太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

2016年からの電力の全面自由化を控え、PPSに数多くの企業が参入している。既に、PPSの登録者数は300社に上っている。また、2012年から始まった再生可能エネルギーの固定価格買取制度では、既に容量ベースで7,000万kW近い事業が認可された。

この2、3年、日本はまさに、次世代電力市場への大投資ブームであったと言える。実効性のある成長戦略が求められている日本の経済状況を考えると、原則として歓迎すべきことと捉えるべきだ。

しかし、投資には常にリスクが付きまとう。まして、バブルに象徴されるような過剰な投資ブームの際には、回収見込みのない、あるいは事業としての位置づけが曖昧な投資が行われがちである。ブームであるからこそ、投資の意味を問い直すクールヘッドが必要だ。


続きを読む


中国電力は、島根県・隠岐諸島におけるハイブリッド蓄電システムの技術実証事業について、協力する太陽光発電事業者・風力発電事業者を募集している。

同実証事業は、送電線が本土と連携していない隠岐諸島において、大きな出力変動を伴う太陽光発電風力発電による電力を、蓄電池による出力変動対策を行うもの。


続きを読む


筑波大学および独立行政法人物質・材料研究機構は、有機薄膜太陽電デバイスの評価・理解に重要な電荷生成効率の決定方法を確立したと発表した。

これにより、高効率な太陽電池材料のスクリーニングが可能になるとともに、有機系太陽電池のエネルギー変換プロセスの解明につながると期待される。また、本方法により、有機薄膜太陽電池が低温で動作しない原因が、電荷輸送プロセスにあることが明らかになった。


続きを読む


戸田建設は、興和および東京整流器と共同で、ZEB化に向けた技術の一つとして、戸田建設筑波技術研究所内に、太陽光パネルで発電した直流をそのままLED照明等に供給することができる直流給電システムを導入した。

直流給電システムは直流給電装置に電池を組合せたシステム。交流と直流の変換時のロスが少なくなるため、再生可能エネルギー(太陽光発電等)の更なる有効利用が可能となり、既存システムと比較して約10%のエネを実現できる。


続きを読む


島根県隠岐郡隠岐の島町は、旧隠岐空港滑走路跡地において、メガソーラー発電事業を行う事業者を公募型プロポーザル方式にて募集している。

同所の面積は約21,000平方メートル×2箇所(A工区・B工区)。売電期間は20年間。事業用地の賃貸料は1カ所あたり年額75万6,000円。1カ所あたりのメガソーラーの総出力は原則1.5MWとし、平成27年9月末を目途に運転開始すること、太陽電池モジュール及びパワーコンディショナーは、国産製品を使用すること等が条件となっている。


続きを読む


杉材を使用した大日本木材防腐製の架台「SOLA WOOD(空ウッド)」を使用した陽電池アレイ架台の見学会を10月31日に開催する。環境負担の少ない木材の利用拡大のため県産材の活用を推進しており、今回の見学会は第2回となる。


続きを読む


juwi(ユーイ)自然電力は、赤沢山スキー場跡地に、メガソーラー「井川町赤沢山太陽光発電所」を建設し、運転を開始した。

同発電所の出力は1.5MW、年間発電量は約1,645MWh、モジュール面積は約19,400平方メートル。稼働により、約490世帯分の電力を供給し、602トンの二酸化炭素排出量の削減(杉の木 43,000本が1年間にCO2を吸収する量に相当)に貢献する。


続きを読む


三協立山・三協アルミ社(富山県高岡市)は、アルミ型材ルーバーに太陽電池モジュールを組み込んだ、「太陽電池一体型目隠しルーバー」の新型「205タイプ」を発売した。


続きを読む


環境省は、地域の各主体が共同の事業体(コンソーシアム)を構築し実施する地球温暖化防止活動を支援する「地域活動支援・連携促進事業」において、エネルギー起源二酸化炭素の排出を抑制する事業の2次公募を開始した。


続きを読む


害保険代理業などを手がける双日インシュアランス(東京都)は、太陽光発電所の建設〜操業中のリスクを一元評価・カバーする、太陽光発電関連事業者向けの保険ソリューションプラン「サンブレラ®」の販売を開始する。


続きを読む


太陽光発電が急速に普及し、多くの事業者がビジネスに参入している。そのため、配電線のキャパシティの問題など、ビジネスを取り巻く環境は刻々と変化しており、現場では様々な問題が発生している。明電舎の長谷川氏に電力会社との協議におけるポイントを聞いた。

― 電力会社との協議において、現在大きな問題になっていることを教えてください。

現在、太陽光発電に関する事業主と電力会社の協議において、散見されている問題点として多く挙がっているのが、"事前協議後でも、力率指定が行われる"という点だ。電力会社と、事業主の事業計画をもとに行われる事前協議の段階では、力率について何も話がないにも関わらず、約21万円もの金額を支払って本協議を進めていく段階で最終的に力率指定という条件が出てくる。


続きを読む


2014年7月31日。国際太陽エネルギー学会(ISES)会長のデビッド・レネ氏が来日し、自然エネルギー財団主催で講演会が開催された。テーマは「太陽光発電の世界的な拡大と日本への提言」。長年務めた米国立再生可能エネルギー研究所を退職した後も、再生可能エネルギーの資源評価・分析などに携わり、現在はISES会長を務める同氏が見た、太陽光発電の現状と今後の可能性についてレポートする。


続きを読む


経済産業省は、31日、ガスシステム改革小委員会におけるこれまでの審議について中間整理を行い、家庭を含めた都市ガスの小売を全面自由化する場合の制度イメージとともに、今後さらに検討すべき論点について示した。

電力システム改革では、2016年に家庭も含めた電力の小売りの全面自由化が予定されている。政府は、電力システム改革と合わせて、ガスシステム改革における都市ガスの小売を全面自由化についても取り組んでいく。


続きを読む


原発ゼロへの取り組みと自然エネルギーの普及活動を積極的に推進し、原発に頼らない社会への転換を目指すため結成された「一般社団法人 自然エネルギー推進会議」。発起人には細川・小泉両元首相をはじめ、各界の著名人が名を連ねる。

 編集部では、同推進会議の代表であり、キーマンでもある細川元首相に独占インタビューを行った。その中で、原発ゼロへの思いや再生可能エネルギーの可能性、同推進会議の意義などについて話を伺った。


続きを読む


現在最大の70MWp鹿児島七ツ島メガソーラー発電所(京セラ、鹿児島メガソーラー発電)を抜いて、わが国最大、100MW超えのメガソーラー施設が誕生する。

三井物産株式会社とソフトバンクグループで自然エネルギー事業などを行うSBエナジー株式会社(本社:東京都港区、社長:孫正義)は、共同で発電事業に参画し、北海道勇払郡安平 町において大規模太陽光発電所(メガソーラー)「ソフトバンク苫東安平ソーラーパーク」を2015年度冬の運転開始を目指している。


続きを読む


エジソンパワー(千葉県木更津市)は、韓国サムスンSDIと提携し、日本各地にサムスンSDIの大型リチウムイオン電池蓄電システムを併設したソーラーを建設する。両社は、日本市場において大型リチウムイオン電池蓄電システムを大規模に普及させる業務について合意書を交わした。


続きを読む


経済産業省は、2014年4月末時点の再生可能エネルギー発電設備の導入状況を取りまとめ、公表した。また、固定価格買取制度の運用に当たり、今後一層の透明性を確保するため、8月6日、各種情報公表用のウェブサイトを新たに設置した。本サイトでは、市町村別の再生可能エネルギー発電設備の導入状況など、詳細な情報を新たに公表する。


続きを読む


経済産業省は、平成25年度に設備認を受けた運転開始前の400kW以上の太陽光発電設備に対し、平成24年度と同様、同法に基づく報告徴収を実施すると発表した。

報告徴収の結果、「場所」及び「設備の仕様」の決定が確認できない場合は、聴聞を経て、認定を取り消す。


続きを読む


東芝は、有機薄膜太陽電池のエネルギー変換効率において、1cm角の単層セルで世界最高レベルの11.2%を、5cm角のモジュールで世界最高の9.9%を達成した。これにより低コスト、薄型、軽量の有機薄膜太陽電池の本格的実用化に一歩近づいたことになる。同社は今後、発電コストをさらに低減するため、変換効率の向上、耐久性の向上及び製造コストの低減に向けた研究開発を進めていく。


続きを読む


原子力規制委員会は7月16日、九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)について、「新規制基準に適合している」とする審査書案を定例会で了承した。今後、30日間の意見公募などを経て審査書を決定する。
川内1、2号機は、新規制基準をクリアする初の原発となる。これから再稼働に向けた手続きが本格化するが、地元の同意手続きや設備の使用前検査なども必要となるため、再稼働は10月以降になる見通し。


 

と、言うのが原発再稼働に関するマスコミの報道。産業界などからは、期待する声が高まりつつある。しかし、筆者は、再稼働はもっと先になると考えている。あったとしても、だ。


続きを読む


ソーラーパネルの設計、製造、販売を手がけるサンパワー社(米国)は、鹿児島県の総合商社 南国殖産と、総計29MWの「E20/327ソーラーパネル」の供給契約を締結したことを発表した。

同ソーラーパネル(日本国内では「Maxeon Solar[マキシオン・ソーラー]」という名称で展開)には、サンパワー社のMaxeonバックコンタクト方式太陽電池が組み込まれている。この太陽電池は銅の厚膜をベースとし、温度変化に起因する亀裂、腐食、圧力に対して高い耐久性を備えていることが特長。変換効率は20.1%。


続きを読む


8月1日から太陽光発電設備等の設置規制を開始する。本規制により、5,000平方メートル以上の土地に太陽光発電設備等を設置する場合は、地元自治会等への説明会の実施などとともに、市への事前の届出が必要となる。


続きを読む


九州経済産業局は、28日、平成26年3月末時点の再生可能エネルギー発電設備の運転開始状況及び認定状況を取りまとめ、発表した。

2012年7月の再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の開始から2014年3月末までに、九州において新たに運転を開始したメガソーラー(太陽光発電1,000kW以上)は、62万kW(九州の再生可能エネルギーの32%)に達し、全国トップ(全国のメガソーラーのうち29%)の規模を維持している。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.