太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

北海道ガスは、10月1日より「地球温暖化対策のための石油石炭税の税率の特例」が導入・施行されたことに伴い、2013年1月1日から、一般ガス供給約款および選択約款を変更すると発表した。


続きを読む


国内スマートコミュニティ関連市場は、2011年に1兆1,221億円となったが、2012年は前年比30.9%増の1兆4,683億円、2020には2011年比3.4倍の3兆8,008億円となる見込み。次世代交通・インフラ及びクリーンエネルギー領域が牽引する形で市場拡大する。総合マーケティング会社の富士経済が、2012年7月から9月にかけ、同関連市場を調査したレポートの中で発表した。


続きを読む


京セラ子会社の京セラソーラーコーポレーション(KSC)と大阪ガス子会社のエナジーバンクジャパン(EBJ)は、滋賀食肉センター内(滋賀県近江八幡市)に約2,000kWの太陽光発電設備を設置する。平成25年10月に竣工、11月までに売電を開始する予定。


続きを読む


日本コカ・コーラは、富士電機と共同で開発した、夏の日中消費電力を95%削減するとともに、冬の電力抑制にも貢献する「ピークシフト自販機」を、2013年1月から全国で設置を開始すると発表した。初年度の設置目標台数は25,000台。


続きを読む


福井県越前市は、降雪量の多い同県内では初めて、市有施設の「屋根貸し」による光発電事業を実施することとし、参加する事業者を公募すると発表した。公募対象施設は、排水処理施設や小中学校屋内運動場など8施設で、延べ南側屋根面積は約4,100平方メートル。公募型プロポーザル方式により施設毎に事業予定者1者を選定する。平成26年3月31日までに発電開始を目指す。


続きを読む


経済産業省は、各種エネルギー関係統計等をもとに、エネルギー需給実績の速報を取りまとめて発表した。これによると、「最終エネルギー消費」は、生産量の減少や節電効果等により、前年度比▲2.9%で減少(1990年度比では+4.7%)。


続きを読む


太陽光発電協会(JPEA)は、住宅用太陽光発電システムの施工における一定水準の品質の確保・向上を目的に、「PV施工技術者制度」を創設すると発表した。本制度は、一般住宅への太陽光発電システム設置の際に必要とされる施工者の基礎的な知識や技術の習得レベルを、事業者団体である同協会が認定するもの。これにより界全体の施工品質水準の確保・向上を図る。


続きを読む


 

【2】東日本大震災・東電福島原発事故後に講じたエネルギーに関する主な施策

  1. 電力需給対策
  2. 原子力発電所再起動
  3. 電力料金制度の見直し
  4. 再生可能エネルギー固定価格買制度導入
  5. 省エネルギー法改正に向けて

以下全文


続きを読む


経済産業省は、平成24年10月末時点の再生可能エネルギー発電設備の導入状況(速報値)を取りまとめ、公表した。平成24年4月から10月における再生可能エネルギー発電設備の導入量は前月比24.3万kW増の115.5万kWとなり、7カ月間で原子力発電一基分(約100万kW)に相当する導入量となった。このうち、9割以上を太陽光発電設備が占めた。太陽光発電設備は前月比24.1万kW増の112.6万kWだった。


続きを読む


太陽光発電協会は、平成24年度第2四半期(平成24年7月〜9月)の国内における太陽電池セル・モジュールの出荷量(発電能力ベース)について、調査した結果を発表した。


続きを読む


ソフトバンクグループのSBエナジーは、モンゴルの投資会社ニューコム(Newcom LLC)と共同で、モンゴルにおける自然エネルギー発電の探査会社として「Clean Energy Asia LLC」(モンゴル国ウランバートル市)を設立したと発表した。


続きを読む


台北 101は高さ509m、現在世界で一番高いグリーン・ビルディングだ。完成後の2004年から、ドバイのブルジュ・ハリファがオープンする2010年まで、高層建築と都市居住に関する国際委員会(CTBUH)が公式に認める世界一高いビルでもあった。


続きを読む


東芝ライテックは、LED照明シリーズ「E−CORE(イー・コア)」にLED高天井器具を追加し、来年1月15日より発売する。同製品は、大型の工場・倉庫などの高天井空間で使用されている1kW形メタルハライドランプ高天井器具とほぼ同等の明るさを実現したのが特長。


続きを読む


 

ファーマフーズは、グループ会社である京都福田が所有する土地において、太陽光発電事業を開始すると発表した。敷地面積は8万4,480 平方メートル。出力規模は約4.5MW、初年度年間発電量は約480万kWで、京都府内では最大規模のメガソーラーとなる。


続きを読む


熊本県は、未来型エネルギーのトップランナーとして新エネ・エネ先進県を目指すため、全国に先駆けて、熊本県におけるエネルギー政策の方向性を示した「熊本県総合エネルギー計画」を10月に策定し、公表した。


続きを読む


Vestasの依頼によって行われた世界規模の2つの調査によると、85%の消費者が再生可能エネルギーの増加を望み、再生可能エネルギーで製造された製品が高価でも購入したいという回答は49%に上った。一方で、企業の間では再生可能エネルギー投資への選好が継続している。


続きを読む


今年の7月以降太陽光発電の需要が爆発的に伸びています。10月末からさらにその流れは増し、各メーカーでは部材の欠品が相次いでいます。

太陽電池よりも周辺機器の供給不足が目立っているようで


続きを読む


自治体が、資産の有効活用と太陽光発電の導入を目的に、公有施設の屋根を太陽光発電事業者に貸し出す「屋根貸し事業」の実施を相次いで発表している。佐賀県では、農業試験研究センター、高等学校など10施設において、富山市では総合体育館など3施設において、屋根貸し事業者を募集する。


続きを読む


太陽光発電システム鑑定協会は、10月より太陽光発電システムの検査サービスを本格的に開始した。今まで発見が比較的困難だった太陽光パネルの不具合を自動検出する装置を使用し「短時間」「低料金」の検査サービスを提供する。基本的には会員向けだが、一般ユーザーも受けられる。検査費用は、一般住宅の場合、会員2万円、非会員3万円。


続きを読む


みずほコーポレート銀行は、国内の太陽光発電事業者を支援することを目的に、太陽光発電事業を投資対象とするファンドを通して、 総額50億円の投資を行うと発表した。ファンドの運営は、みずほフィナンシャルグループの傘下会社が新たに設立する「みずほメガソーラー ファンド」が行う。


続きを読む


経済産業省は、11月から3月まで、冬季の省エネルギー対策を促進する「冬季の省エネルギー対策」を決定した。今冬については、電力需給対策に取り組む必要が高いため、別途決定される電力需給対策と一体となる形で、省エネに関する取組を推進する内容になっている。

政府は、国民に省エネ・節電対策の実践の協力を呼びかけるとともに、自らも率先して、エアコンの設定温度の適正化や照明の削減など、省エネ・節電の実践に取り組む。具体的な対策内容は、以下の通り。


続きを読む


 

テュフ ラインランドジャパンは、横浜市にある太陽光発電評価センター(SEAC)において、太陽電池モジュールの複合加速劣化試験サービスを開始した。

本サービスは、太陽電モジュールに対して、自然環境を模擬した、光、温度、湿度を複合的に加える(印加)ことが可能な、新しい試験サービスで、日本でこうした試験が提供されるのは初めて。


続きを読む


関電工は、再生可能エネルギーを利用した発電事業へ本格的に進出すると発表した。風力発事業会社を買収するとともに、メガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設やマイクロ水力発電設備の開発に着手する。


続きを読む


NTTスマイルエナジーは、ビルの屋上や遊休地など、ネットワーク環境設備の整っていない環境や屋外に設置された太陽光発電システム向けに、通信機能を内蔵して屋外設置が可能な遠隔監視モニタリングサービス「エコめがね全量モバイルパック」を12月1日より販売開始する。


続きを読む


関西電力は、電気料金の値上げの具体的な検討を開始した。同社は、10月29日に平成24年度第2四半期決算を発表したが、大飯発電所3、4号機以外の原子力プラントが再稼動の目途が立たず、火力燃料費等の負担が大幅に増加し、収支は極めて厳しい状況となっている。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.