太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

ソーラーフロンティアと矢野産業(宮崎県)は、宮崎県国富町で2か所の規模太陽光発電所の運転を開始した。両発電所は、ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池を採用。

ソーラーフロンティアが2.2MW、矢野産業が1.1MWの発電事業者となり、発電出力は合計3.3MW。推定年間発電量はそれぞれ一般家庭の消費電力約500世帯分と約250世帯分。


続きを読む


 

日立マクセルは、世界に先駆けて、電池断面のリアルタイム観察技術を電池開発に導入し、充放電最中のリチウムイオンの「見える化」技術を確立したと発表した。

この技術により、高エネルギー材料を用いながら十分な信頼性を確保することができるようになり、単位エネルギー密度あたりの重量40%減、単位体積当たりのエネルギー密度1.6倍、寿命10年以上相当の高信頼、長寿命かつ軽量化なリチウムイオン電池を開発した。今後HEMS(Home Energy Management System)用途等に適用を進めていく。


続きを読む


 

千葉県香取市は、与田浦運動公園脇の約3.5ヘクタールの土地を活用し、県内の自治体では初めて太陽光発電事業を開始すると発表した。

最大出力は1,750kW。年間発電量は約225万kWh(一般家庭約620世帯分の年間電力消費量に相当)。年間予想売電額を約9,000万円、建設費、運転維持費等を除いた年間平均収益額を約4,000万円と見込んでいる。


続きを読む


経済産業省は、電子申請処理が可能な50kW未満の太陽光発電システムについて、再生可能エネルギーの固定価格買取制度において、平成24年度の買取価格の適用を受けるためには、遅くとも3月29日(金)10:00までには申請をするよう、呼びかけている。


続きを読む


 太陽光発電市場で、海外製の、あるいは日本のメーカー品であっても海外のOEM製品のモジュールは、もはや珍しくない時代となりました。 そんな中、パワーコンディショナ―は、大規模なものが中心である海外市場と、住宅を中心に発展してきた日本市場で大きな違いがある部分の一つでした。(パワーコンディショナ―、という呼称も日本独自のものですが)


続きを読む


 

自然エネルギー財団は、調達価格等算定委員会が3月11日にとりまとめた「平成25年度調達価格及び調達期間に関する意見」について意見書を送付し、その内容を公表した。

この中で、調達価のきめ細やかな設定の必要性として、太陽光発電電については、現状の「10kW未満」「10kW以上」の区分に「10kW以上50kW未満」「50kW以上」の区分を新設すべき、風力発については、容量毎の区分だけでなく、設置場所の風況に応じた価格設定が必要だとしている。


続きを読む


 

2012年10月に「太陽光発電する紙」の開発を発表したのは、大阪大学産業科学研究所の能木雅也准教授、辛川誠助教授らの研究グループ。

現在の多くの電子機器は、重くて堅いガラス基板の上に部品が搭載されていて、曲げることができない。また、それらは化石材料や希少な鉱物を使い、高温・真空処理など環境負荷の高いプロセスで製造されているのが現状だ。


続きを読む


京セラは、同社製の「太陽光発電システム」「蓄電システム」「HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)」が、三井不動産レジデンシャルが手がける「ファインコート大塚(東京都豊島区)」に採用されたと発表した。


続きを読む


 

太陽電池世界大手サンテック、子会社が会社更生法を申請 本体事業は継続

 

太陽電世界大手のサンテックパワーホールディングス(尚徳太陽能電力)は、8社からなる中国銀行グループが、3月18日にセル製造を主とする子会社である無錫サンテックパワー(無錫尚徳太陽能電力)の会社更生法申請を無錫市中級裁判所に行ったと正式に発表した。


続きを読む


王子ホールディングスと三菱化学は、食物繊維をナノオーダー(1mmの百万分の一)にまで細かく解きほぐした「セルロースナノファイバー」を材料とした透明連続シートの製造に世界で初めて成功したと発表した。この透明シートは、軽量で紙のように折りたためるため、必要なときに開いて使用できる大型ディスプレーや陽電池などへの応用が期待される。


続きを読む


ソフトバンクグループのSBエナジーは、長崎県長崎市の民有地にメガソーラー(大規模太陽光発電所)「ソフトバンク長崎香焼(こうやぎ)ソーラーパーク」を建設すると発表した。出力規模は約2.6MW(約2,600kW)。2013年6月中旬の運転開始を目指す。


続きを読む


経済産業省の電力システム専門委員会(委員長・伊藤元重東京大学教授)は、「発送電分離」を盛り込んだ報告書をまとめた。

報告書は、「送配電部門の法的分離には、分離に向けた準備や給電指令システムの対応等、万全の備えが欠かせない。また、料金規制の撤廃には競争の進展が前提となる。

そのため、相当の期間を置き、事業環境等も踏まえた上で実施を行う」としており、5〜7年後(2018年〜2020年)を目途に、法的分離を実施することを提言している。


続きを読む


 

三井不動産レジデンシャルは、東京都豊島区で開発中のスマートハウスプロジェクト「ファインコート大塚」を全戸着工したと発表した。

同物件は、家庭用燃料電池「エネファーム」、家庭用蓄電池、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)を全戸に標準装備し、全ての照明機器にLEDを採用した全国初のスマートハウス事業。


続きを読む


経済産業省は、平成24年12月末時点の再生可能エネルギー発電設備の導入状況を取りまとめ、公表した。平成24年4月から12月における再生可能エネルギー発電設備の導入量は、117.8万kWとなった。このうち、太陽光発電設備は111.9万kWで95%を占めた。


続きを読む


 

経済産業省資源エネルギー庁は、3月12日に渥美半島から志摩半島の沖合(第二渥美海丘)において、メタンハイドレートを分解し天然ガスを取り出す、世界初の海洋産出試験を開始し、ガスの生産を確認したと発表した。

今後、ガスの生産実験を約2週間実施し、生産実験終了後、今回の実験で生産されたガス量についての集計や、実験結果の解析作業等を行う予定。


続きを読む


日本GEは、東北電子工業(宮城県石巻市)との協業を通じ、宮城県石巻市内にある同社の工場で製造・組立された約200台のソーラー式LED照明を市内の32漁港(計39カ所)に供給する。


続きを読む


 

経済産業省は、3月11日に開催された「調達価格等算定委員会」において、再生可能エネルギーの固定価格買取制度における平成25年度の買い取り価格等について、意見書を取りまとめ公表した。

本意見書を尊重し、本制度における「2013年度新規参入者向け調達価格等の改正」について、3月12日から3月22日までパブリックコメントを実施する。また、本制度の賦課金単価の適用期間の変更についても、3月11日から3月25日までパブリックコメントを実施する。


続きを読む


 

三菱重工グループの菱重エステートは、太陽光発電、非常用発電機、リチウムイオン蓄電池の3電源を組み合わせた集合住宅向けの保安電 源システム「エネセルフ」を開発し、3月18日より本格的に販売を開始する。

災害などの停電時には非常用電源としてエレベーターや給水ポンプなどライフラインの電力を安定的に供給できる一方、平常時には太陽光発電で電気代を節約する。新築・既設マンションなどを中心に3年間で40件の普及を目指す。


続きを読む


経済産業省の調達価格等算定委員会の委員長案が示され、太陽光発電の次年度買取価格が37.8円と決まりました。そして、風力、中小水力、地熱、バイオマスの買取価格は据え置きです。


続きを読む


2013年がスタートして、世界各国の太陽光発電導入量が報告され始めている。世界市場は今や30GW時代を迎え、ヨーロッパ市場に加え日中印を中心とするアジア市場とアメリカ市場の3地域で引っ張る欧米亜による普及体制が始まっている。


続きを読む


24年度の買い取り価格42円で売電するには、経済産業省より平成25年2月22日までの申し込みを一つの目安にしてください。と言われていましたが、2月22日以降申し込みが激減したのか、設備認定のスピードが速くなっています。


続きを読む


太陽電池モジュールメーカーのフジプレアム(兵庫県姫路市)は、姫路市と共同で市内の農地に自社開発・製造の「追尾型太陽光発電(トラッキング)システム」を設置し、稲作をしながら発電し、営農と売電が両立する新しい農業経営モデルの研究事業を平成25年度より開始する。


続きを読む


先月東京で行われたPV-EXPOには毎年行っているのですが、毎年時代の変化を感じています。

去年は太陽電池で中国のメーカーの勢いが凄いことを感じ、今年は太陽電池と言うよりも蓄電池やスマートグリット関連製品、モニタリング関連が発展していくことを強く感じました。


続きを読む


JR東日本は、同社では初めてとなるメガソーラー(大規模太陽光発電設備)を京葉車両センターの未利用地に設置すると発表した。発電した電気は、京葉車両センター構内の事務所や車庫等で使用するほか、配電線を介して同社変電所に送り、鉄道運行に活用する。2013年度に使用を開始する。


続きを読む


岡山県津山市に本社をおくガット(社長:美甘(みかも)信吉氏)が、手元資金ゼロでメガソーラー事業を開始した。太陽光革命はファイナンスの分野にも波及している。


続きを読む


環境省では、政府の経費のうち地球環境の保全、公害の防止並びに自然環境の保護及び整備に関する経費として、平成25年度環境保全経費をとりまとめた。平成25年度予算案における環境保全経費の総額は、前年度(1兆5,318億円)比26.2%増の1兆9,326億円となった。同省では、環境保全経費について毎年とりまとめを行っている。


続きを読む


 

世界21カ国で展開するSMA Solar Technology AG(ドイツ本社、以下SMA)は、1991年以降、20年以上に渡り「屋外設置仕様」の太陽光発電用パワーコンディショナを生産し、世界全体で約30%のトップシェアを獲得しているリーディングカンパニーだ。

導入実績は25GW以上、技術者・研究者は1,000名を超える。日本市場でも、京セラが鹿児島七ツ島に設置する、国内最大のメガソーラー(70MW)での採用など、存在感を急速に増している。


続きを読む


東京都は、住宅用太陽光発電の普及のため、東京都環境公社と連携しながら、助金に代わる新しい事業として「屋根ぢから」ソーラープロジェクトを開始すると発表した。平成25年度の住宅用太陽光発電の補助金は現在予定されていないという(東京都環境局)。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.