業局は、平成26年11月末時点の再生可能エネルギー発電設備の運転開始状況・認定状況を取りまとめ発表した。

九州において運転を開始した太陽光発電の出力は、前月に比べ16万kWの増加となった。これにより、平成24年7月の固定価格買取制度(FIT)の開始から11月末までに新たに運転を開始した太陽光発電の出力は317万kWに達した。


続きを読む


経済産業省は、将来、各電源をどのような割合で利用するかを示すエネルギーミックスの議論の参考とするために、各電源の発電コストの試算を行う。

18日に長期エネルギー需給見通し小委員会の下に設置した有識者会議、発電コスト検証ワーキンググループ(WG)の第1回会合を開催し、議論を開始した。

各電源の発電コストの試算は、2011年にエネルギー・環境会議の下に設置した、コスト等検証委員会で行っており、今回はそれを見直す。本会合では、2011年コスト等検証委員会における検討経緯と結果、それに対する意見などの資料が示された。


続きを読む


九州電力は2月17日、経済産業省の新エネルギー小委員会 系統ワーキンググループに「出力制御ルール、出力制御見通し算定の考え方」の案を提出した。

この中で、太陽風力発電設備について、接続量が接続可能量(九州本土/太陽光817万kW、風力100万kW)を超えると、出力制御日数が全体として30日を超えることから、出力制御方法については「(ケース1)出力制御対象全ての事業者の年間出力制御日数が30日に到達するまで」と「(ケース2)出力制御対象全ての事業者の年間出力制御日数が30日に到達した以降」を示した。


続きを読む


国は平成25年度に既に住宅用太陽光発電への補助金を終了している。地方自治体も終了済み、または26年度までというところが多い。ここでは、補助金終了後の自治体の太陽光発電普及策として、欧州を中心に広がっている「ソーラー屋根台帳」を紹介したい。

ソーラー屋根台帳は、世界で既に80以上の自治体で導入されており、太陽光発電普及策の定番となりつつある施策である。日本では、平成26年の3月から東京都と(公財)東京都環境公社が初めて公開している。


続きを読む


過去数年間にわたる太陽ブーム。一部では過熱や「偏り」に対する批判の声もあるが、このブームが社会に対して大きな貢献をしてきたことは間違いない。2014年末時点での累計導入容量2000万kW弱(推定)。年間発電量は200億kWhに上り、日本の総電力需要の2%を賄うまでになった。

貢献はそれだけではない。産業構造を大きく変えているのだ。それは、大から小へ、中央から地方への主役の交代である。


続きを読む


積水化学工業住宅カンパニーは、「太陽光発電システム(PV)+ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)搭載住宅の電力量収支実邸調査(2014)」を実施した。

同調査の対象は、同社のセキスイハイムに2013年1月から12月の間に入居した世帯のうち3,545邸で、調査期間は2014年の1年間。調査内容は、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH。発電電力量で消費電力をすべて賄えるオール家電住宅)の達成率などについて、同住宅に搭載されているコミュニケーション型HEMS「スマートハイム・ナビ」の消費電力量・発電電力量・電力量収支データを活用し分析した。


続きを読む


アベノミクスにより日本で植物ブームが起こり、オランダ型農業が注目されてから久しい。多くの商社、メーカー、シンクタンクがオランダを訪れ現地の栽培技術や経営手法を調査してきたが、その技術やサービスは日々進化している。そこで今回は、最新のオランダの栽培技術を改めて紹介したい。日本において新たな製品・サービスを開発するきっかけになれば幸いである。


続きを読む


住友電気工業(大阪府)は、同社のメガソーラー用「PLCストリング監視システム」が三交不動産(三重県)の「松阪山室メガソーラー発電所」に採用されたと発表した。

住友電工は昨年、PLC通信技術(電力線通信技術)により直流高圧電力ケーブルを通信媒体として利用した上で、メガソーラーの発電量をストリング1単位ごとに正確にリアルタイムに監視できるシステムを開発、世界で初めて実用化に成功した。


続きを読む


カナディアン・ソーラーは、シャープより太陽光発電の開発を手掛ける米子会社リカレント社を買収し、本格的にIPP(独立系発電事業者)事業に参入する。

リカレント社は、主に北米市場において、太陽光発電プラントの販売・開発を行うディベロッパーで、世界最大規模の4GWの太陽光発電所を保有する。今回の買収により、カナディアン・ソーラーのプロジェクトパイプラインは4GWを加えて8.5GWになり、また、後期段階にあるパイプラインは約1GW追加され、2.4GWになる。


続きを読む


環境省は、福島県(避難解除準備区域等を除く)、岩手県、宮城県の津波浸水地域を含む市区町村における、再生可能エネルギー発電設備とこれに付帯する蓄電や送電線の導入に要する経費の一部を補助する事業を行う。

これは、平成26年度補正予算「再生可能エネルギー接続保留緊急対応補助金(再生可能エネルギー発電設備等導入基盤整備支援事業費(岩手・宮城・福島県支援事業))」として行われるもので、現在、補助事業者(執行団体)を公募している。


続きを読む


経済産業省は、3日、固定価格買取制度(FIT)の見直しについて検討する、第九回の新エネルギー小委員会を開催した。

本小委員会で、経産省は、今後検討すべき項目等について(案)を示し、その中から、今回は、(1)出力制御の運用、(2)陽光及びの導入状況等、について議論した。


続きを読む


経済産業省は、1月22日、発電事業者に対する新たな出力制御ルールや固定価格買取制度(FIT)の運用見直しを盛り込んだ、改正省令・関連告示を公布した。施行は1月26日(月)。省令の一部については、2月15日(日)に施行する。本稿、2015年1月5日号でも指摘した通り、一番懸念しているのは、新たな出力制御ルールだ。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.