太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

太陽光発電協会(JPEA)は、現在議論されている九州電力管内をはじめとする再生可能エネルギーの「系統接続制約問題」、それに併行する「固定価格買取制度見直し問題」に関しての見解を発表した。

JPEAは、最長でも2014年12月末を期限に、今回の系統接続に関する「回答保留」状態が解除されると共に、以降の接続受け入れにおける前向きな打開策や見通し(計画)が示されることを要望。


続きを読む


11月20日、TKPガーデンシティ竹橋ホールで、再エネ業界(主に太陽光)のメーカー、販社・施工会社・発電事業主を対象に、「再生可能エネルギー接続保留問題の現状と対策セミナー」が開催された。9月下旬に九州電力が続保留を発表して以来、太陽光発電ビジネスに不安と困惑が広がる中、12月に発表されるであろう経済産業省のコメントを前に、この問題に対して理解を深め、対策を講じるため、情報を整理、収集しようとする参加者が多く見受けられた。


続きを読む


地球温暖化対策や雇用創出、非常時のエネルギー確保など、多様なメリットを持つ太陽光発電は、日本の経済成長の推進力という面でも導入の加速化が求められている。太陽光発電のメリットと必要性について、環境省の地球温暖化対策中長期ロードマップ検討会の提言をもとに紹介する。

太陽光発電は利用時に温室効果ガスのCO2を排出しないため、化石燃料代替による温室効果ガス対策に大きく貢献する。「発電によるライフサイクルCO2排出量の比較」から、発電を行う場合、設備の建設・廃棄等を含めたライフサイクル全体でも、化石燃料に比べてCO2排出量を大幅に削減できることがわかる。

 

では、どの程度の効果があるのか。IEA(Energy Technology Perspectives)による「IEA BLUE Map シナリオ」の試算では、2050年の温室効果ガス排出量を2005年比半減させる場合、再生可能エネルギーの寄与度は17%と推計している。


続きを読む


九州電力の系統接続保留に端を発した「九電ショック」は、瞬く間に北海道、東北、四国、沖縄の各電力会社に波及し、それぞれが新規接続の保留を発表した。突然の発表に、再エネ関係者の多くは、困惑し大きなショックを受けた。この大混乱に、世界的な再生可能エネルギー・省エネの権威であるエイモリー・B・ロビンス氏が緊急来日。(社)エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議主催のシンポジウムで、世界のエネルギーの潮流と日本の課題について講演した。


続きを読む


九都県市首脳会議は11月20日、「屋根貸」による太陽光発設備の設置について、事業所等の倒産による発電事業が継続不能になるなどのリスクを軽減し、事業の継続性を確保するために特別法の制定など必要な法整備を行うよう国に要請書を提出した。


続きを読む


日本電業工作(東京都千代田区)は、太陽光発電所において、多地点監視の課題となっていた「監視の死角」を減らし防犯対策を強化できる、小型IPカメラと長距離無線LANを一体化させたシステム「マルチカメラ監視mini」の提供を開始した。

近年、建設中および運用中の太陽光発電所からソーラーパネルや送電用銅線などが盗まれる事件が多発している。本システムでは、太陽光発電所の防犯監視ポイントの4カメラ映像を1台の親機に集約でき、増設対応も可能。高機能レコーダーにより過去に遡っての映像確認にも迅速に対応する。更にクラウドに接続することにより全国どこからでもいつでも映像を確認することができる。


続きを読む


環境省は、平成26年度「二国間クレジット制度(JCM)」を利用したプロジェクト設備補助事業について、パシフィックコンサルタンツがモルディブで行う「校舎屋根を利用した太陽光発電システム導入プロジェクト」を選定した。同プロジェクトの想定年間CO2削減量は216トン。


続きを読む


生活クラブ連合会は、11日、再生可能エネルギー普及に取組む組織として、一部電力会社による系統連系の「回答保留」に対する見解を表明した。

本見解では、今般の電力会社による接続申込の「回答保留」の表明について、唐突で「上から目線」だと批難し、国と電力会社に対して説明責任を果たすことを求めている。また、「回答保留」では、安定供給という電力会社の責務が強調されているが、これまでの動きを見ると、その根拠には疑問があり、今後の対応次第では再エネ普及にとって大きなマイナスとなると懸念。国に対して可及的速やかに、再エネ数値目標を設定することや、発送電分離を確実に実行する見通しをつけることを要請している。


続きを読む


北陸電力は、12日(水)より同社ホームページにおいて、再生可能エネルギーの接続検討申込みおよび接続契約(系統連系)申込み状況について情報提供を開始した。今後、週1回最新の情報に更新していく。なお、接続可能量については、12月中旬頃と想定される系統ワーキンググループ(WG)の取りまとめの後、公表する予定。


続きを読む


ソフトバンクの孫正義社長が事務局を担い、36道府県と約200社が参加する「自然エネルギー協議会」は、7日、第8回総会を行い、政策提言「自然エネルギーによる地方創生に向けて 〜接続保留問題を解決し、自然エネルギーの導入加速化へ〜」をとりまとめた。

5つの対策を柱とするこの提言は、同協議会の会員から寄せられた支障事例に基づいてまとめたもの。本提言では、一部の電力会社による再エネ発電設備接続保留問題の迅速かつ抜本的な解決を図り、「地域創生」を推進していくためには、自然エネルギーの導入を加速する具体的な目標設定とともに、系統問題の解決やエネルギーの地産地消、規制改革が急務だとしている。


続きを読む


アジア生産性機構(APO;Asian Productivity Organization)は、11月4日から11月6日までの間、中華民国(以下、台湾と表記)・台北市にて、第3回世界環境生産会議(APO 3rd World Conference on Green Productivity)を開催した。アジアの国々を中心に22ヶ国から、250名が参加した。


続きを読む


世界的な再生可能エネルギー省エの権威であるエイモリー・B・ロビンス氏が緊急来日。(社)エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議主催のシンポジウムで、世界のエネルギーの潮流と日本の課題について講演した。2回目となる今回は、アメリカをはじめ世界のエネルギー政策と日本の違いについて紹介する。


続きを読む


経済産業省は、「グレーゾーン解消制度」について、同省所管の再生可能エネルギー分野の企業からの照会に対して、「営農の継続を前提し、農地の畦畔(けいはん)に支柱を立てて太陽光発電設備を設置する場合」の農地転用許可の取扱いについて、回答したと発表した。

事例が増えつつあるソーラーシェアリングについて重要な農地法の第4条においては、農地の転用許可に係る条件等が規定されている。そのうち、農地での営農の継続を前提として、支柱を立てて太陽光発電設備を設置する場合について、農林水産省農村振興局長通知(「営農型通知」、「畦道通知」)で一時転用許可および再度の一時転用許可の条件等が、規定されている。


続きを読む


気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第40回総会(10月27日〜31日、於デンマーク・コペンハーゲン)において、IPCC第5次評価報告書統合報告書の政策決定者向け要約(SPM)が承認・公表されるとともに、統合報告書本体が採択された。環境省、経済産業省などがその概要をとりまとめ発表した。

本統合報告書では、21世紀にわたって上昇すると予測される地上気温による気候変動は、既存のリスクを増幅し、自然および人間システムにとっての新たなリスクを引き起こすと予測。


続きを読む


九州電力は、再生可能エネルギー発電設備に対する接続申込みの回答保留期間においても、個別協議に応じる具体的な要件を提示した。9時〜15時の時間帯に、蓄電池の併設等により同社系統への逆潮流を行わないことや無償で出力調整に応じること等を基本的要件としている。

なお、本取扱いは、九州本土において申込み中の事業者への回答を保留している中、特例的に接続検討を実施するもので、同社における需給バランスに影響を与えないものであることが前提となると説明している。

個別協議は下記の(1)〜(3)の基本的要件を満たす提案を行う事業者を対象に対応する。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.