太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づき、電気利用者が毎月負担している「再エネ賦課金」に関する賦課方法の変更について発表した。


続きを読む


経済産業省 資源エネルギー庁は、平成24年度の固定価格買取制度の適用を受けるために必要な系統連系に関する手続きのうち、接続検討の結果通知が4月1日以降になってしまうものに対し、一部の電力会社で救済措置が行われている事を公表した。


続きを読む


三菱電機は、小型化により施工負荷を軽減するとともに、業界トップクラスの電力変換効率を実現した「国内公共・産業用太陽光発電システム向け三相10kWパワーコンディショナ」2機種を5月10日に発売する。価格はオープン価格。初年度は3,000台の販売を見込む。


続きを読む


 

環境省と地球・人間環境フォーラムは、優れた環境コミュニケーションを表彰する「第16回環境コミュニケーション大賞」の受賞作を発表した。

【環境報告書部門】では、環境報告大賞に東芝の「東芝グループ 環境レポート2012」、持続可能性報告大賞に日立製作所の「日立グループ サステナビリティレポート2012」、地球温暖化対策報告大賞にブリヂストンの「ブリヂストン グループ環境報告書2012」が選ばれた。


続きを読む


エリーパワーは、新型リチウムイオン電池セル内蔵の住宅用定置型電システム「POWER iE 6 (パワーイエ・シックス)」を開発し、3月より販売を開始する。


続きを読む


昨年7月1日にスタートした固定価格買取制度(FIT)も、いよいよ初年度の終わりを迎えようとしています。資源エネルギー庁は、売電のための「設備認定」を受ける場合、2月22日までに各経済産業局に申請書類を提出するよう呼びかけており、今週末事実上の締め切りを迎えます。


続きを読む


ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)の最新の調査結果によると、オーストラリアでは今、新規に建設される石炭およびガス火力発電所からの電力に比べ、補助を受けていない再生可能エネルギーが割安になっている。


続きを読む


東芝は、デマンドレスポンス向けソフトウェア開発及び関連機器・サービスの提供を行う米国コンサート社(Consert Inc.)を買収し、100%子会社としたと発表した。これにより、米国でのスマートグリッド、スマートコミュニティ事業の展開を加速させる。


続きを読む


王子ホールディングスの100%子会社である王子グリーンリソースは、宮崎県日南市に発電事業を目的とするバイオマスボイラーを設置すると発表した。設置場所は王子製紙日南工場構内。発電能力は25MW。売電量は一般家庭4万戸に相当する年間約150GWn。2015年3月稼働予定で、年間約40億円の売上を目指す。


続きを読む


住宅太陽光、北側設置で反射光に問題あり

 

北側設置の太陽光パネル、反射光で問題発生 撤去命令下る

(事案名)

屋根に設置したパネルの反射光が隣家の居間に入り込み、撤去と損害賠償を命じられた事例(横浜地裁平成24年4月18日判決、控訴され現在東京高裁で審理中)
[事件番号:平成24年(ネ)第3796号、第11民事部]


続きを読む


経済産業省資源エネルギー庁は、平成24年度中に固定価格買取制度を利用し売電を行うための「備認定」を受ける場合、2月22日までに各経済産業局に申請書類を提出するよう呼びかけている。


続きを読む


富士電機、古河電気工業、古河電池、けいはんなは、「けいはんなエコシティ次世代エネルギー・社会システム実証プロジェクト」の一環として、複合商業施設「けいはんなプラザ」(京都府相楽郡精華町)において、BEMS(Building Energy Management System)の大規模実証をスタートする。富士電機は、本プロジェクトとして構築を進めてきたBEMSの全設備が本格稼働することになったと発表した。


続きを読む


4月以降の買い取り価格が下がると、予想される為、駆け込み需要でもうすでに太陽電池を注文しても、7ヶ月待ちもあり得るというソーラーフロンティア製太陽電池、広い面積が確保できれば有利なパネルですから、今は大人気です。


続きを読む


経済産業省は、1月29日、平成25年度政府予算原案が閣議決定したことを受けて、平成25年度予算案及び24年度補正予算案の概要など、同省関連資料を公表した。同省関連の両予算を合わせた総額は約2兆円を超える規模となる。


続きを読む


各自治体で、公共施設の屋根を太陽光発電事業者に貸し出す「屋根貸し事業」の取り組みが活発しているが、栃木市も市施設の屋根貸し事業を開始する。同市では、市施設13カ所の屋根を貸し出す予定者を、栃木メガソーラー(栃木市大平町)に決定した。


続きを読む


山梨県と東京電力は、山梨県甲府市米倉山で平成24年1月27日から運転を開始した出力1万kWの太陽光発電所について、1年間の発電電力量は、当初想定の約1.2倍となる約1,440万kWh、これによるCO2排出量削減効果は約6,100tとなったことを発表した。


続きを読む


東芝は、住宅用太陽光発電システムの新サービスとして、太陽電池モジュールの出力を最長20年間、太陽電池モジュール・パワーコンディショナ・接続箱などの構成機器を15年間保証する、長期保証制度「パワフル保証」を3月1日から開始する。


続きを読む


スマートグリッド、スマートコミュニティに関する新産業の創生やイノベーション(=スマートイノベーション)について解説していますが、今回は、その2回目として「シリコンバレー・モデルと自動車関連ベンチャー」について解説します。


続きを読む


日本アジアグループは、傘下の国際航業及びJAG国際エナジーが、行田市所有の遊休地を有効活用し、出力約2.3MW(2,338.56kW)のメガソーラー(大規模太陽光発電所)「(仮称)行田ソーラーウェイ」を建設すると発表した。平成25年度中の着工を予定している。


続きを読む


 

東北大学は、太陽電池用結晶の斬新な育成法を考案し、擬似単結晶と呼ばれるシリコン結晶の育成に成功したと発表した。

現在太陽電池用基板の約50%は多結晶シリコンとなっているが、この比率は今後10年で大きく変化し、多結晶シリコンは変換効率の向上が期待される擬似単結晶シリコンに置き換えられると予測されている。このため、ここ数年で擬似単結晶の研究開発が急速に進み、製品の供給も始まっている。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.