太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

産業技術総合研究所は、新世代の陽電池の一つとして注目されている有機太陽電池の光電変換効率の理論限界を算出した。この成果は、有機太陽電池の光電変換効率はどこまで向上できるかという研究開発の指針となることが期待される。


続きを読む


日本政策投資銀行(DBJ)は、双日グループが青森県上北郡六ケ所村で計画しているパネル容量71MWのメガソーラー事業に対し、総額195億円のプロジェクトファイナンスを組成したと発表した。


続きを読む


太陽光発電の問題点の一つが、事業としての安定性はあるものの、トラックレコードや、担保の対象が不在であることにより、融資が中々難しいという点です。
こうしたなか、ABLの仕組みを利用した融資方法が地域金融機関で増え、常識化してきています。


続きを読む


政府は、優良農地である第一種農地においても、風力発電設備の整備を認める方針を示した。根本復興大臣が12月20日の記者会見で、農山漁村再生可能エネルギー法の成立に基づく対応として明らかにした。


続きを読む


昭和シェル石油子会社のソーラーフロンティアは、150MWの公称生産能力を持つCIS薄膜太陽電池工場の新工場を宮城県大衡村に建設すると発表した。世界市場を見据えた最新量産技術を導入し2015年3月までに稼働を開始する予定。


続きを読む


新電力(PPS)業務の支援を手がけるエナリスは、未利用資源の利活用に取り組むフジコーとともに、岩手県二戸郡一戸町において森林未利用材バイオマス発電事業に着手すると発表した。


続きを読む


サンパワー社は、太陽光発電パネル69MWを清水建設に供給すると発表した。清水建設は、このソーラーパネルを使用し、青森県・六ヶ所村にユーラスエナジーのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設する予定。発電所は2015年下期の本稼働を見込む。


続きを読む


ソーラーフロンティは生産能力150MWの生産能力を持つ、CIS太陽電池工場を東北に建設することを決定した。同工場は宮崎県に有する3つの工場に続く生産拠点であり、2015年3月までに稼働を開始する予定


続きを読む


2013年、再エネ市場は昨年に引き続き大幅な伸長を示しました。

 とりわけ太陽光発電の低圧案件は特徴的でした。そして、FITスタート前後の新規参入の大量発生から1年数カ月が過ぎ、市場の在り方が変化してきています。
もちろん、固定価格買取制度の初年度、太陽光発電では42円の価格帯での案件が消化されない限り、現状のマーケットプライスには中々変化が起きにくい状況があります。


続きを読む


5つの専門学校を展開する新潟総合学院FSGカレッジリーグは、太陽光発電所「FSG安積発電所」が11月26日に竣工し、再生可能エネルギー専門技術者育成の場として発電・運用を開始すると発表した。


続きを読む


西山坂田電気(旭川市)は、同社が建設した「旭川北都ソーラー発電所」が、11月29日より運転開始したと発表した。同発電所では、地表に積もった雪の反射光を取り入れて発電効率を上げるため、両面受光型の太陽電を採用した。


続きを読む


ソーラーフロンティアは、IBMコーポレーション、東京応化工業とのCZTS太陽電池に関する共同研究において、CZTS太陽電池セル(0.42平方センチメートル)でのエネルギー変換効率が12.6%(米ニューポート社測定)に達したと発表した。これまでの世界記録は、同研究チームで達成した11.1%(2012年8月発表)で、1年あまりで記録更新することとなった。


続きを読む


宮崎県都農町にアルファグループ(東京都)は、11月29日の取締役会において、同社子会社が建設する規模太陽光発電所の用地としての固定資産取得について決議した。


続きを読む


沖縄本島において、300kW以上の太陽光発電は、早ければ12月中にも接続限界に達する見通しであることがわかった。同省はこの問題に対して、「大型蓄電の設置による接続可能量の拡大」と「接続可能量拡大に向けた送電網実証事業」の2つの対応策を取りまとめて公表した。


続きを読む


太陽光発電に関する消費税の手続きは、あまり知られていない。国からの払い戻しも含め、知らずにいると損をしてしまう。しかも、手続きの期日は目前に迫っている。
 


続きを読む


日本住宅性能検査協会は、同協会が認定する民間資格「太陽光発電アドバイザー」の第3回試験の合格発表を行った。第3回試験は、11月4日に全国7都市で行われ、受験申込者数1,301名に対して、合格者数は676 名(合格率:51.96%)だった。


続きを読む


東芝は、福島県が推進する「再生可能エネルギーを利用した発電事業」を支援するため、福島発電(福島県福島市)が福島空港敷地内で行うメガソーラー事業に対して、500kW相当の太陽光発電パネルパワーコンディショナー(PCS)を寄贈すると発表した。


続きを読む


経済産業省(METI)は、2013年11月18日に2013年7月末までの定価格買取制度における設備認定状況と導入状況を発表した。2012年7月から2013年7月の太陽光発電の同制度における累積導入量は3,916 MW、累積設備認定量は22,067 MWであった。


続きを読む


西武鉄道は、12月上旬より社有地に太陽光発電所「西武飯能日高ソーラーパワーステーション」の建設に着工することを発表した。運転開始予定は、2014年8月から。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.