太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

「ソフトバンクが電力小売事業に参入、一般家庭向けも視野に」。このニュースが2013年1月31日に流された。ソフトバンクは、早期に大口顧客の企業向けの電力販売を開始し、電力小売りの全面自由化が予定される2016年を念頭に一般家庭向けの販売も目指すと言う。


続きを読む


経産省は、「改正省エネ法説明会(定期報告書の書き方を含む)」追加開催するにあたり、下記の概要を発表している。

対象は、特定事業者と特定連鎖化事業者などで、参加費は無料。東京と埼玉の2ヶ所で開催される。


続きを読む


経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度における、平成26年度の新規参入者向け買取価格、平成26年度の賦課金を決定した。また、回避可能費用、および設備認定の失効に関する条件に関しても制度の変更内容を決定した。


続きを読む


イタリアのファッションブランド、ボッテガ・ヴェネタは、イタリアのモンテベッロ・ヴィチェンティーノに2013年に新設したアトリエが、ラグジュアリーファッションブランドとしては世界で初めて、環境評価制度「LEED」の新築・大規模増改築部門で最高レベルのプラチナ認証を取得したと発表した。

このアトリエは18世紀に建てられた大邸宅(ヴィラ)を活用しつつ、新しい柱列や建物を増設したもので、改築にあたっては、資材の75%以上を再利用したり、森林管理協議会のFSC認証を得た木材のみを使用したほか、屋根にソーラーパネルを設置するなど省エ対策も行っている。


続きを読む


我が国のエネルギーシステムの脆弱性が露呈した、あの東日本大震災から丸3年が経過した。その後、国は再生可能エネルギー導入促進のため、劇薬にもなり得る固定価格買取制度(以下、FIT)を様々な問題はありつつも開始した。


続きを読む


みずほ銀行、日本政策投資銀行および三井住友銀行は、三井物産とソフトバンクグループのSBエナジーが北海道で実施する、出力規模が約111MWのメガソーラー事業に対して、プロジェクトファイナンスによるシンジケート・ローン(協調融資)を3月6日付で組成したと発表した。


続きを読む


積水化学工業 住宅カンパニーは、「太陽光発電システム(PV)ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)搭載住宅の電力量収支実邸調査(2013)」の結果を発表した。

これによると、2013年のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー住宅)達成邸(家電込み)は前年6.5%に対して13%となり、平成25年度ZEH補助金の要件である「家電の消費電力を除いたゼロエネルギー評価=ZEH(家電抜き)」による試算では約59%となった。また、ZEH(家電込み)邸の年間光熱費収支は、約12万5,000円のプラスとなった。


続きを読む


電力会社10社は、政府が2016年に家庭向けを含めた電力小売りの全面自由化を目指していることを受け、一般家庭や商店等の低圧部門へのスマートメーター(次世代電力計)の導入完了時期を前倒することを決定した。17日に開催された経済産業省のスマートメーター制度検討会の第14回会合において、各社の前倒しした計画が提示された。


続きを読む


経済産業省は、18日、再生可能エネルギー固定価格買取制度において新たに設定される調達区分に関する改正案、及び、認定の運用の見直し案等について、意見募集(パブリックコメント)を開始した。意見募集の期間は3月26日(12:00必着)まで。ネット上の入力フォームから意見を提出することもできる。


続きを読む


産業技術総合研究所は、18日、太陽電池モジュールの封止材を高分子材料のアイオノマーに替えることで、メガソーラーで起こるPID(電圧誘起出力低下)という劣化現象が起こらない化合物系のCIGS太陽電池モジュールを開発したと発表した。


続きを読む


大規模太陽光発電システムパワーコンディショナ等を扱う東芝三菱電機産業システムは、4月1日付で「産業第三システム事業部」を新設する。

同事業部では、再生可能エネルギー事業及びエネルギー最適化事業、半導体製造装置用などの先端独自技術事業、工場対応トータルエンジニアリングなど環境・エネルギー分野における事業を拡大するため、従来の事業と切り分けた製品開発と経営リソースの投入を行い、急速な市場環境変化に追従すべく「環境変化に即応可能な事業運営体制」を構築する。同社は、今回の事業体制強化により、新規事業創出をグローバルに推進し、2015年度全社売上高2,000億円超を目指す。


続きを読む


国の住宅用太陽光発電の補助金に関する業務を担う太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)は、12日、平成25年度の本補助金の申込みについて、当初の予定どおり3月31日まで受付可能な状況であると案内した。


続きを読む


住友電工は、メガソーラシステムで使われる600V〜1kV以上の直流高電圧電力ケーブルを、そのまま通信媒体として活用する「電力線通信(PLC)技術」を用いた、メガソーラー監視システムの実用化に成功したと発表した。同システムは2014年7月から販売を開始する予定だ。


続きを読む


関西広域連合は、構成府県市(滋賀県、京都府、大阪府他)の11の自治体とともに、関西における「望ましいエネルギー社会」の実現に向け、「関西エネルギープラン」を策定したと発表した。


続きを読む


経済産業省は、10日、再生可能エネルギーの固定価格買取制度における平成26年度新規参入者向け調達価格等の改正について、意見募集(パブリックコメント)を開始した。意見募集の期間は3月19日(12:00必着)まで。ネット上の入力フォームから意見を提出する事も可能だ。


続きを読む


先日発表された買い取り価格でほぼ決定だろうが、事業用太陽光発電の価格が4円落ちと大幅に下がったのは痛い!今の買い取り価格で取得している土地にまた価値が付きそうだが、今回はそのような権利だけ取得して工事になかか着手しない事業者にも厳しき、きまりになりそうだ。




2014年度のFIT買取価格は、太陽光発電のみの改定となる見込みだ。3月3日の第14回調達価格等算定委員会までの議論から、調達価格の調整動向をレポート。また第15回の速報を記す。買取価格の根拠となる発電コストがさほど下がっていないことから、引き下げ幅は前年度の4円よりも小さく、2〜3円前後に収まる可能性が大きい。


続きを読む


固定価格買取制で売電するためには、事前に国から発電設備の認定を受ける必要がある。しかし、設備認定を取得した事業者が、未着工のまま事業が中断しているケースがあるなど、問題も生まれている。そうした状況を受け、認定を受けた事業者がきちんと運転を開始するようにするため、現在、経済産業省の買取制度運用ワーキンググループでは、設備認定の見直しについて議論が進んでいる。


続きを読む


太陽光発電協会(JPEA)が2013年11月に開催された総合資源エネルギー調査会・基本政策分科会第9回会合で発表した資料によれば、表2に示すように2012年の日本における太陽光発電分野の直接雇用数及び総雇用数は、それぞれ40,800人、60,000人であった。2013年の導入量(推定値)は、前年の3倍増を上回る6,000MWであり、直接雇用数は、少な目に見積もっても5万人は超えると考えられる。


続きを読む


「電気事業法等の一部を改正する法律案」が2月28日に閣議決定され、第186回通常国会に提出される。同法律案は、電力システム改革の3本柱の1つである「電気の小売業への参入の全面自由化」の実施に必要な措置を講じるとともに、電気の安定供給を確保するための措置や需要家保護を図るための措置を講じるもの。2016年を目途に実施予定。


続きを読む


東京電力など電力10社は、太陽光発余剰電力買取制度に基づき、電気利用者が毎月電気料金に加え負担している、平成26年度の太陽光発電促進付加金の単価を発表した。


続きを読む


アルプス計器(長野県長野市)と長野県工業技術総合センターは共同で、太陽光発電パネルで発電した大容量電力の蓄電ができる「ソーラーパネル充電式非常用電源装置」を開発した。


続きを読む


経済産業省 資源エネルギー庁は、太陽光発電の受変電設備の点検義務に関する法律を一部改正し、点検頻度を下げることを検討しており、この改正について、パブリックコメントを募集している。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.