太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

ドイツ連邦環境省は、7月8日、ドイツ国内における2013年の陽光発電の新規導入量について、買取価格の引き下げが功を奏し、これまでの半分以下となる2,500〜3,500MWに減少する見通しであることを示した。また、買取価格の引き下げは、自家消費のための設備の増加にもつながっているという。


続きを読む


ジャックスは、大牟田柳川信用金庫(福岡県大牟田市)と提携し、個人向けに太陽光発電設備設置の資金を無担保で貸し出す新商品「ソーラー・リフォームローン」の保証業務の取扱いを7月25日(木)から開始する。


続きを読む


オリックスは、西濃運輸を中核としたセイノーホールディングスグループが所有する営業所や物流センターなど18ヵ所の屋根を活用し、合計最大出力5,614kWの太陽光発電事業を実施すると発表した。年間の予想総発電量は5,593,608kWh(一般家庭約1,550世帯分の年間電力消費量に相当)。今月より順次着工する。


続きを読む


NEDOと技術研究組合 単層CNT融合新材料研究開発機構(TASC)、産業技術総合研究所は、従来から配線などに用いられている銅の100倍電流を流せる複合材料を開発したと発表した。


続きを読む


ソーラーフロンティア(東京都)は、ガラス基板構造のCIS薄膜太陽電池モュールとして、世界最軽量となる製品「Solacis neo(ソラシス・ネオ)」と、同社製品の中で過去最高出力となる「高出力モジュール SF170-S」の2製品を、国内住宅市場に向けて、新たに発売する。


続きを読む


経済産業省は、「結晶系及び薄膜太陽電池モジュール」のJIS規格を改正したと発表した。今回の改正では、JIS C 8918及び8939における試験方法を、国際規格と整合した認証規格における試験方法に整合させることにより、試験方法の一本化・国際整合化を図った。これにより、事業者等の負担の軽減につながるとともに、国際市場への参入の促進に寄与することが期待される。


続きを読む


太陽光発電システム鑑定協会は、廃棄する太陽光パネルを一時的に保管するサービスを開始した。現在、太陽光発電パネルの処理方法については、国によるガイドライン等は定められていない。このため、同協会では「発電量の低下」、「建物の取り壊しによる撤去」、「新商品へのリプレイス」などの理由で撤去される太陽光発電パネルを一時保管するサービスをおこなう。


続きを読む


7月になって、原発に関する新規制基準が施行されたのに伴い、再稼動申請が相次いでいる。福島第一が「収束」からはほど遠い状態での再稼動申請。ちょうど参院選挙と重なっているのに、有権者の関心は薄いという。これは由々しき事態だ。エネルギー問題に関心を持つべき理由は単に原発をどうするかに止まらないからだ。


続きを読む


NEDOは次世代太陽光発電システムの本命の一つとされる、有機系太陽電池の早期実用化を目的とした実証試験を開始すると発表した。

今回、NEDOの有機系太陽電池実用化先導技術開発プロジェクトにおいて、日本各地で実証試験をそれぞれ開始する。


続きを読む


経済産業省は、再生可能エネルギー定価格買取制度施行から1年を機に、再生可能エネルギーの普及に向けた国民的運動の喚起を目指す「GREEN POWER(グリーン・パワー)プロジェクト」を開始する。


続きを読む


メガワットクラスの大型プラントが中心の風力発電。その中で、10数kW程度の発電規模のものは、俗に「小型風力発電」と呼ばれます。どの範囲の発電規模を小型風力発電と呼ぶのかについては明確な定義はありませんが、固定価格買取制度においては、20kWを境に買取価格設定が変わっています。


続きを読む


アイテス(滋賀県)は、ソーラーパネルの発電状況を感知し、点検する「Solamente(ソラメンテ)」の新製品「Solamente-iS(ソラメンテ アイエス)」を開発した。

同製品は、天候の変化や日照の強弱に左右されない安定した点検が可能で、点検結果を記録・出力し、点検報告書や状況分析に活用できるのが特長。ガソーラーの保守点検、住宅用ソーラーの施工、保守点検の利用を想定している。


続きを読む


建築物の断熱材の性能向上や、電力需要ピーク時の節電対策を評価する体系の導入などにより、省エネ対策の一層の推進することを目的とした省エネ法の一部改正案が、平成25年5月24日に可決・成立し、平成25年5月31日に法律第25号として公布された。


続きを読む


農業用のため池の水面を再生可能エネルギー源として活用するため、ため池の水位変動に対応できる「フロート式太陽光発電」を整備し、発電・売電を開始する。ため池の池干し時における発電状況や風・波による影響などを、パネルの傾斜角度やフロートの係留方法が異なる2つの発電装置で実験。最適なフロート式太陽光発電を求め、その周知・普及を図る。整備場所は浄谷新池(兵庫県小野市)。発電開始は7月15日。


続きを読む


JFEスチールは、今年3月から東日本製鉄所(京浜地区/川崎市)で実施している排熱を利用した熱電発電技術の実証試験について、計画通りの発電出力が得られ製鉄所内で有効利用できることを確認したと発表した。


続きを読む


埼玉県桶川市の調整池に設置する「水に浮かぶメガソーラー(大規模太陽光発電所)」に、フランス製太陽光発電システムが採用された。出力は約1,180kWとなり、メガソーラー規模の水上設置型太陽光発電システムは世界初となる。4月に着工を開始し、7月頃の発電開始を予定している。


続きを読む


京都大学と東京大学からなる研究チームは、将来のナノメートル(10億分の1メートル)サイズの光ファイバー通信用省エネルギー光源や高感度な光検出器等への応用が期待されているカーボンナノチューブを、従来よりも桁違いに効率良く光らせる新たなメカニズムを世界に先駆けて見出したと発表した。


続きを読む


太陽電池メーカーのフジプレアム(兵庫県姫路市)による追尾型太陽光発電システムで営農と売電を可能にする農業経営モデル(ソーラーシェアリング)を共同研究する「農地活用型太陽光発電研究事業」がスタートした。発電設備の竣工式が7月5日に行われた。


続きを読む


 EVやスマートシティを始め、今後の省エネ・創エネマーケットに大きな影響を与える大型リチウムイオン二次電池。

 先日、GSユアサと独ロバートボッシュ社がリチウムイオン二次電池に関して技術提携し、2014年に合弁会社を設立すると発表しています。


続きを読む


関西電力、三菱電機、三菱重工業は、「けいはんなエコシティ次世代エネルギー・社会システム実証プロジェクト」の一環として、昨冬実施した「電気のかしこい使い方プログラム」の結果を発表した。


続きを読む


公益財団法人自然エネルギー財団は、固定価格買取制度(FIT)が導入されて一年が経過するのに合わせ、日本のFITの一年間の成果と課題について評価を行い公表した。


続きを読む


東芝は、電力会社向けにデマンドレスポンス(需要応答/DR)システムの提供を行うサイバーグリッド社(オーストリア)の株式の76%を取得し、子会社化したと発表した。


続きを読む


三菱電機は、建物の外壁など屋外にも設置できる定格出力5.5kWタイプの国内住宅用陽光発電システム向けパワーコンディショナを7月30日に発売する。希望小売価格(税込み)は63万円。


続きを読む


太陽光発電セルの世界生産量については、かつては日本企業がトップ10の多くを占めていた。しかし、ここ数年の世界的な太陽光発電ブームの中で、その立場は大きく変わりました。


続きを読む


ソーラーフロンティアは、2012年末から稼働を一時休止していた宮崎県宮崎郡清武町の宮崎第二工場(年産能力60MW)を7月1日から本稼働したと発表した。当面は、従来仕様の住宅向けCIS薄膜太陽電池モジュールを生産するが、厚木リサーチセンターで開発した画期的な新型太陽電池モジュールの商業生産に向けた最終調整を行ない、年内に国内市場に向け生産を開始する予定。


続きを読む


バンク逆潮流制限に係る各種規定の見直しに関するパブリックコメントの募集について

平成24年7月の電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法の施行等を踏まえ、太陽光発電等の系統連系が増加傾向にあります。

このような中、電気事業者に対し接続の申込みを行ったものの、配電用変電所において、当該変電所から供給している電気の量を当該変電所に流れてくる太陽光発電の電気の量が上回る事態(バンクの逆潮流)が発生することで接続ができないケースが増えています。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.