太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

農業、林業、漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気の促進に関する法律(農山漁村再生可能エネルギー法)についての説明会が開催されました。5月下旬施行予定


続きを読む


太陽光発電普及拡大センターは、2013年10月から12月まで(第3四半期)の「住宅用太陽光発電補助金申込受付件数」を、都道府県別にまとめて発表した。

これによると、2012年の第3四半期における住宅用太陽光発電システムの補助金の受付件数が8万4,119件だったのに対し、2013年10〜12月第3四半期は7万65件となり、2013年4月〜6月、7〜10月に引き続き減少し、前年同期比−16.7%となった。


続きを読む


東芝とホンダは、宮古島市、本田技術研究所と協力して、宮古島市での小型電動モビリティ等の活用に係る社会実験プロジェクトの運用を1月28日より開始する。


続きを読む


2014年度の固定価格買取制度買い取り価格・期間の検討に向け、経済産業省・資源エネルギー庁が、1月10日、調達価格等算定委員会(委員長・植田和弘京都大学大学院教授)を再開させた。


続きを読む


オムロンは、アパートなど集合住宅に設置されている小規模太陽光発電システムの発電量やエラー履歴を見える化し、システムの管理をサポートするカラー表示器(形KP-CM2F)を2月より発売する。オープン価格で、販売目標は3年間の累計で1万台。


続きを読む


 2014年度の固定価格買取制度買い取り価格・期間の検討に向け、経済産業省・資源エネルギー庁が、1月10日、調達価格等算定委員会(委員長・植田和弘京都大学大学院教授)を再開させています。


続きを読む


不動産情報を取り扱う日建ハウジングは、石垣島白保地区にメガソーラー「日建ハウジング石垣白保太陽光発電所」を建設する。発電出力は約2MWで、石垣島においては最大級の太陽光発電施設となる。


続きを読む


システム開発などを行うインフォメーション・ディベロプメントは、LED照明で野菜を栽培する物工場の運営を今月下旬から開始し、このビジネスモデルを支援する鳥取市とともに協定書に調印したことを発表した。


続きを読む


環境省は、昨年10月に行った「カーボン・オフセット制度における第三者認証基準(案)」に対するパブリックコメントを受け、同基準を改正した。

算定方法については、現行ではオフセットの対象とする算定範囲は定められていないが、改訂後は認証対象ごとに算定対象範囲の考え方が整理された。また、オフセット比率については、現行では任意で設定したオフセット対象範囲に対して50%以上だが、改訂後は100%以上となった。


続きを読む


環境省は、「グリーン契約」に関する条項を定めた「環境配慮契約法」の見直しを今年度予定していることから、基本方針の趣旨及び改定内容についての説明会を2月10日より実施する。


続きを読む


経産省が実施する事業競争力強化モデル事業の最終成果報告会が名古屋、大阪、東京で、2月に開催される。事業継続マネジメントシステム(BCMS)やエネルギーマネジメントシステム(EnMS)に関する取り組み事例の成果が発表される。

この報告会は一般の観覧を受け付けており、観覧希望者は申し込みが必要(料金は無料、すでに仮申し込みをした場合も、改めて本申し込みが必要)となっている。


続きを読む


資源エネルギー庁は、平成25年10月末時点の再生可能エネルギー発電設備の導入状況を取りまとめて公表した。引き続き、太陽光発電設備の導入が順調に継続し、固定価格買取制度導入後の再生可能エネルギー発電設備の導入量は、累計585.2万kWとなった。


続きを読む


農林水産省は、1月20日(月)から1月31日(金)にかけて、各地方農政局等のブロックにおいて「農山漁村再生可能エネルギー法に関する説明会」を開催する。政府は、同法に基づく対応では、優良農地である第一種農地においても、風力発電設備の整備を認める方針を示しており、同法に対する関心が高まっている。


続きを読む


何かと批判はあるものの、陽光発電のブームが続いている。ブームがあれば、サクセスストーリーあり。参加企業の中には大躍進するものも少なくない。ある企業は、ゼロからスタートして2年目で売上数十億円を達成した。

また、小規模分譲ソーラーの普及を受けて、個人や中小企業による「発電事業者」が増えている。低圧接続の50kW物件が人気だが、資金調達をうまくやればもっと大きなシステムを運営することもできる。

とは言え、光があれば影もある。そこで、太陽光発電に関するチャンスとリスクについて考えてみた。


続きを読む


NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)は12月12日、「再生可能エネルギー技術白書」について、3年ぶりの改訂版を発表した。昨今の再生可能エネルギーへの期待の高まりや、政策や技術動向の変化、固定価格買取制度による市場の拡大など、再生可能エネルギーをめぐる状況の変化を踏まえた。


続きを読む


再生可能エネルギーの固定価格買取制度において、運用変更があり、1月14日(火)受付分から、400kW以上の太陽光発電設備認定申請を行う場合は、土地の確保状況を確認する書類の提出が必要となる。現状は500kW以上が対象となっている。


続きを読む


日産自動車は、同社が昨年12月16日に発売した新型「エクストレイル」が、発売後3週間で11,000台受注したと発表した(1月6日現在)。同社が月間の受注目標台数として見込んでいる2,500台の、4倍を超える数字となった。


続きを読む


ソーラーフロンティアは、日本政策投資銀行(DBJ)との共同投資会社「SFソーラーパワー」を通じて、コーナン商事(大阪府)の物流倉庫の屋根に大規模太陽光発電所を設置するためにコーナン商事と賃貸借契約を締結した。


続きを読む


第1の動きは、やはりM&A、開発案件の売買です。
 再エネの開発では、一見単純そうに見える太陽光発電事業でも、やはりノウハウや、すぐれた開発能力が欠かせません。その一方で、これまでは、イニシャルコストが大きな要因となってしまっており、発電事業のポテンシャルを最大限生かした事業開発につながっているかどうか、と言う点では、不安を残すような案件も出てきてしまっています。


続きを読む


ソフトバンクグループ代表の孫正義氏が代表を務める自然エネルギー財団は、政府が策定を進めている「エネルギー基本計画」に対して、提言を発表した。

本提言では、原発を今後とも日本の基幹電源とすることを求める議論への批判を行うとともに、省エネルギーの推進と自然エネルギーの拡大を進め、分散型エネルギーシステムへと転換していくことが、日本経済の新たな成長につながることを提起している。


続きを読む


東京電力は、12月3日、福島県双葉郡広野町において、広野火力発電所6号機(60万kW)の営業運転を開始した。本機の発電設備には、超々臨界圧(USC)型を採用しており、石炭火力として世界最高水準となる熱効率45.2%(発電端)を実現した。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.