太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

太陽光発電協会(JPEA)は来月、「第30回太陽光発電システムシンポジウム」を開催する。

日時は2013年11月21日(木)・11月22日(金)の二日間で、各日とも9:30〜17:30の開催となる。場所は東京都墨田区のKFC(国際ファッションセンター)ホール。一般料金は2日券が29,000円、1日券が18,000円(複数名での交代利用可)。定員は400名となっている。


続きを読む


フジクラ(東京都)は、太陽光発電所向けの直流1500Vケーブル「DC1500V SOLAR-CQ」に、導体サイズ60mm2を追加ラインナップした。「DC1500V SOLAR-CQ」は、太陽光発電所に適した長期信頼性を有するよう、耐熱性、耐侯性に加え、細径・コンパクトで遮へいがなく施工性に配慮している。


続きを読む


日立産機システムは、塩害地域でも設置可能な、キュービクル一体型太陽光発電用パワーコンディショナシステム「BUY電ゲートウェイ®」の耐塩仕様を11月1日から発売する。本製品により、海岸沿いの倉庫や商業施設などにおけるニーズに対応する。


続きを読む


道路の法面(道路の盛り土による斜面)の敷地を太陽光発電設備用に民間の事業者に貸し出し、平成26年度中には発電を開始する見込みだ。都道府県が管理する道路の法面での太陽光発電というのは全国でも初の試み。


続きを読む


調整池において、土地を借りて、フロート(浮体構造物)方式の水上メガソーラーを設置・発電事業を行う事業者の募集を開始した。フロート方式によるメガソーラーは全国でも数少ない事業となる予定。


続きを読む


経済産業省は、今冬の電力の需給見通し等の報告書案をとりまとめた。今冬は、いずれの電力管内も電力の安定供給に最低限必要な予備率3%以上を確保できる見通し。但し、北海道には、数値目標付きの節電要請を含む需要対策を講じる必要があるとしている。

同省の電力需給検証小委員会は、10月23日に開催した委員会で、本報告書案に概ね合意し、これを受けて、経済産業省が報告書案をまとめた。


続きを読む


エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)施行令の一部を改正する政令」が10月22日に閣議決定され、トップランナー制度の対象機器に、新たに交流電動機、LEDランプが追加された。


続きを読む


経済産業省資源エネルギー庁は、電力使用量が極めて大きい事業者を対象に、平成26年度分の生可能エネルギー発電促進賦課金の減免申請の受付を開始する。受付期間は11月1日〜11月29日(郵送は同日17時までに必着)。各経済産業局まで必要な申請書類を提出する。


続きを読む


日立アプライアンスは、住宅用太陽光発電システムを構成する主要機器となるパワーコンディショナーの新製品2機種を発売する。新製品では単独運転防止機能を新たに採用することで、事前試験を不要とし、より迅速なシステムの導入に対応する。


続きを読む


今回は新連載「新展開を見せるスマートグリッド」の連載15回目として、「電力システム改革と発電、送配電、小売り事業の在り方」について解説してみたいと思います。

項目としては、1.電力システム改革のより具体的な内容、2.垂直型から水平型の電力システムへ、3.2013年9月13日の総合資源エネルギー調査会「電力システム改革小委員会制度設計ワーキンググループ」の提言 、4.求められる電力会社のビジネスモデルの歴史的転換、の4つです。


続きを読む


シャープは、アラブ首長国連邦ドバイにある同社販売会社SMEFの敷地内に、イチゴを栽培する「植物工場」の実験棟を今年7月に設置し、9月より本格的な実験を開始した。


続きを読む


道路法施行令の一部改正により、今年4月1日から太陽光発電設備等が道路占用許可対象物件として追加されたことに伴い、有明海沿岸道路の法面を活用した太陽光パネルの設置・運営事業に取り組むこととし、同事業を行う事業者の募集を開始した。道路法施行令改正に伴い、都道府県が管理する道路で太陽光パネルを設置する発電事業者を公募するのは全国初。


続きを読む


九州経済産業局は、九州における再生可能エネルギー発電設備の運転開始状況及び認定状況(平成25年6月末時点)を取りまとめ、発表した。

昨年7月の再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)開始から1年間(平成25年6月末まで)の、九州での大きな特長は下記のとおりとなっている。


続きを読む


昨年以降、空前のメガソーラー、野立てソーラーブームが続いています。一方、設備認定を受けた10kW以上の太陽光発電が未だ1割程度しか稼働していないと言われている点は大きな問題で、先週の本メルマガでもお届けしたとおりです。


続きを読む


富士経済は、「オール電化住宅」とゼロ・エネルギー住宅(ZEH)の標準化に向けて普及が進む「創エネ住宅」の地域別の動向について調査した結果を報告書としてまとめて発表した。


続きを読む


科学技術振興機構(JST)と新潟大学は、有機半導体の溶液を塗布して作る「塗布型有機薄膜太陽電池(塗布型OPV)」の変換効率向上の要となる半導体ポリマーの配向制御技術を開発した。


続きを読む


自然エネルギー等による発電、電気供給、販売などを手がけるテイクエナジーコーポレーション(TEC/熊本県)は、熊本県のメガソーラー候補地として公募された、同県山都町の共有地 水増(みずまさり)に大規模太陽光発電所「水増ソーラーパーク」を建設し、気象情報会社ウェザーニューズ社(東京都)と気象予測に基づく発電予測の実証実験を開始すると発表した。


続きを読む





2013年9月中旬に経済産業省から再生可能エネルギーの固定買取制度の設備認定取得者(400kW超)に一斉に「報告の徴収」が送付された。

(中略)

いつまでたっても工事に着工しない設備は上記の要件を満たさないとされ、設備認定が取り消される恐れがある。


続きを読む


安川電機は、屋外設置型(住宅用・産業用)パワーコンディショナーの販売を開始した。同製品は、同社独自のダイレクト電力変換技術により96%以上の高変換効率を実現。連結して複数台の使用が可能で、住宅用としてだけでなく産業用として防水性や耐塩害性の要求される過酷な使用環境にも適している。


続きを読む


スマートエネルギーアイランド基盤構築事業の一環として、宮古島市が平成23年度より準備を進めてきた「宮古島市全島エネルギーマネジメントシステム(EMS)実証事業」の運用を開始した。


続きを読む


国内太陽光発電システム市場は、導入量ベースで、2013年度は産業用が5,500MW(2012年比7.9倍)となり、産業用の急拡大が牽引し、世界トップの導入量7,050MW(同3.4倍)となる見込み。調査会社の富士経済が太陽光発電関連市場を調査した結果として発表した。


続きを読む


埼玉県坂戸市は、廃校となった北坂戸中学校の売却処分を行うにあたり、埼玉エコタウン・プロジェクトと連動した土地活用を前提条件とした、民間事業者の企画・提案の募集を開始した。


続きを読む


新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)と共同事業で、9月25日より新興国や開発途上国における再生可能エネルギーの技術専門家を育成するための研修事業を開始した。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.