太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

京王電鉄は、東京都日野市高幡に、太陽光発電設備など13種類の環境配慮設備を組み合わせて活用する事務所「高幡不動乗務区・施設管理所」を開設する。同事務所には、太陽光発電設備のほか、省エネ型の照明・空調・給湯設備などを導入し、従来施設と比べて30%の省電力・節水を見込んでいる。


続きを読む


NECは、蓄電池や太陽光パネルも含めた建物全体の統合的なエネルギー管理を実現するクラウド対応BEMS(ビルエネルギー管理システム)「Butics-SX」の販売を6月26日から開始した。出荷は10月を予定。今後3年間で200システムの販売を目指す。


続きを読む


経済産業省は、自治体の発電事業から新電力が電力を購入できる体制を実現するため、地方公共団体の売電契約の状況を調査した結果を公表した。

これによると、売買契約実績のある9割の地方公共団体は随意契約を締結。一般競争入札が原則であることについて、総務省からの通知前に4割が認識していたが、1/4は今回の調査まで認識していなかった。


続きを読む


スペインの太陽パネルメーカーのヘリオスエナジーヨーロップ社とロハスホールディングス(福岡県福岡市)が、合弁事業による第1弾案件として、福岡県宮若市に建設を進めてきたメガソーラーが6月22日に完工し売電を開始する。ヘリオスエナジーヨーロップ社製の集光型太陽電池を使用したメガソーラーとなる。


続きを読む


自動車部品の独ボッシュ(ドイツ・シュトゥットガルト)は、GSユアサおよび三菱商事と、次世代高性能リチウムイオン電池の開発で提携すると発表した。3社は共同研究開発を行う合弁会社を設立する計画で、この新会社は販売およびマーケティング面で親会社をサポートする。2014年初頭から活動を開始する予定。


続きを読む


日立製作所は、「2015中期経営計画」の実現に向けたコスト構造の改革と7事業の戦略について発表した。この中で「電力システム事業」の売上高について、風力・太陽光システムなど自然エネルギー事業の拡大等により、2012年度の3,946億円から、2020年度には8,000億円を目指すことを明らかにした。


続きを読む


6月12日、13日にジュネーブで開催された国際標準化機構(ISO)技術管理評議会において「水の再利用」に関するISO専門委員会の設置が決まり、日本が同委員会における議論を主導する幹事国になった。日本が幹事国を担うのは水分野では初となる。


続きを読む


環境省は、地域主導型再生可能エネルギー導入事業の事業化に向けた検討等を行う協議会活動を支援する事業を実施する。この度、この支援対象として、地域の様々な関係者(地方公共団体を含む)が参画する協議会等の公募を開始した。


続きを読む


ソーラーフロンティアは、国富工場(宮崎県)で商業運転されている生産ラインを使い、CIS技術でエネルギー変換効率14.6%の「チャンピオンモジュール」を製造することに成功した。


続きを読む


省エネルギーセンターは、「平成25年省エネ大賞」の募集を行っている。同賞は、優れた省エネ活動事例や技術開発等による先進型省エネ製品等を表彰し、省エネ意識の浸透、省エネ製品の普及促進等に寄与することを目的としたもの。


続きを読む


太陽光発の発電効率を高める追尾型システムへのチャレンジは、長い間繰り返されてきているが、その中でも最近注目を集めているのが、2010年に設立された米国のベンチャー企業QBotixが開発したロボットを使用するタイプだ。


続きを読む


パナソニックは、2013年6月で、米テスラモーターズの高級EV(電気自動車)セダン「モデルS」向けリチウムイオン電池セルの累計出荷1億個を達成すると発表した。「モデルS」は2012年から米国で納車が開始され、高級感溢れるデザインと長い航続距離等の高いパフォーマンスが評価され、今年は2万台以上の販売が見込まれている。


続きを読む


原発の停止に伴う電力不安が続くなか、温泉を利用したバイナリー発電が九州各地で広がっている。太陽光や風力発電に比べ天候の影響を受けず、小規模ながら安定して発電できるのが魅力という。温泉が豊富な九州ならではのビジネスに育て上げようと、コンサルティング会社や行政、金融機関も参入している。


続きを読む


第一生命保険は、香川県及び愛知県で計画されているメガソーラー(大規模太陽光発電所)事業に参画すると発表した。同社は、大和証券グループが同地で予定しているメガソーラー事業の実施を目的として設立した合同会社への出資を通じ、メガソーラー事業に取り組むことについて、大和証券と基本合意した。


続きを読む


神戸製鋼所は12日、純チタンの薄板を使った高伝熱チタン板が、沖縄県久米島で実証実験中の海洋温度差発電設備の熱交換器に採用されたと発表した。チタン板が同発電に使われるのは世界初。


続きを読む


シュナイダーエレクトリック(東京都港区)は、日本国内で大容量の太陽光発電を中心とする太陽光発電事業に本格参入すると発表した。主にメガワット規模の大容量太陽光発電事業を対象に、パワーコンディショナー、昇圧変圧器、配電盤などをパッケージ化した昇圧変電所を日本国内で製造、販売する。


続きを読む


日本郵便は、郵便局舎等の施設屋上部分を有効活用するため、太陽光発電システムを設置し、発電事業者として太陽光発電事業を開始すると発表した。


続きを読む


日本郵便は、郵便局舎等の施設屋上部分を有効活用するため、太陽光発電システムを設置し、発電事業者として太陽光発電事業を開始すると発表した。


続きを読む


パナソニックは、住宅用太陽光発電システム向けに太陽電池モジュール「HITシリーズ」を拡充し、出力、モジュール変換効率をさらに向上させた標準サイズモジュールと、同社従来品に比べて搭載可能な屋根材が増えたハーフサイズモジュールを発売する。6月27日より受注を開始する。


続きを読む


理化学研究所と高輝度光科学研究センターは、塗布型有機薄膜太陽電池において、実用化への最大の課題となっているエネルギー変換効率の向上に向けて、塗るだけで理想的な結晶・配向状態と高溶解性を実現し、良好な電気特性を示す半導体ポリマーを開発したと発表した。


続きを読む


NTTスマイルエナジー(大阪市中央区)は、産業技術総合研究所が実施している国内太陽光発電システムの発電量統計データ整備プロジェクトに対して、太陽光発電遠隔モニタリングサービス「エコめがね」により計測されたシステムデータの提供を開始したと発表した。同社は本プロジェクトへのデータ提供提携先第一号となる。


続きを読む


グローバル インフォメーション(神奈川県)は、米国の市場調査会社GlobalDataが発行した報告書「Solar Trackers-Global Market Size, Average Price, Competitive Landscape and Key Country Analysis to 2020(太陽光追尾装置:世界市場の規模・平均価格・競合情勢・主要国の分析)」の販売を開始した。


続きを読む


太陽光発電協会(JPEA)は、太陽電池セル・モジュールの平成24年度第4四半期及び年度値の出荷量について調査を行い、その結果を公表した。これによると、平成24年度第4四半期の「セル・モジュールの総出荷量」は1,863,927kWで、前年同期比336.3%と大幅に増加したことが分かった。同調査の概要は以下の通り。


続きを読む


新エネルギー財団が、先日、新エネルギーの導入促進に関する提言を取りまとめ、公表した。提言は、1980年以降、毎年取りまとめているもの。2012年度は各種調査活動を実施するとともに、2013年3月13日開催の『新エネルギー産業会議』(議長:庭野 征夫)にで、太陽エネルギーおよび水力発電の2分野で導入促進に関する提言の取りまとめを行っている。


続きを読む


日本政策金融公庫が中小企業・小規模事業者向けに行う再生可能エネルギー関連融資の平成24年度の融資実績が、前年度比337%の4,522件、同1,196%の945億円となり、件数・金額ともに過去最高になった。


続きを読む


新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の基盤技術開発プロジェクトに取り組んでいる、東京薬科大学などのグループは、微生物を利用した創電型の廃水処理に適した「微生物燃料電池装置」を開発した。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.