太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

中国は2013年に世界で初めて太陽光発電の年間導入量10GW以上を達成した国である。中国国家発展委員会(NDRC)・エネルギー研究所によれば、中国における2013年の太陽光発電システムの新規設置容量は、図に示すように11.8GWであった。このうち系統連系形太陽光発電システムの設置容量は11.3GWであり、独立形太陽光発電システムが0.5GWであった。2013年末の累積導入量は18.8GWとなった。中国は太陽電池製造においては世界1位の座を保持し続けているが、導入量においても世界1位となり、太陽光発電の普及も牽引する国となった。


続きを読む


経済産業省は太陽光発の認定に係る問題を解決すべく、対策に乗り出した。その中心は、認定を取得しながら、なかなか建設に着手しない業者への対応だ。具体的には、認定取得から一定期間(6ヵ月)内に建設開始しない場合に、認定を取り消すというものだ。

これは、買い取り価格が高いうちに認定だけ取得しておき、建設コストが下がるのを待って、より大きな利益を得ようとする業者を締め出すのが目的なので、太陽光発電の健全な発展のためにも望ましいものだ。


続きを読む


太陽光発電パネルの架台に県産木材を使用した「播磨科学公園都市(都市運営用地)太陽光発電施設設置工事」の企画提案競技を実施する。

本施設は県が直営する太陽光発電事業に使用される。対象地は、赤穂郡上郡町(面積:約7,000平方メートル)。提案を求める内容は、「設置工事」「発電電力量」「地域貢献」のそれぞれに関する事項。


続きを読む


宮崎県小林市で49.775kwの太陽光発電設備を稼働してから1年、去年は天候にも恵まれ予想発電量を大きく上回る実績でした。

太陽電池ソーラーフロンティア49.755KW、パーワーコンデショナ、オムロン5.5kw9台


続きを読む


太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)は、同センターで申し込みを行った補助金交付対象の太陽光発電システムを法定耐用年数(17年間)のうちに取り外す場合、または、売却、譲渡、廃棄、出力減少(モジュール枚数の減少)などにより補助事業者が手放すなどの処分をする場合、事前に「財産処分承認申請」を提出し、承認を受ける必要があることを呼びかけている。


続きを読む


経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度における平成26年度の認定運用の変更について、「分割案件の取り扱い」に関する質疑応答を情報として追加した。


続きを読む


竹中工務店は、フレキシブルな有機薄膜太陽電池を一体化させた建物外装材のルーバーを用い、技術研究所(千葉県印西市)にて10月より2年間の予定で実用化に向けた実証実験を行うと発表した。

「有機系太陽電池一体型ルーバー」は、三菱化学が開発中のもので、本実証実験は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成を受けて実施する。オフィスビル・工場等の外装で日射のコントロールと発電の両立を実現するルーバーの実用化を目指す。


続きを読む


サンテックパワージャパンは、4月7日の順風光電国際有限公司の株主総会において、子会社の江蘇順風光電科技有限公司による中国・無錫サンテックパワーの買収が正式に承認されたと発表した。

無錫サンテックパワーは、順風光電国際有限公司を中心とする順風グループの傘下で太陽光発電バリューチェーンの中核事業であるセル・モジュールの開発・生産を担う。


続きを読む


政府は4月11日、国のエネルギー政策の基本的な方向性を示した新たなエネルギー基本計画を閣議決定した。この新エネ計画について、本稿では「太陽光発電」をテーマに概要を紹介する。

再生可能エネルギーに対する政策の方針も併せてみてみたい。再生可能エネルギーは、2013年から3年程度、導入を最大限加速していき、その後も積極的に推進していく方針を示している。


続きを読む


農道や水路などの法面の有効活用の観点から、フィルム型のアモルファスシリコン太陽電池を組み込んだ防草シート「防草発電シート」の実証試験に着手した。柳井市の農業用ダムの管理用道路の法面に防草発電シートを施工し、発電を開始した。

防草発電シートは、石井ダムの管理用道路の法面に10枚設置した。防草発電シートは1枚のサイズが2m×4mで、施工面積は約80平方メートル。発電出力は2.7kW。発電した電力は、農業用ポンプ(揚水機場)へ供給し、余剰電力を中国電力に売電する。


続きを読む


ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池がトヨタホームのスマートハウス、NEW「SINCE Cada(シンセ・カーダ)」に、採用された。

トヨタホームのNEW「シンセ・カーダ」は、鉄骨ユニット工法の戸建て住宅「SINCE Cada(シンセ・カーダ)」をモデルチェンジした高性能住宅で、4月26日より販売を開始する。今回のモデルチェンジでは「快適さも洗練された美しさも。すべてがこの家に」をコンセプトに、女性があこがれるデザインと機能を備え、スマートハウスとしても進化した住まいを実現する。


続きを読む


日本工業標準調査会(JISC)(事務局:経済産業省)が昨年10月に国際電気標準会議(IEC)に対して行った、レドックスフロー電池の安全性に関する国際標準提案について、IECにおける国際標準の審議体制が決まり、具体的な審議がスタートすることになった。日本工業標準調査会は今後、関係各国とも協力し、レドックスフロー電池の国際標準化を推進していく。


続きを読む


西松建設は、独自に開発したマイクログリッドシステムについて、系統電源からの電力供給の低減や安定化などを目的とした実証用システムを、同社の技術研究所に設置したところ、一定の効果を検証したと発表した。

同実証用システムは平成25年4月から稼動開始し、分散型電源(太陽光発電設備・コージェネレーション設備・蓄電池)と系統電源を組み合わせた供給サイドと、同研究所内の消費サイドをネットワーク化し、変動する需給量を常時監視しながら、特定した負荷(研究所内の照明機器・空調機器)の中から分配可能な接続先を選定し、分散型電源からの電力を供給するものだ。


続きを読む


政府は11日、国のエネルギー政策の基本的な方向性を示す、新たなエネルギー基本計画を閣議決定した。本計画では、原子力発電を電力供給において低廉で安定的な「ベースロード電源」と位置付け、また、再生可能エネルギーの導入は最大限推進していく方針を示している。各電源の構成比は明記していない。二次エネルギーの供給方法の多様化に向けては、水素や電池などの技術の活用について着実に取り組みを進めていくとしている。


続きを読む


パナソニックは、10日、同社独自のHIT太陽電池で、実用サイズの結晶シリコン系太陽電池セルとして、世界最高を大幅に上まわる変換効率25.6%を達成したと発表した。


続きを読む


太陽光発電パネルの架台に県産木材を使用した「播磨科学公園都市(都市運営用地)太陽光発電施設設置工事」の企画提案競技を実施する。

本施設は兵庫県が直営する太陽光発電事業に使用される。対象地は、赤穂郡上郡町光都3丁目(面積:約7,000平方メートル)。提案を求める内容は、「設置工事」「発電電力量」「地域貢献」のそれぞれに関する事項。


続きを読む


神奈川県は、「再生可能エネルギー等導入推進基金(グリーンニューディール基金)」により、平成26年度も防災拠点や避難所等となる施設に、太陽光発等の再生可能エネルギー発電設備や蓄電池設備などの導入に対し補助を行うと発表した。


続きを読む


京都大学の坂口浩司エネルギー理工学研究所教授、中江隆博同助教らの研究グループは、1ナノメートル以下の幅を持つ極細ナノ炭素細線グラフェンナノリボン(GNR)を、従来の10倍の高効率で合成する手法を開発したと発表した。

本開発では、理論的に予測されていた3種類の極細幅のGNR(アームチェアエッジ型)を安価な装置で全て合成することに成功し、従来の有機系太陽電池に用いられる共役系高分子(ポリ3−ヘキシルチオフェン)の3倍の光電導性を持つことを証明した。


続きを読む


JR東日本は、常磐線友部・内原間に4メガワット級の大規模太陽光発電設備を設置することを決定、発表した。


続きを読む


ホームセンターなどチェーンストアを展開するコメリ(新潟県新潟市)は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を利用し、店舗の屋上を利用した太陽光発電事業を開始する。


続きを読む


日本列島は、2014年(平成26年)2月8日、14日と2週続けて記録的な豪雪に見舞われた。

2月8日は、関東に大雪が降り、千葉県北西部や房総半島で積雪が40〜60cmに達した。また、東京都千代田区大手町で観測史上8位となる最深積雪27cmを記録。都心では、45年ぶりの25cm以上の積雪となった。


続きを読む


九州経済産業局は、28日、2013年12月末時点の再生可能エネルギー発電設備の運転開始状況及び認定状況を取りまとめ公表した。

2012年7月の再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の開始から2013年12月末までに、九州において新たに運転を開始したメガソーラー(太陽光発電1,000kW以上)の出力は45万kW(九州の再生可能エネルギーの30%)に達し、全国トップ(全国のメガソーラーのうち31%)の規模となっている。


続きを読む


初期投資の負担なしでLED照明機器を導入し、削減される光熱費等で機器のリース料等を賄うことができる「省エネモデル」の実証試験結果をとりまとめ公表した。5件のモデルプランのうち、3件はリース期間内に光熱費等削減額で導入経費が賄える結果となった。しかし、2件はリース期間内では光熱費等削減額では導入経費が賄えない結果となった。


続きを読む


新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と昭和シェル石油は、「太陽光発電システム次世代高性能技術の開発」事業において、薄膜系太陽電池の世界最高の変換効率20.9%を、CIS系薄膜太陽電池で達成した。


続きを読む


経済産業省は、コンビナート内等において発電した電気を他の工場や子会社等に供給することを認める制度「特定供給」の許可基準において、蓄電池・燃料電池併設時における再エネ設備を自己電源として認めるなどの緩和措置を講ずる。


続きを読む


経済産業省は、平成26年度の再生可能エネルギーの固定価格買取制度について、4月1日に到達した申請から運用を変更する。

認定の運用変更のポイントは3つ。


続きを読む


経済産業省は、工場を建設する目的で平成25年(1月〜12月期)に1,000平方メートル以上の用地を取得した製造業、電気業、ガス業、熱供給業の事業者を対象に「工場立地動向調査」を実施し、結果を取りまとめて発表した。

平成25年の全国の工場立地件数は1,873件(前年比52.6%増)、工場立地面積は7,534ha(前年比140.1%増)。工場立地件数及び工場立地面積が大幅に増加した理由は、太陽光発電を目的とした電気業の立地案件の増加が大きな要因で、電気業を除いた工場立地件数は829件(前年比11.6%減)、工場立地面積は1,076ha(前年比2.4%減)となった。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.