太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

みなさま本年は大変お世話になりました。今年は7月以降、太陽光発電などの固定価格買い取り制度のスタートで大きく変わった一年でした


続きを読む


三菱自動車は、EV派生型のプラグインハイブリッドEVシステムを搭載した新型「アウトランダーPHEV」を2013年1月24日に発売する。価格は、332万4000円〜429万7000円。エコカー減税及び平成24年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(上限額43万円)の対象車で、補助金が適用された場合の実質的な車両本体価格は289万4000円〜。


続きを読む


新エネルギー導入促進協議会(NEPC)は、平成24年度スマートエネルギーシステム導入促進事業費助金(スマートエネルギーシステム導入促進事業)の第二次公募を開始した。


続きを読む


 

環境省は、「再生可能エネルギー出力安定化のための蓄電池導入促進事業」として、大規模蓄電池の導入を支援するための補助事業と、大規模蓄電池による出力安定化効果等を検証するための委託業務を実施する事業者を公募すると発表した。

続きを読む


リニューアブル・ジャパンは、鹿児島県垂水市の協力により市有地を借り受け、メガソーラー「垂水市高峠太陽光発電所」を設置すると発表した。垂水市高峠の南向き斜面約11万8千平方メートルにソーラーパネルを約4万枚設置。最大出力8.8MW、年間約760万kWh(市内一般家庭換算で約2,700世帯分)の発電量を予定。


続きを読む


宮崎県ないでもメガソーラがあちこちに出来てきていますね。来年はさらに今申請中の太陽光発電設備が出来てくるでしょう。


続きを読む


 

経済産業省北海道経済産業局は、北海道地域におけるメガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設動向と課題についてとりまとめた。また、認定を行ったメガソーラーの概要を併せて公表した。


続きを読む


10KW以上の全量買取制度を利用した、太陽光発電を設置した場合には、電力会社側でかかる工事費も太陽光発電の設置者が負担するようになっていますが、その工事費の算定基準について


続きを読む


経済産業省は、平成24年度の再生可能エネルギー固定価格買取制度の買取価格の適用について注意を呼びかけた。


続きを読む


経済産業省は、平成24年11月末時点の再生可能エネルギー発電設備の導入状況(速報値)を発表した。これによると、平成24年4〜11月の再生可能エネルギー発電設備の導入量は、144.3万kWとなった。このうち太陽光発電設備が139.8万kWで、全体の9割以上を占めた。


続きを読む


宮崎県小林市、あちらこちらで50KWの太陽光発電所の受注を頂きましたが、7月〜8月頃に申請をした物件の完成が近くなってきました。


続きを読む


太陽光発電所の着工で、地鎮祭を行ないました。施主様のますますのご発展と工事の安全を祈願して、念入りに拝んで頂きましたよ


続きを読む


ソフトバンクグループのソフトバンクモバイルとSBエナジーは共同で、住宅の屋根を顧客から借り受けて太陽光発電システムを設置し、発電した電気を電力会社に売電する「おうち発電プロジェクト」を開始すると発表した。また、本プロジェクトにおいて、借り受ける住宅の屋根を先着で1,000棟募集する。募集期間は12月21日から2013年3月31日まで。


続きを読む


京都大学、大阪大学、ローム、東京エレクトロンは共同で、高誘電率ゲート絶縁膜(アルミニウム酸窒化物:AlON)を採用したシリコンカーバイド(SiC)パワーMOSFETを開発し、電流駆動力と長期信頼性の向上を達成した。


続きを読む


東芝および東芝グループ会社である東芝電力流通システム欧州社は、イタリア送電会社テルナ(TERNA)社から、同国チェパガッティ市とモンテネグロ国コトル市を結ぶ直流送電システムにおいて、両国に建設する変換所の変電設備、土木工事および据付工事の一式を受注した。


続きを読む


 

再生可能エネルギー固定価格買取制度において、12月10日に運用変更があり、500kW以上の太陽光発電設備の設備認定の申請に、設置場所の土地確保状況を確認できる書類が必須となった。

本制度において売電するためには、事前に設備の認定を受ける必要がある。設備認定とは、法令で定める要件に適合しているか国において確認するもの。


続きを読む


 

11月16日に経済産業省が行った発表では、2012年度においては、4月〜10月で約115.5万kWの再生可能エネルギー発電設備が導入され、うち、9割以上が太陽光発電となっています。

続きを読む


環境省は、国や地方公共団体等の公的機関が製品やサービスを調達する際に、温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約を推進することを目的に施行されている、いわゆるグリーン契約法に基づく基本方針の見直しに当たって、改定案を取りまとめた。これについて、12月7日から平成25年1月4日まで、パブリックコメントを実施する。


続きを読む


 

3つの光吸収層を積み重ねた化合物3接合型太陽電池セルで、世界最高の非集光時セル変換効率となる37.7%を達成した。今回新たに、受光面の総面積に対する有効受光面積の比率を増やすことで、太陽電池の最大出力を向上させ、変換効率を高めることに成功した。


続きを読む


東芝は、住宅用太陽電池として世界最高となる最大モジュール変換効率20.1%を実現した250Wのモジュールを採用した住宅用太陽光発電システムを開発し、12月17日から発売する。


続きを読む


スフェラーパワー(京都府京都市)は、福井県工業技術センターと共同で、世界初となる球状太陽電池「スフェラー®」を織り込んだ発電する布地(テキスタイル)の試作に成功したと発表した。試作された太陽光発電テキスタイルは、受光角度が広く、光の透過性を確保できる球状太陽電池スフェラー®の特長と、軽量、フレキシブル性、伸張性といったテキスタイルの特長を兼ね備える。


続きを読む


太陽光発電がメンテナンスフリーではないことは、ブログでも何度となく伝えてきましたが、風力発電でも同様です。

 
風力発電は、プラント自体は海外メーカーのものも多いのが実状です。

続きを読む


自治体による低炭素まちづくり計画の作成や低炭素建築物新築等計画の認定制度を定めた、都市の低炭素化の促進に関する法律(平成24年法律第84号)が12月4日に施行される。


続きを読む


太陽光発電の設置は今年の7月から急速に増えて、来年春頃までにはあちこちのに太陽光発電が設置されていることと思います。


続きを読む


政府は11月27日に開催した閣僚によるエネルギー・環境会議で、省エ推進や再生可能エネルギーの普及拡大などを盛り込んだ「グリーン政策大綱」の骨子案を示した。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.