太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

証券取引等監視委員会は、太陽光発電事業等のファンド運営会社 おひさまエネルギーファンド株式会社(長野県飯田市)を検査した結果、ファンドの資金の管理等について不適切な状況が認められたため、金融庁に対して行政処分を行うよう勧告した。


続きを読む


紫外線関連機器の製造販売等を手がけるユーヴィックス(東京都目黒区)は、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、陽のあたらない建物内の奥空間などへ太陽光を届けることができる、米国Sundolier社製「太陽光集光システム」と、カナダSunCentral社製「太陽光採光システム」の販売を開始した。いずれもオフィス、マンション、商業施設、学校、病院、ホテル、野菜や果物の室内工場や地下農場などで、より自然で快適な照明環境を創りだすことができる。


続きを読む


旭硝子(AGC)は、5月から従来型の太陽光発電パネルに比べて、重量を約半分にした超軽量太陽光発電パネル「ライトジュール™」の販売を開始する。薄くて強い化学強化特殊ガラス「Leoflex®」をカバーガラスとして使用することで、ガラスの厚みを従来の1/4とし、軽量化を実現した。従来型では設置が難しいスペースも有効活用し、太陽光発電パネルを設置することが可能となる。


続きを読む


昨年3月に農林水産省から「営農型太陽光発電事業」の発表が行なわれて以来、ソーラーシェアリングへの関心は高まっています。しかし、農地の一時転用には農業委員会による許可が必要であるほか、一次転用許可には地域差も見られ、基準となる事例などの蓄積が求められています。


続きを読む


米国のソーラーバズ(NPDグループ、太陽光発電業界のマーケティングリサーチ会社)は、シャープが2014年度の第一四半期において太陽光発電モジュール出荷量でトップとなったことを、今月14日に発表した。同社が首位に立つのは5年ぶり。


続きを読む


トマトなどを生産する農業生産法人のとまとランドいわき(福島県いわき市)は、地域に還元する太陽光発電事業を開始した。また、農業と太陽光発電事業を両立することができる追尾型のソーラーシェアリングも今年中に設置する予定


続きを読む


奈良県生駒市は、平成27年1月に閉鎖予定の「北大和グラウンド」(生駒市北大和/面積30,563平方メートル)の跡地について、太陽光発料電池を設置したスマートコミュニティとして整備するため、民間事業者から「低炭素まちづくり事業計画」を募集し、最も優れた事業計画を提案した事業者に同グラウンドを売却する公募型プロポーザルを実施する。


続きを読む


パナソニック エコソリューションズは6月23日より、住宅用太陽電池モジュールの新製品の受注を開始する。

発売される新タイプは、HIT®の「244α(アルファ)」(244W、変換効率19.0%、135,000円)、「250α」(250W、変換効率19.5%、163,000円)と、「ハーフタイプN120α」(120W、変換効率18.1%、66,500円)で、両者は組み合わせて設置することが可能だ。


続きを読む


ソーラーフロンティアは、同社製のCIS薄膜太陽電池が採用されている「おおた鶴生田町太陽光発電所」の発電実績について、設置されたシステム(最大出力1,500kW)は稼働後6カ月で約930,000kWhを発電し、設置前想定発電量を25%上回り、順調に稼働していると発表した。

同発電所は、全国初の古墳群内(鶴生田古墳群)の太陽電池発電所。年間発電電力量は166万2,000kWh。年間CO2削減量は771トン。パネル枚数は9,600枚。同市が運営する3番目のメガソーラーとして、昨年10月1日に発電運転を開始した。


続きを読む


ドイツは、2050年までに、エネルギーシフト(エネルギーヴェンデ→エネルギー大転換、維新)を実施することを2010年の秋に決議、2022年までの脱原発、2050年までの脱化石燃料を掲げています。具体的には、大規模な省エネ対策により、一次
エネルギー供給量を毎年2%ずつ減少させ、50年までにエネルギー需要を半減させること、そして残りのエネルギー供給を電気にシフトし、それを再生可能エネルギーで供給することを挙げています。


続きを読む


明治の思想家、内村鑑三の「デンマルク国の話」は、敗戦によって肥沃な地域を失ったデンマークが、荒地を植林し牧畜で豊かな暮らしを実現した19世紀の歴史を語ったものだ。1970年代の石油危機を経験したデンマークでは、今日、自然エネルギーで豊かな国をつくる「新デンマルク国の話」が現実のものとなっている。


続きを読む


太陽光発電産業の専門調査・分析・コンサルティングサービスを行うNPD Solarbuzzの調査によると、MEA(中東・アフリカ)地域のPV需要が2014年、前年比50%増に成長すると見られている。NPD Solarbuzz は、最新刊Emerging PV Markets Report: Middle East and Africa内でMEA(中東・アフリカ)地域の年間PV需要が2014年から2018年にかけてほぼ三倍に拡大する見通しであることを明らかにした。


続きを読む


東京消防庁は、太陽光発電(PV)設備の設置が急速に進んでいることを踏まえ、太陽光発電設備に係る建物へ求める防火安全対策と、消防隊の消火活動中の感電防止対策について検討を行い、その結果を防火安全対策の提言として発表した。

同検討部会において検討された項目と、同会による結論は下記の通り。


続きを読む


埼玉県美里町で、20日、耕作放棄地において、ガソーラーを活用して発電を行いながら同時に農業も行うソーラーシェアリング(営農型太陽光発電設備)の事業がスタートした。同県では初めての取り組みとなる。

上田清司知事は、本事業について「営農し、なおかつ太陽光発電パネルを活用して売電を行う、さらには耕作放棄地の解消にもつながるという、一石三鳥のアイデア」と話している。


続きを読む


富士経済は、消費増税により動向が注目される、住宅設備・建材の国内市場について調査した結果を公表した。本レポートによると、同市場におけるスマートハウス関連分野は最も成長が期待される分野であり、2017年に2012年比3.5倍の1,232億円となる見通し。HEMS(家庭用エネルギー管理システム)スマートメーター(次世代電力計)家庭用蓄電池が順調に拡大すると予測する。


続きを読む


京都大学は、独自に設計した準平面型の骨格を用いて、電荷輸送特性に顕著な異方性を示す、革新的な有機半導体材料の開発に成功した。有機エレクトロニクスでは、デバイスの構造に応じて必要とされる電荷輸送の方向が異なるが、今回開発された有機半導体材料の特徴は、基板に対して垂直方向に高い電荷輸送特性を必要とする有機太陽電池及び有機EL素子の材料として有用であると注目される。


続きを読む


太陽光発電協会JPEA復興センターは、平成26年度の再生可能エネルギー発電設備等導入促進復興支援補助金事業において事業者を募集している。

同事業は、東日本大震災の「特定被災区域」とされる岩手県、宮城県、福島県の三県内、129市町村において太陽光発電事業を実施する民間業者に対し、補助を給付するもの。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.