太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

繊維メーカー大手のグンゼは、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を利用し、国内に保有する遊休地及び工場の屋根を利用して、太陽光発電事業に参入すると発表した。


続きを読む


新エネルギー財団は、平成24年度「新エネ大賞」を決定し発表した。経済産業大臣賞は、オムロンの太陽光発電システム用パワーコンディショナーが受賞した。


続きを読む


カネカは、同社製「薄膜シリコン太陽電池モジュール」における社内及び第三者機関であるケミトックスの検証による「PID(電圧誘起出力低下)試験」により、同モジュールがPIDに対して高い耐性を有することが実証されたと発表した。これにより、同社製モジュールの高品質と高信頼性が証明された。


続きを読む


ここ2年〜3年で住宅用の太陽光発電はもう当たり前になってきましたね。このブログを書き始めた頃にはまだ太陽光発電なんてまだ、たまに見るくらいでしたが、今では新築住宅には太陽光発電を同時に取り付けるのが普通というようになりました。


続きを読む


アミューズメント事業、ゴルフ事業などを手がける三恵観光(京都府福知山市)は、大阪府茨木市、宮崎県児湯郡川南町の2ヶ所にメガソーラーを建設し、太陽光発電事業に参入すると発表した。発電量は合計で1,749kW。2013年3月末の設置を目指して建設を進めている。


続きを読む


経済産業省は、1月21日、調達価格等算定委員会を開催し、再生可能エネルギーの固定価格買取制度における平成25年度の買取価格について検討を開始した。太陽光発電については、システム価格が下落しているため、来年度の買い取り価格の算定に反映し、また、、中小水力、地熱、バイオマス発電については、コストの算定を見直すための実績がないため、価格を据え置くという方向性が確認された。


続きを読む


レオパレス21は、太陽光発電システムを設置したアパートの棟数が2012年12月に5,000棟を突破したと発表した。

これは、同社管理アパートの太陽光発電システムが設置可能な約22,000棟のうち22%を超える割合。合計発電容量は47MWとなり、これは一般家庭約1万5,000世帯分の電力需要に相当する。


続きを読む


太陽光発電の固定価格買取制度が7月から始まり、42円(税込み)での全量買取でかなりの勢いで普及していますが、来年度の買い取り価格も決らない中、3月31日が近づいてきました。


続きを読む


龍谷大学、和歌山県印南町、京セラソーラーコーポレーション(KSC社)、PLUS SOCIAL(PS社)およびトランスバリュー信託は、連携して、全国初となる地域貢献型メガソーラー発電所「龍谷ソーラーパーク」を設置すると発表した。本事業は、龍谷大学が、社会的責任投資(SRI:Socially Responsible Investment)を行い、それに官民4者が、それぞれのもつ資源やノウハウ等を供給するかたちで連携する全国初の事業となる。


続きを読む


平成25年1月10日から、再生可能エネルギーの固定価格買取制度における10kW以上50kW未満の陽光発電システム設備認の申請方法が電子申請に変更となった。対象となるシステムの設備認定は、一般社団法人太陽光発電協会JPEA代行申請センター(JP-AC)が管理する、「再生可能エネルギー発電設備登録・管理ホームページ」を通じての電子申請に切り替わる。


続きを読む


 

昭和シェル子会社のソーラーフロンティアは、日本政策投資銀行とメガソーラー(大規模太陽光発電所)プロジェクトへ資金を提供するための共同投資会社を設立することで基本合意したと発表した。2013年2月から運用を開始する予定で、年間合計100MW規模の国内プロジェクトへの出資を目指す。


続きを読む


ソーラーフロンティアは、NEDOとの共同研究を受けて、カドミウムを含まない薄膜陽電池のセル(約0.5平方センチメートル)として世界記録となるエネルギー変換効率19.7%(産業技術総合研究所で測定)を達成したと発表した。今回の世界記録は、小面積用に開発したセルではなく30cm角基板から切り出したセルで実現したもので、同社では今後の大面積化のポテンシャルの高さを証明するものと説明する。


続きを読む


三菱商事と昭和電工は、ナノテクノロジー分野で注目される炭素素材「フラーレン」の事業化に向けた戦略的事業提携を行った。これ基づき、昭和電工はフラーレンの製造販売会社であるフロンティアカーボン(FCC社)の株式50%を三菱商事より譲り受け、FCC社は両社の共同運営会社となった。


続きを読む


九州電力と九電工は、宮崎県串間市において両社が共同出資する事業会社を設立し、風力発電事業に向けた環境影響評価に着手する。


続きを読む


ダスキン事業や宅配水事業を展開するナック(東京都新宿区)は、2013年4月より建設を開始する新型水製造工場(埼玉県本庄市)の屋根に合計で1MWを超える容量の太陽光パネルを設置し、売電を行うと発表した。また併せて、同社で手掛ける「ダスキン事業」の既存店舗においても可能な限り太陽光パネルを設置する計画だ。


続きを読む


 

日本・−6%、米国・−7%、EU・−8%、カナダ・−6%、ロシア・0%、豪州・+8%、NZ・0%、ノルウェー・+1% ―― 先進国全体の温室効果ガスの「合計」の排出量について、1990年に比べて少なくとも5%削減することを目的と定めた京都議定書の第1約束期間(2008年から2012年まで)が、ついに昨年末で終了しました。

続きを読む


ローソンは、2012年10月1日より、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づいた太陽光発電システムによる売電を開始した。10kW以上の売電は、コンビニエンスストア業界で初めて。売電開始後、順調に稼動しており、今年度1,000店舗、来年度1,000店舗の合計2,000店舗に太陽光発電システムを導入し、今後も売電を行う予定。


続きを読む


蓄電システムの製造販売大手のエリーパワーは、リチウムイオン電池セルの正極板および電解液の新技術を開発したと発表した。正極板については、従来から正極材料に使用しているオリビン型リン酸鉄リチウム(LiFePO4)と集電体のアルミニウム箔の構成等の改良により、充放電サイクルによる内部抵抗の上昇を大幅に低減する技術を開発した。


続きを読む


福島復興ソーラーと南相馬市は、東日本大震災からの復興のシンボルとして、南相馬市の津波被災地(約2.4ha)において開発を進めている復興拠点「南相馬ソーラー・アグリパーク」が12月21日に着工したと発表した。


続きを読む


国民生活センターは、本格的な降雪シーズンを前に、「太陽光発電パネルからの落雪に注意を」と注意を喚起している。同センターでは、2011年2月にも同様の呼びかけを行っているが、その後も相談件数が増加しており、2011年度は63件と対前年度比で約2.3倍、2012年度(12月25日時点)は26件と、対前年同期比で約1.2倍であった。改めて注意を促すことで、事故の未然防止を図りたいとしている。


続きを読む


今回は需要応答(ディマンドレスポンス)の最前線第8回目として、通信規格としての「エコーネットライト」など、需要応答を含むマートハウス規格の国際標準化のための日本の取り組みをご紹介したいと思います。


続きを読む


明けましておめでとうございます。2013年もよろしくお願いいたします


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.