太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

京セラは、ソーラーエネルギー事業において、単結晶シリコン太陽電池モジュール(セル変換効率19.0%)を製品化し、今年4月より、国内住宅市場向けに本格投入すると発表した。販売は京セラソーラーコーポレーションがおこなう。


続きを読む


太陽光発電を設置した個人事業者が2〜3月のこの時期に向かい合うもの、それは確定申告です。
 個人事業者のソーラービジネスで多いのは50kW未満の低圧ソーラーですが、ここで意外な事件が起こっています。


続きを読む


ブーム真っ只中にある太陽光発電は、年度末を迎え更にヒートアップしている。新年度からは買取価格が2年連続で下がると予想されているため、設置業者はその前に何とか設備認定を取ろうとして殺気立っている。


続きを読む


東レグループの東レエンジニアリング(TEK)とフジプレアム(兵庫県姫路市)は、太陽光発電設備事業の拡大に向けて、合弁会社を設立し、北九州市においてショーケースとなるガソーラー事業を行うと発表した。


続きを読む


エナリス(東京都)は、日産工機(神奈川県)の所有する工場の屋根を賃借して太陽光発電所(発電規模555.66kW)を建設し、1月末より売電を開始した。発電所の建設から管理運営までを一貫して行い、発電された電力は固定価格買取制度により全量を「新電力(PPS)」の電源として売電する。


続きを読む


新生銀行(東京都中央区)は、レノバ(旧リサイクルワン)が大分県玖珠郡九重町のリゾート開発予定地の一部を活用して実施する出力約25MWのメガソーラー事業に対して、プロジェクトファイナンスをアレンジし、建設にかかる費用のうち総額約79億円を融資すると発表した。


続きを読む


矢野経済研究所は、国内の完全人工光型、太陽光・人工光併用型、太陽光利用型植物工場運営事業の市場についての調査結果を公表した。これによると、国内植物工場運営事業市場規模は、2013年は、完全人工光型で33億9,600万円、併用型及び太陽光利用型で199億1,900万円が見込まれる。2025年は、完全人工光型で443億3,800万円、併用型及び太陽光利用型で1,056億9,000万円と予測している。


続きを読む


二酸化炭素などを一切排出しない「ゼロエミッション交通システム」事業を推進すると発表した。これは、太陽光発電で作った電力を大型蓄電池に蓄え、その電力を電気バスへ充電し、交通局管内で運行するもの。


続きを読む


資源エネルギー庁は、電気事業者による再生可能エネルギー電気特別措置法に基づき、平成24年度中に認定を受けた運転開始前の400kW以上の太陽光発電設備(4,699件)を対象に、同法に基づく報告徴収を実施し、(1)土地の取得、賃貸等により場所が決定しているか、(2)設備の発注等により設備の仕様が決定しているか、等について確認し、その結果を公表した。


続きを読む


筑波大学などは、有機薄膜太陽電池に用いる高純度な高分子材料を簡便に精製する新しい合成方法を開発するとともに、高純度化の達成により、有機薄膜太陽電池の光電変換効率が0.5%から4%に向上、長寿命化も明らかとなったと発表した。


続きを読む


FITによる太陽光発電市場の拡大に比較し、諸条件から、11年だけでなく12年、13年と風力発電所の設置は進んでいません。日本風力発電協会の最近発表の数値では、013年末の風力発電導入実績は266.1万kW、1,922基とむしろ過去よりペースダウンしている状況でもあります。


続きを読む


ウェザーニューズは、全国各地における「冬の暖房事情調査」を実施し、合計66,487人の回答をもとに結果を発表した。

調査の結果、人気の暖房器具の1位は、「エアコン」(36%)で、2位以下は「ガスまたは石油ストーブ」(29%)、「こたつ・カーペット」(26%)と続き、最下位は「電気ストーブ」(14%)であることがわかった。


続きを読む


太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)は、年度末に向けて、住宅用太陽光発電システムの購入を検討中の人に対して、過剰なセールストークや不正確な説明に注意するように注意を呼び掛けている。

J-PECは、太陽光発電協会(JPEA)内で経済産業省の住宅用太陽光発電システム設置に関する補助制度の執行を行っている組織。


続きを読む


三菱自動車とニチコンは、2月3日、太陽光で発電した電気を電気自動車(EV)に充電する農業用充電ステーションの本格稼動を開始した。EVを活用して太陽光で作られた電気を農業に用いるのは全国初。


続きを読む


日本市場重視の海外企業

中国・工業情報化部(産業情報技術省)傘下の研究機関である中・CCID Consultingは、2013年の中国の太陽電池の輸出量は計16GW、輸出総額は対前年比27%減の合計約100億ドルとなる見込みと発表した。この発表記事において、2013年の太陽電池輸出総額において日本向けが増加しており、日本が輸出高において最大の輸出先になる見込みだという。


続きを読む


県土保全条例に基づき、錦海塩田跡地における太陽光発電施設の建設計画に対して開発許可を出した。

申請者は瀬戸内Kirei未来創り合同会社。開発面積は4,947,157平方メートル(錦海塩田跡地約500ヘクタールのうち約260ヘクタールに建設)。完成すれば最大230MWp(メガワットピーク)の国内最大級メガソーラーとなる。許可の日(1月31日)から30日以内に着工し、平成30年9月に工事を完了する予定。


続きを読む


デルタ電子は、屋外設置型の太陽光発電システムパワーコンディショナー「RPI H4J」(変換効率96.5%)を2月10日より販売開始する。


続きを読む


国内企業の供給量ではこの需要はまかないきれず、海外製品モジュールの比率は固定価格買取制度開始以来増加傾向にあります。


続きを読む


環境省は、二国間クレジット制度の実現に向けた取り組みの一環として、建設コンサルタントのパシフィックコンサルタンツ(東京都多摩市)がパラオで実施するCO2排出削減事業へ補助金を交付する。


続きを読む


日本再生可能エネルギー(NRE、東京都品川区)は、日本市場における太陽光エネルギーへの投資を目的としたファンド、ジャパン・ソーラーL.P.(投資事業有限責任組合)により、アジアやスイスなどの投資会社から約261億円(2億5,000万米ドル)を調達したと発表した。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.