太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

デュポン(東京都)は、第三者試験機関のケミトックスが行ったPID(電圧誘起出力低下)試験により、同社の太陽電池用アイオノマー封止材(太陽光モジュールのセルや回路を保護する材料)が、従来タイプの封止材と比べて約25倍の高いPID耐性を有すると実証されたと発表した。同社は、このアイオノマー封止材を使用した結晶系太陽光パネルの商品化を年内に予定している。


続きを読む


経済産業省は、イノベーション拠点立地推進事業「先端技術実証・評価設備整備費等補助金」の交付先について、申請のあった60件の事業のうち35件の採択を決定した。


続きを読む


環境省は、平成3年度から継続して実施している「環境にやさしい企業行動調査」について、平成24年度調査結果(平成23年度における企業の取組み)を取りまとめ公表した。


続きを読む


ソーラーフロンティアと日本政策投資銀行(DBJ)、新関西国際空港(新関空会社)は、関西国際空港内に計約11,600kWの発電出力を持つメガソーラー(大規模太陽光発電施設)「KIXメガソーラー」を建設すると発表した。今年半ばごろから着工し、来年はじめの稼働を目指す。


続きを読む


昨年度の太陽光発電への設備投資が、規模を問わず一気に進んだことは、知られている通りです。その一方、送電網が近く、日照や土地などの条件もよい場所は限られるだけに、太陽光発電の導入は、適地に集中する格好となりました。


続きを読む


資源エネルギー庁は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に関して、平成24年度の買取価格の適用条件を満たした場合でも、系統連系に関する契約の申込みにやり直しが生じた場合、平成25年度の買取価格となる可能性があることを示した。


続きを読む


最近では国内産の太陽電池が品薄になり、注文してもなかなか商品が届かない状況ですが、何とか2000枚程度のソーラーフロンティア製太陽電池を確保し、宮崎県小林市で100KWの太陽光発電システムが完成しました。


続きを読む


経済産業省の電力需給検証小委員会は、17日に開催された第3回会合で、今夏の電力需給見通し等についての報告書案を示した。同委員会として、今夏の電力需給の安定化のために取り組むべき対応策の検討を要請した。


続きを読む


今年度の宮崎市住宅用太陽光発電補助金は、設置後の申し込みができません。工事着工前の申請になります。

 

平成25年度太陽光発電システム設置費補助金について

(設置予定の場合のみ対象となり、補助金決定後でないと設置工事は開始できません。)


続きを読む


山梨県が、2050年までにエネルギーの100%自給を目指して、「やまなしエネルギー地産地消推進戦略」を策定した。11年の電力需要量とクリーンエネルギーの発電量をベースに、省エネルギー対策で電力需要量を20%削減、さらにクリーンエネルギーを3倍以上に増やすことで100%自給を実現するという大がかりな計画だ。


続きを読む


政府は、4月12日、電力小売りの全面自由化や発送電分離など電力システム改革を実施するための「電気事業法の一部を改正する法律案」を閣議決定し、今国会に提出した。


続きを読む


富士通九州システムズ(福岡県)は、アグリベンチャー企業の果実堂(熊本県)に出資したと発表した。出資額は3,000万円で同社の1.64%の株主となった。これにより、富士通九州システムズは、農業栽培技術とICT融合により、国内外へのアグリICTビジネス展開を、果実堂は、主力商品のベビーリーフのより効率的な大規模生産を目指す。今後3年間、両社で100億円の売上目標を掲げている。


続きを読む


 

世界最大の自動車部品メーカーの独ボッシュが、2014年までに太陽光発電事業から完全撤退する。今月22日に発表した。

ボッシュは07年、太陽光発電事業に本格参入。08年に太陽電池大手エルソル・ソーラー・エナジー(独)、09年に太陽電池パネル製造メーカーのアレオ・ソーラー(独)といったベンチャーを買収するなどして事業規模を拡大してきた。


続きを読む


3月31日、農林水産省は、これまで農地転用にあたるとして認めていなかった、農地への太陽光パネルの設置を認める決定を行い、その際の許可条件等について公表した。これで、農業と太陽光発電を同時に行うことが可能になった。今、注目のソーラーシェアリング(農電併業)がついに実現したのである。


続きを読む


経済産業省は、9日の電力需給検証小委員会において、電力会社9社の今夏の需給見通しを取りまとめ発表した。今夏の需給見通しは、各社ともに、安定供給のために最低限必要とされる供給予備率3%以上を確保できる見通し。


続きを読む


春先に話題になりました屋根貸しモデルによる太陽光発電による反射光被害事件の控訴審判決が2013年3月13日(東京高等裁判所)にありました。

 その内容は、なんと原審(横浜地裁平成24年4月18日判決)の判断を覆して損害賠償は認められないとする控訴審判決が出たもの。


続きを読む


経済産業省は、工場を建設する目的で平成24年に1,000平方メートル以上の用地を取得した製造業、電気業、ガス業、熱供給業の事業者を対象に「工場立地動向調査」を実施した結果(速報)を取りまとめ、公表した。


続きを読む


静岡県東部を中心に建材製品の販売、鉄鋼製品の製作、建設業を展開する植松グループ(静岡県沼津市)は、「7メーカーの太陽光発電 比較展示場」にて、発電開始からの7メーカーの実発電量・比較データを公開する「太陽光発電体感フェア」を4月20日に開催する。


続きを読む


政府一体となって電力システム改革を着実に実施するため、改革の方針を示した「電力システムに関する改革方針」が4月2日に閣議決定された。本方針では、2015年に従来のエリア概念を越えた全国大での需給調整機能等を担う広域系統運用機関を設立、2016 年に小売及び発電の全面自由化、2018〜2020 年に法的分離の方式による送配電部門の中立性の一層の確保すると明記している。


続きを読む


経済産業省の諮問機関・産業構造委員会は、保安分科会の電力安全小委員会で、太陽電風力発電、水力、火力発電所に係る電気主任技術者の外部委託の承認範囲を、現行の1,000kWから出力2,000kW未満まで拡大することとした。ただし、太陽電池発電設備については、リスクに応じた点検頻度とすることが必要としている。


続きを読む


農林水産省は、これまで農地転用にあたるとして認めていなかった、農地への太陽光パネルの支柱の設置を認める。農地に支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可制度上の取扱いについて取りまとめ、公表した。


続きを読む


経済産業省は、再生可能エネルギー固定価格買取制度に関する「平成25年度新規参入者向け買取価格」及び「平成25年度の賦課金」を正式決定した。これに伴い、電力各社は、平成25年5月の電気料金から平成26年4月の電気料金までに適用される賦課金を発表した。


続きを読む


資源エネルギー庁は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に関して、平成24年度中に備認定を受け接続の申込みを済ませたが、平成25年度以降に変更認定を受けた場合や軽微な変更届出を行った場合、適用される買取価格が条件によって変更されることがあることを示した。


続きを読む


 

ソーラーフロンティアは、2012年末から稼働を一時休止していた宮崎第二工場(宮崎市)でCIS薄膜太陽電池の生産を7月1日より再開することを発表した。

同工場で生産する製品については市場の動向を見つつ現在検討中だが、今後予定されている新製品も生産できる設備を導入する計画。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.