太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

GSユアサ(京都府)は、子会社であるいわきユアサ(福島県)の本社敷地内にメガソーラーを建設し、稼働を開始した。このメガソーラーは、同工場敷地内の遊休地と工場棟屋根に太陽光パネルを設置し、同社製パワーコンディショナーを導入したもの。出力容量は250kWを4台並列運転で合計1MW。年間予想発電量は1,100MWh。発電した電力は、全て電力会社の系統に連系させる。6月13日より稼働を開始し、8月22日時点で総累積発電量は25万753kWhと順調に稼働している。


続きを読む


資源エネルギー庁は、災害時に貸主が電力を使える「屋根貸し太陽光発電」設置工事時のチェック項目として、「固定価格買取制度の設備認定基準」「全量配線のための要件」「保安上の取扱い」の3点を取りまとめて発表した。


続きを読む


環境省は、カーボン・ニュートラル認証取得を目指す事業者を支援するためのモデル事業を募集している。本モデル事業は、カーボン・オフセット制度の普及啓発と、適切なカーボン・ニュートラルの取組を効果的に普及促進することを目的としている。


続きを読む


米IBMは、ビッグデータ・アナリティクスと気象モデリング技術を融合した先進ソリューションにより、これまでにはない方法で再生可能エネルギーの非安定的な性質に対処し、太陽光と風力からの発電量を予測するシステムを開発したと発表した。


続きを読む


固定価格買取制度開始から1年以上が経過し、買取価格が下がったとはいえ、なおも導入が活発な太陽光発電システム。太陽光発電システムの計画は非常に旺盛で、今年2月末までの認定は、経済産業省によると、1225万キロワットにのぼる。

しかしながら、一方では、稼働開始はその10%程度にとどまっており、


続きを読む


ワタミは、市民風力発電(北海道)と連携して、北海道勇払郡厚真町にメガソーラーを建設し、陽光発電事業に参入する。これは、厚真町による地域振興のための公募事業において、市民風力発電がSPC(特定目的会社)を組成して策定したメガソーラーの事業企画が選出され、ワタミの100%子会社で同社グループの環境事業を推進するワタミエコロジーがSPCのスポンサーとして出資・融資を実行し、事業の管理を行うもの。


続きを読む


経済産業省は、平成24年度と、平成25年5月末時点の再生可能エネルギー発電設備の導入状況を公表した。平成24年4月から平成25年5月末における再生可能エネルギー発電設備の導入量は、約335.9万kWとなった。このうち、太陽光発電設は約321.5万kWで約96%を占めた。


続きを読む


経産省は、いわゆる屋根貸しによって設置された太陽光発電設備について、系統電力の停電時に屋根所有者が使用する場合の、保安上の取り扱いについて整理したと発表した。


続きを読む


再生可能エネルギーの固定価格買取制度の開始以降、各地自体で公有施設における太陽光発電事業の取り組みが進んでおり、各自治体が所有する施設などで、太陽光発電事業を行う事業者の募集が行われている。


続きを読む


 固定価格買取制度の開始から1年以上が経過しました。

 太陽光発電システムの設備認定容量は、2013年2月末で12GWを超え、想像以上の市場の伸長がありました。


続きを読む


国際エネルギー機関(IEA)は、このほど「Renewable Energy Medium-Term Market Report 2013(再生可能エネルギー中期市場展望2013年)」を公刊した。この報告書には、2018年までの再生可能エネルギーの累積導入量及び発電量の見通しが技術別に記述されている。筆者は、太陽光発電に関するデータ提供及びレビュー・プロセスに関与したこともあり、今回は、報告書の内容の一部を紹介したうえで、日本における太陽光発電の課題についても私見を述べる。


続きを読む


兵庫県の宍粟(しそう)市は、同市役所北庁舎の災害時における安定稼動を図るため、小水力発電と太陽光発電の複合システムの導入する。このため、同市では、本システムの基礎調査を委託する事業者の募集を開始した。


続きを読む


日本で定置型燃料電と言えば、家庭用の「エネファーム」(ENE・FARM)が頭に浮かぶ。これは、電気とお湯を同時に作り出す、家庭用コージェネレーション(熱電併給)システムの愛称である。


続きを読む


南米コロンビアのアンティオキア(Antioquia)州メデジン(Medellin)で12日、同国エアフィット大学(EAFIT University)のソーラーカーチーム「Eafit-Epm」が新作ソーラーカーを発表会した。


続きを読む


2013年も半ばをすぎようとしているが、今回は太陽電池の2012年の生産量について弊社の分析を書く。2012年は導入量が伸び悩むとともに生産量もこれまでの成長が保てない年となった。

太陽電池セル世界生産量(結晶系太陽電池セル生産量とは薄膜太陽電池の生産量)は、2011年に30GW台に到達したが、2012年は28.6GWとなった。2012年は、30GWを割り込み、2011年の32.1GWから11%減となり、初めてマイナス成長となった。


続きを読む


矢野経済研究所は、2013年2月〜6月に太陽電池セル・モジュールと部材の世界市場について調査した結果を発表した。 

太陽電池セル・モジュール世界市場規模(メーカー出荷容量ベース)は、2012年の31.97GWから、2020年は63.45GWに拡大する見通し。


続きを読む


神奈川県とレオパレス21は、「根貸し」による太陽光発電事業の普及に関する協定を締結すると発表した。

本協定に基づき、レオパレス21は、神奈川県内において、本年度内に同社が管理する神奈川県内のアパート700棟(設備容量8.4MW)を目標に、屋根を借りて太陽光発電設備を設置する。神奈川県では県ホームページでの広報等を通じて、本取り組みを支援する。


続きを読む


住民からの寄付を原資にした太陽光発電所のプランが目立ってきています。

 例えば、徳島地域エネルギーは、高齢化・過疎化が続く徳島県名東郡佐那河内村に出力120kWの「佐那河内みつばちソーラー発電所」を建設するため、個人からの寄付金の募集を始めています。ここでは、寄付へのお礼は佐那河内で生産された
農産物としています。また、発電実績に応じて、売電益により農業支援、環境保全など地域の直接支援を行うこととしています。


続きを読む


ミサワホームは、ONEエネルギー(東京都港区)と提携し、住まいの新築を検討している顧客に対して、家庭用蓄電池の導入コストを抑えられる「レンタル」方式の提案を今月より開始する。このレンタル蓄電池は、購入する場合に比べて費用を半減することができる。


続きを読む


東北大学金属材料研究所は、太陽電池用Si結晶基板の新しい品質評価方法として「電流変調四探針抵抗率測定法(CMR法)」を開発した。同法は、Si結晶基板中に存在する不均質性(あらゆる欠陥および不純物の分布)を反映した品質評価値を測定でき、太陽電池を製造する前に太陽電池の特性を判定することが可能。


続きを読む


北海道電力と住友電気工業は共同で、南早来変電所に世界最大級の大型蓄電池(レドックスフロー電池、6万kWh)を設置し、太陽光発電の出力変動に対する調整力の性能を検証する事業を開始する。また、東北電力は、西仙台変電所に大型蓄電池(リチウムイオン電池、2万kWh)を設置し、風力や太陽光発電の出力変動に対する周波数調整力としての性能を検証する事業を開始する。大型蓄電池を系統に導入する事業は日本で初めての取り組みとなる。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.