太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

 全国各地に太陽光発電所が設置されるようになり、発電に最適な土地を探すのが難しくなっています。そのような中で、2014年5月1日、「農山漁村再生可能エネルギー法」が施行されました。この法律は、“農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気の発電の促進に関する法律”で、使い方しだいでは“荒廃農地のみなし転用許可”により、太陽光発電用地を一気に拡大させる可能性を秘めています。


続きを読む


7月1日より、固定価格買取制度における、50kW未満の太陽光発電設備の設備認定に係る型式登録の申請受付がJPEA代行申請センター(JP-AC)で開始される。「平成25年度住宅用太陽光発電導入支援補助金」の申請受付が終了したことに伴う措置。


続きを読む


NTTタウンページは、タウンページデータベース(職業別電話帳データ)をもとに、「ソーラー・太陽光発電」の業種に登録する事業者について、都道府県別にみた人口10万人当たりの登録件数のランキングを発表した。

1位は宮崎県で15.99件、2位は高知県で11.70件、3位は熊本県で11.68件という結果となった。一方、登録件数が少ないのは、神奈川県(1.79件、47位)、北海道(2.01件、46位)、東京都(1.79件、45位)だった。


続きを読む


日立グループは、環境省が実施する「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に参加することを発表した。日立は、同キャンペーンの特別実施日に全国266箇所で、ネオンや看板照明、構内外灯などの消灯を実施する予定。この消灯による電力使用削減量は、約7,200kWhとなる見込みだ。


続きを読む


信州大学は同大学 繊維学部教授の村上泰氏とエヌ・ティー・エス(長野県)による共同研究で、100℃でも1.5V、数mAの電力を得ることが可能な新しい発電素子を開発したことを発表した。

今回、信州大学が開発した発電素子は、熱電発電モジュールを用いた発電方法に必要な構成要素のひとつ。


続きを読む


昭和シェル石油は、太陽電事業に関する研究開発資産等を、全額出資会社であるソーラーフロンティアに一元化することを発表した。この資産統合により、国内外の太陽電池産業の中で勝ち残る体制を目指すとともに、ソーラーフロンティアの競争力を高めたい考えだ。


続きを読む


京セラなど4社は、ドイツに本拠を置く太陽光発電所のプロジェクト開発会社のフォトボルト・デベロップメント・パートナーズ社(PVDP)が、長崎県佐世保市の宇久島で計画している、発電能力430MWの営農型太陽光発電事業(ソーラーシェアリング)に参画すると発表した。


続きを読む


経産省は「平成25年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書)」が閣議決定し、その内容をHPにて公表した。

今年度のエネルギー白書は、平成26年4月11日に閣議決定されたエネルギー基本計画を踏まえ、エネルギーに関する諸課題を提示するために作成された文書である。


続きを読む


太陽光発電協会(JPEA)は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度における50kW未満の陽光発電設備設備認定に関し、申請・審査方法について、7月1日より変更を行うと発表した。

今回、新たに変更が加わるものは、申請時に記入する「メンテナンス体制」と「(太陽光発電モジュール等の)機種性能」の項目。


続きを読む


JFEエンジニアリングは、地域と作物ごとに最適化したスマートアグリプラントの拡販に向けて、温室栽培用統合環境制御及び養液供給システムで世界シェア70%を占める施設園芸用制御機器の大手Priva社(オランダ)と協業すると発表した。


続きを読む


日本生活協同組合連合会は、新電力会社(PPS)「株式会社 地球クラブ」(東京都渋谷区)を6月20日に設立する。

同社は、固定価格買取制度を活用し、自家の太陽光発電をはじめ、バイオマス、小水力などの再生可能エネルギー電力を中心に調達し、通常の電力料金と同等の料金で、再エネ割合の高い電力を生協施設に供給する。当面、営業エリアは首都圏とし、生協関連施設の使用電力量及び事業の適正規模を考慮し、電力供給量5.7MW規模から事業を開始する。


続きを読む


NEDOは、東日本大震災の被災地を含む全国11地点において、太陽熱エネルギーを効果的に活用した省エネ型住宅の実証研究を実施すると発表した。各地の気候区分に適合させた省エネで、空調や給湯エネルギーの半減をめざす。


続きを読む


リコーは、室内の微弱な光源における発電性能を大幅に向上させた色素増感太陽電池の電解質を固体材料のみで構成することに成功した。

色素増感太陽電池は、散乱光や屋内照明などの微弱光でも、効率よく発電できる次世代型太陽電池として期待されている。色素の可視光吸収を利用して発電するもので、表面に有機色素を吸着したナノメートルサイズの酸化チタン粒子からなる多孔質の膜を形成した透明導電性基板と、金属薄膜を形成したガラス基板の間にヨウ素系電解液を封入したものが一般的な色素増感太陽電池である。


続きを読む


家庭向けを含めた電力小売りを2016年に全面自由化する改正電気事業法が11日、参院本会議で可決され、成立した。これを受けて、電気事業連合会の八木誠会長(関西電力社長)はコメントを発表し、「真に顧客の利益につながる改革とするためにも、小売り全面自由化の実施に先がけて、十分な供給力の確保等、有する課題について必要な検討および措置を講じつつ、改革を進めていほしい」と述べた。


続きを読む


太陽光発電協会(JPEA)は、平成25年度第4四半期及び平成25年度の日本における太陽電の出荷量についての調査結果を発表した。

これによると、セル、モジュールともに出荷量は大幅に増加。特に平成25年度はモジュールの伸びが大きく、前年度比約2倍に増大した。また、海外での生産、外国企業の出荷の比率も増加している。調査の概要は以下の通り。


続きを読む


金融庁は、投資信託・投資法人が主として投資対象とすることができる特定資産に、太陽光発電等の再生可能エネルギー発電設備や空港等の公共施設の運営権を追加する規制緩和案を取りまとめ、公表した。

今回、取りまとめられたのは「投資信託及び投資法人に関する法律施行令の一部を改正する政令(案)」など。同庁は本案についての意見を7月7日まで受け付ける。


続きを読む


ナノフォス社の製品を輸入販売するGLIは、太陽光発電パネル用自己洗浄・メンテナンス剤「サーファシールドG」の販売を開始した。同製品は太陽光発電パネルの表面に塗布することで、パネル表面を10年以上きれいに保ち、発電効率を低下させない、とうたった塗布剤だ。

太陽光発電パネルの普及に伴い、太陽光発電パネル表面への砂・埃・鳥の糞などの汚れ付着による発電効率が低下や、それに伴うメンテナンスコストの増大などが問題となっている。


続きを読む


5月28日、自然エネルギー財団主催のマスコミを対象とした懇談会で、同財団理事長のトーマス・コーベリエル氏による「下がり続ける自然エネルギーのコストと世界の成功」をテーマにした講演が行われた。

トーマス氏は、日本は化石燃料と原子力に限っていえば、全エネルギーを輸入に頼る「資源小国」だが、再生エネルギーについていえば、地域エネルギー資源を有効利用する「資源豊かな国だ」と述べた。しかし、日本は太陽光発電や風力発電コストが高く、その導入状況を再生エネ発電の先進国と比べると、まだ歴然とした差があると指摘。再生エネ発電の普及に向けた取り組みが活発化してきた、今の機運を活かすために、さらなる低コスト化や阻害要因となっている規制の改革等に取り組む必要があると話した。


続きを読む


ソーラーフロンティアは、「亀田郷土地改良区」が実施する「小松堀排水路発電施設」と「松山発電施設」の2つの太陽光発電事業において、同社のCIS薄膜太陽電池が採用されたと発表した。「小松堀排水路発電施設」は全国初の農業用排水路法面への大規模設置事例となる。


続きを読む


太陽光発電の新しい設置場所として、ため池などの水面の活用を提唱した。しかし、もっと広いスペースがある。宇宙だ。

宇宙空間で太陽光発電を行い、その電力を地上に送ろうという試みがあり、一般的に、宇宙太陽光発電システム(Space Solar Power System:SSPS)と呼ばれている。


続きを読む


オリックスは、今年1月に営業を終了した三重県津市の「トーシンレイクウッドゴルフクラブ」跡地を活用し、最大出力51MW(51,030kW)の大規模太陽光発電所を建設すると発表した。


続きを読む


新エネルギー導入促進協議会は、北海道電力と住友電気工業、東北電力が、国内初の取り組みとして、開始した大型蓄電池を系統に導入する実証事業の平成25年度成果概要(公開版)を取りまとめた。

本事業は、再生可能エネルギーの導入可能量を拡大等を目的に、基幹系統の変電所に世界最大級の大型蓄電池を設置し、風力や太陽光発の出力変動に対する周波数調整力としての性能を検証するもの。


続きを読む


富士電機は、オールSiC(炭化ケイ素)モジュールを適用し、小型・大容量化を実現した、大容量メガソーラー用パワーコンディショナを8月に発売すると発表した。

本製品は、昇圧回路にオールSiCモジュールを採用することで、スイッチング損失と導通損失を大幅に低減。パワーコンディショナ変換効率98.8%を実現し(従来機種:98.5%)、メガソーラーの発電量増加に貢献する。また、小型・大容量化ではコスト削減に寄与する。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.