太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

太陽光発事業者がどんな課題に直面しているのか。アンケート調査によって3つの主要な壁が明らかになった。「土地利用に関する規制」「系統連系の確保」「買取価格の見通し」

固定価格買取制度の後押しを受けて、2013年度には毎月約50万kWペースで太陽光発電が設置・稼働しており、急速な普及がみられる。その一方で、膨大な設備認定量に対して導入が進んでいないことに対する懸念も指摘されている。そこで、自然エネルギー財団では、太陽光発電事業の実態について明らかにすべく、2013年9月に太陽光発電事業者にアンケート調査を行った。送付件数673件で、163件の回答を得た。


続きを読む


新生銀行は、レノバ(東京都)などが出資する合同会社が建設する「栃木県那須塩原市メガソーラー事業」に対するプロジェクトファイナンスを組成し、建設にかかる費用のうち総額約75億円を融資する。


続きを読む


日本工営(東京都)は、宮崎県椎葉村の「村営間柏原(まかやばる)水力発電所」の更新工事に着工した。今回、水車発電機をこれまでの横軸機から立軸機へ変更することで、有効落差が増え水車効率が向上し、最大出力が既設680kWから730kWに増加する。


続きを読む


ハンファQセルズジャパンは、京セラが同社を太陽電池モジュール関連の特許侵害で提訴した件について、訴状を受領したとして、その概要と同社の見解について発表した。

京セラは、同社に対して、太陽電池モジュール関連の「3本バスバー電極構造」に関する特許(特許第4953562号)を侵害しているとして、東京地方裁判所に特許侵害訴訟を提起したことを、7月10日にホームページ上で明らかにした。


続きを読む


JX日鉱日石開発は、米国で石炭火力発電所の燃焼排ガスから二酸化炭素(CO2)を回収するプラントを建設し、回収したCO2の油田への圧入により原油の増産を図るプロジェクトを開始した。老朽化した油田における原油生産量の飛躍的な増加と、石炭火力発電所から大気中へ排出する温暖化ガス(CO2)の低減を同時に目指す。


続きを読む


政府は、27日、全国規模での電力融通を調整する組織「広域的運営推進機関」の設立日を2015年4月1日とする改正電気事業法の政令等を閣議決定した。

同機関は全国大での需給調整機能を強化し、電気の安定供給の確保を進めるために、改正電気事業法(改正法)の規定に基づいて新設される、民間の組織。同機関は高度な公益性を有するため、定款や役員の選解任等を国の認可事項とするなど、国の強い監督権限が及ぶ認可法人としている。


続きを読む


NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)は、波力・潮流・海流等を対象に、海洋エネルギー発電の実用化に向けた実証研究等を行う4件の研究開発テーマについて、「海洋エネルギー技術研究開発」の採択予定先として決定した。

本事業において波力、潮流、海流等を対象として行う研究の概要と、採択予定先は以下の通り。本事業の期間は、平成26年度から平成29年度の4年以内。


続きを読む


大阪ガスと積水ハウスは、2011年2月より共同で実施している「スマートエネルギーハウス」の居住実験において、燃料電池太陽電蓄電電気自動車/EVを使用)を最適に制御することで、CO2排出量を通年でゼロにできることを実証した。さらに、HEMSを利用した家電・ガス機器や住宅設備の自動制御等について評価を行うことで、HEMSの効果的な機能を実証し、省エネ性と快適性が両立することを確認した。


続きを読む


 FITが始まり3年目を迎え、この2年間で太陽光成金と呼ばれる太陽光発電事業者が数多く生み出されました。

当社でも2012年度にソーラーフロンティア製49.5KWを土地込で購入されたお客様は、購入価格2000万円、ローンの支払以上に売電収入を得て(年間収入約300万円)10年で支払いが終わり、売電はその後も10年間続くのだから笑いが止まらない。

 しかし、笑ってばかりはいられない。売電収入のお金は電力使用者(つまり全日本国民)の「再生可能エネルギー発電促進賦課金」から賄われてます。本制度は平成26年4月までは0.35円/kWhと比較的安価でありましたが、27年5月からは0.75円/kWhと、倍以上の価格となる予定で、今後も値上がりは続きそうです。
 


続きを読む


ドイツの再エネへの投資の担い手は?

ドイツで実施されているエネルギーシフトの推進は、

  1. 再エネと省エネ、エネルギーの高効率化対策を単独のものとして切り離して考えず、地域内において組み合わせて、総合的に考え、
  2. 最も費用対効果に優れるものから、やりやすいものから順に手を付けてゆき、
  3. 同時に、その投資は地域のお金で、対策は地域の領土内に居住・活動する人びとの手で行う

ということが基本となります。


続きを読む


新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、リサイクル処理が困難な太陽電池モジュールについて、低コストリサイクル処理技術を開発・実証するとともに、撤去・回収関連技術などについて課題と対策を検討する「太陽光発電リサイクル技術開発プロジェクト」の採択先8件を決定した。


続きを読む


新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、太陽電池以外のBOS(Balance of system)や維持管理の分野を対象に、発電システムとしての効率向上とBOS・維持管理費の削減に資する技術開発を行う「太陽光発電システム効率向上・維持管理技術開発プロジェクト」の採択先6件を決定した。


続きを読む


NPO法人ひむかおひさまネットワーク(宮崎県宮崎市)は、大型で非常に強い台風第8号の接近に伴い、太陽光発電に関する注意喚起を行っている。

太陽光発電は、強風、洪水により影響を受ける可能性がある。万一、太陽光パネルが飛んだり、破損した場合は、販売施工業者や電気主任技術者の支持を受けるように、また、飛ばされたり、破損したものでも、太陽光が当たると発電するため、安易に近づいたり、触ると感電の危険があると注意を呼び掛けている。


続きを読む


宗教法人の生長の家(山梨県北杜市)は、来年3月の完成予定で、京都府城陽市に出力1704.5kWのメガソーラーを建設すると発表した。同教団によると、宗教法人として初のメガソーラーの建設となる。

今回のメガソーラーは、建設費用の全額を同教団信徒のほか、趣旨に賛同する人から広く寄付を募って建設するもので、システム稼働後の売電収入は、発電設備運用に伴う諸費用を除いた上で、次の自然エネルギーの利用拡大のための原資とする。


続きを読む


去年に引き続き、経産省主導の「電気自動車(EV)」、「プラグインハイブリッド自動車(PHV)」、「クリーンディーゼル自動車」等の導入に対して補助を行う「平成26年度クリーンエネルギー自動車(CEV)等導入費補助事業」が開始された。 現在、公募を開始している。


続きを読む


自治会やNPO法人等地域住民などが行う、地熱・小水力・太陽など生可能エネルギー発電設備の導入に対して補助金を交付する。

本事業は、大分県新エネルギー導入加速化モデル事業の区分として地域モデル枠を設け、要件を満たす者の再生エネ設備導入に必要な経費の一部を補助するもの。地域住民が協働して様々な課題を克服し、再生エネによる地域活性化への取り組みを加速することを目的としている。


続きを読む


三菱電機は、世界で初めて、電気自動車(EV)と太陽光発電システム(PV)、商用電力の3種類の電力を混ぜて使用できるEV用パワーコンディショナ「SMART V2H」4機種を製品化し、モニター販売を7月31日に開始すると発表した。

新商品は、EV・PV・商用の3種類の電力をモニターし、自動で最適制御する「電力需給制御システム」の採用により、「Vehicle to Home(V2H)」システムでは、世界で初めて3種類の電力を混ぜて使用可能とした。3種類の電力を最適制御して家庭内に給電することで、商用電力消費のピークシフトに貢献する。


続きを読む


内閣府の沖縄総合事務局は、今年5月に施行された「農山漁村再生可能エネルギー法」に基づく基本計画作成などに関する説明会を実施する。対象は、県担当者、市町村担当者、再生エネ発電事業者、農林漁業関係団体など。

説明会では、同法を活用したい市町村及び発電事業者が、早期に「基本計画」を、発電事業者が「設備整備計画」を作成できるよう促進させる目的で実施される。


続きを読む


2000年初めから10年あまりの自然エネルギーの世界的拡大は、欧米が、そして途中から中国が大規模に牽引してきました。中国の牽引はまだ続くものの、ここの2年間は他の途上国で、目覚しい拡大が見られます。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.