太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

太陽光発電システム用ケーブルなどを扱う昭和電線ケーブルシステム(東京都)は、メガソーラーの建設が急拡大していることを受け、ケーブルの製造拠点である三重事業所の生産体制強化や在庫の常備化など、メガソーラー関連製品の供給体制強化を図る。将来的には、中国の合弁会社からのOEM供給体制も整え、2015年3月期までに50億円以上の受注獲得を目指す。


続きを読む


岐阜市は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を利用し、一般廃棄物最終処分場にメガソーラー(大規模太陽光発電所)設置事業を実施する事業者の選定を公募型プロポーザル方式によって実施する。


続きを読む


札幌市は、陽光発電設置用として「土地・屋根貸」を希望する土地・屋根所有者と、太陽光発電事業を行うために「土地・屋根借り」を希望する発電事業者を結び付ける「太陽光発電推進マッチング事業」を開始する。


続きを読む


大阪大学と大日本スクリーン製造は、太陽電池の発電する瞬間の可視化に成功した。開発者である大阪大学レーザーエネルギー学研究センターの斗内政吉教授は、「この技術が、日本の太陽電池産業の脱価格競争につながれば」と、期待する。


続きを読む


経済産業省資源エネルギー庁は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に関するサイトで、よくある質問「平成25年度の再エネ賦課金単価はなぜ0.35円/kWhとなったか?」に対する回答を掲載した。


続きを読む


矢野経済研究所は、太陽光発電力発電燃料電池電池向けの新エネルギー発電システム(住宅用および産業用)に用いられる国内新エネルギー用パワーコンディショナー市場について調査した結果を発表した。


続きを読む


産業技術総合研究所は、サスティナブル・テクノロジー(事業所:佐賀県嬉野市)と、酸化チタン系の複合金属化合物薄膜をガラス基板にコーティングして、PID(電圧誘起出力低下)現象による結晶シリコン太陽電池の出力低下を抑制する技術を開発したと発表した。本技術によりガソーラーなどの太陽光発電システムの長期信頼性の向上への貢献が期待される。


続きを読む


九州電力は、大分県平治岳の北側において、地熱発電の可能性を検討するための調査を実施する。また、合わせて、7月1日付で、自律的な業務運営を行なう地熱センターを設置すると発表した。


続きを読む


自然科学研究機構 分子科学研究所(愛知県)と総合研究大学院大学(神奈川県)の研究グループは、シリコン太陽電池と同様、不純物の微量添加(ドーピング)のみによって有機太陽電池を作製することに世界で初めて成功したと発表した。


続きを読む


太陽電世界大手のサンテックパワーホールディングス(尚徳太陽能電力)は、3月15日に償還期限を迎えた5億4,100万ドル(約550億円)の転換社債について、大多数の債権者と6月28日までは社債やそれに関する契約の権利を行使しないとする、新たな償還期限延長を行うことで合意した、と発表した。


続きを読む


下水の処理には多大なコストとエネルギーを要する。処理の際に出る活性汚泥は、産業廃棄物として国内で年間に4万トンも焼却処理されているのだ。この下水から新しいエネルギーを創出しようという動きが始まっている。


続きを読む


日本ガイシ(名古屋市)は、イタリアの大手送電会社 テルナ(Terna)社と、電力貯蔵用「NAS(ナトリウム硫黄)電池システム」の供給に関する基本契約に合意したことを発表した。


続きを読む


日本製紙は、徳島県小松島市に所有する社有地の一部(約25万平方メートル)において、三菱商事と共同で、四国最大規模となるメガソーラー(大規模太陽光発電所)プロジェクトを開始すると発表した。


続きを読む


東芝三菱電機産業システムは、大容量太陽光発電システム用パワーコンディショナ(PCS)の2012年度受注容量について、1GW超を達成したと発表した。


続きを読む


経済産業省・環境省・農林水産省は、温室効果ガスの排出削減及び吸収源対策の推進を目的とした新制度「J-クレジット制度」の方法論及び約款を策定し公表した。この中で、空調設備、照明設備気自動車陽光発電風力発電設備等導入についての適用条件や排出量の算定方法などが示された。


続きを読む


宮崎県では系統の空きがない地域もありますが、他県ではメガソーラー用地を準備して発電事業者を募集   「なごや生物多様性センター」(名古屋市天白区)における太陽光発電設備の賃貸借に係る事業者を再募集すると発表した。本事業は、平成24年12月27日に記者クラブ発表し、事業者を募集したが、応募者がなかったため、条件を変更して再度募集する。


続きを読む


東北大学は、導電性プラスチックの中で磁気の流れ「スピン流」が電気信号に変換されることを発見し、「磁気-電気変換プラスチック」の作製に成功したと発表した。


続きを読む


環境省は、2012年夏期の家庭における節電・CO2削減行動について、インターネットによるアンケート調査を行った結果を取りまとめ公表した。昨夏の家庭の電力消費量は、2011年夏期と比べて2.7%削減となり、これは家庭一世帯当たりのCO2排出量の約1%分の削減に相当することなどがわかった。


続きを読む


日立製作所は、植物工場の開発を手がけるアグリビジネスベンチャーのグランパ(神奈川県横浜市)に出資し、両社で農業関連ビジネスにおいて協業を推進していくと発表した。両社は本件について合意した。


続きを読む


政府は、4月26日に閣議決定された「海洋基本計画」(2013年度〜17年度)において、将来のエネルギー源として期待されているメタンハイドレートの資源量調査に取り組む方針を示した。


続きを読む


再生可能エネルギーの活用では、当然のことながら、資金調達が最も重要となってきます。この点が計画通りにいかなければ、事業の実現は難しいところです。


続きを読む


物流事業を手がけるセンコー(大阪府大阪市)は、日本国内の物流センター7カ所に太陽光発電設備を設置し、2013年10月以降、順次、売電事業を開始すると発表した。各拠点に設置する太陽光発電設備は合計で発電能力5.3MWとなる見込み。5月から設置工事を開始し、10月または11月から事業を開始する予定。


続きを読む


環境省は、4月5日に地球温暖化対策推進本部を開催し、2000年度から2011年度までの「京都議定書目標達成計画の進捗状況」の点検を行った。


続きを読む


固定価格買取制度の施行後、太陽光発電の導入が急速に進んでいるが、地域別にみると、広い土地を確保しやすいことと、土地代が安いことを背景に、北海道への立地に集中し、全国の3割弱を占めている。


続きを読む


カゴメは、子会社のカゴメ不動産を通じて、太陽光発電を利用した売電事業に参入すると発表した。今年6月より、全国3カ所(青森県、山梨県、福岡県)で、既に閉鎖している工場や配送センターの跡地等に太陽光パネルを設置し、合計で年間6,875MWh(一般家庭の消費電力約2000軒分に相当)を発電する予定。発電した電力は全て電力会社に売却し、年間約2.7億円の売電収入を見込んでいる。


続きを読む


経済産業省は、円高やエネルギー制約対策として、国内産業の競争力強化や、ものづくり産業の空洞化防止を図ることを目的に、民間事業者に対して最新設備・生産技術等の導入を支援する事業において、73件(うち中小企業41件)の事業が採択されたと発表した。補助総額は約310億円。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.