太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

三菱UFJリースは、タイで実施されるメガソーラー発電プロジェクトを対象に、プロジェクトファイナンス型のリースを行うと発表した。本メガソーラーの最大出力は2MW。同社は、2013年3月の運転開始にあわせて8年間のリースを実施する。リース料は本プロジェクトによって生まれる収入を原資として回収する。


続きを読む


東芝は、リチウムイオン電池「SCiB™」について、開発の効率化とスピードアップおよび量産製造体制の強化を目的に、新潟県柏崎市と長野県佐久市の2拠点で進めている開発と量産製造を柏崎工場に一本化すると発表した。


続きを読む


メガソーラー建設と騒がれる今日この頃ですが、一つのメガソーラを建設するのに数億円はかかるので、一般の私達には想像がなかなか出来ないお話! ところでメガソーラーとは具体的にどんな物?というとメガ=でかい!なんですが、実は電気の単位なんです


続きを読む


丸紅は、子会社の丸紅エネックスと昭和電工等が大分県大分市の大分臨海工業地帯6号地に所有する土地合計約105haに、メガソーラーを建設し、発電事業を行うと発表した。発電出力は8万1500kWで、単一事業者による1ヶ所での事業規模としては国内最大級。


続きを読む


エネルギーファームは、太陽光発電の発電量を10〜20%アップできる発電シート「太陽光発電アシストシート」を発表した。同製品は、架台の前部、通路、背面部などに反射シートを設置し、これまで利用できなかった光を太陽光パネルに集めるもの。


続きを読む


太陽光発電協会(JPEA)は「平成24年度再生可能エネルギー発電設備等 導入促進支援対策事業(再生可能エネルギー発電設備等導入促進支援復興対策事業費補助金)」の補助金交付先を発表した。太陽光発電設備で403件、太陽光発電以外では3件の申請があった。


続きを読む


宮崎県は日射量も高く、太陽光発電の設置には非常に適した条件がそろっていますが、大きな屋根がないということで、太陽光発電の設置を諦めていらっしゃる方が、意外と多いのです。


続きを読む


「浮島太陽光発電所」。

最大出力7,000kW、年間の発電電力量約740万kWh、一般家庭2,100軒分の使用電力量に相当、CO2排出量削減効果は年間約3,100t―という規模の大きさ、元廃棄物処理場と言う土地の有効活用、発電量アップのための放水など、今後の国内メガソーラーにとって大きな「テストモデル」となっています。
 

続きを読む


自治体が資産の有効活用と太陽光発電の導入を目的に、相次いで、公有施設の屋根を太陽光発電事業者に貸し出す「屋根貸し事」の実施を発表している。福岡県と岐阜県は公立の学校において、神戸市は六甲アイランド地区の航空貨物上屋において、屋根貸し事業者を募集。また、岐阜県と神戸市は、公有財産の土地を貸し出し、メガソーラー事業者を行うことも発表し、事業者を募集している。


続きを読む


サンラボブ・ルーラル・エネルギー(本社:ヴィエンチャン)は、ラオスで初めて、太陽光充電スポットの設置、充電式ランタンの支給を行う革新的な再生可能エネルギー供給事業者だ。


続きを読む


ダイヘンは、国内仕様において業界トップの変換効率を実現するとともに、新たに開発した2つの技術を用いることで、落雷等の事故時においても安定的に電力を供給し続けることが可能な太陽光発電用500kWパワーコンディショナを発売する。


続きを読む


ソーラーフロンティアは、CIS薄膜太陽電池モジュール生産の主力工場である国富工場(年産900MW)の効率性が継続的に向上していることから、宮崎第二工場(年産60MW)における現行仕様の太陽電池モジュールの生産を2012年末に一時休止することにした。宮崎第二工場は、今後、開発中の新たな太陽電池を生産するための評価に入る。


続きを読む


ソーラーフロンティアは、スペインのエンジニアリング会社であるイベリンコ社と1.5メガワットピーク(MWp)のソーラーフロンティア製CIS薄膜太陽電池の納入を完了した。


続きを読む


京セラは、ドイツのフラウンホーファー研究機構シリコン太陽光発電研究センター(フラウンホーファーCSP)が公表した耐PID試験の結果、同社製太陽電池モジュールの出力低下がなかったことが明らかになり、独立機関による品質試験で大きな成功を収めたことを発表した。


続きを読む


オムロンは、小型UPS国内メーカシェア第1位の無停電電源装置(UPS)を中国の現地法人・欧姆龍自動化で10月15日より販売する。


続きを読む


富士経済は、2012年7月より施行された固定価格買取制度(FIT)により需要拡大が期待される「太陽光発電システム」や「風力発電システム」「地熱発電システム」「小型水力発電システム」をはじめ、それら不安定な自然エネルギーの普及により必要性が高まっている「蓄電システム」、新エネルギー関連として注目される「燃料電池システム」や「ヒートポンプ式給湯システム」の国内市場を調査し、その結果を報告書「2012優遇政策導入で加速するエネルギーBOS市場の現状と将来展望」として発表した。


続きを読む


経済産業省は、2012年9月末時点での再生可能エネルギー設備の認定状況を公表した。定価格買取制度開始以後、経済産業大臣による備認定を受けた新規設備は、9月末時点で約178万kWとなり順調な滑り出しとなった。年度末まで約250万kWの導入目標に対して、3カ月間でその7割を達成した。


続きを読む


順調な滑り出し」だが...

2012年8月末現在の固定価格買取制度認定設備の総容量が1.3GWに達した。資源エネルギー庁は現状を「順調な滑り出し」と評している。特に、非住宅用太陽光(725MW)、風力(262MW)は、これまでの施策で導入が進んでいなかっただけに、買取制度の効果が具体的に表れた形だ。今後、現行の買取価格が適用される来年3月末に向け、認定件数・容量は大幅に伸びることとなろう。


続きを読む


宮崎県は、「宮崎県再生可能エネルギー等導入推進基金」(9億円)を造成し、災害時に地域の防災拠点となる民間施設に、太陽光発電等の再生可能エネルギー設備等を導入する場合に助金を交付する。本基金事業の実施期間は平成25年度から28年度までの4年間。


続きを読む


新日本有限責任監査法人は、9月18日付で戦略マーケッツ事業部内に「再生可能エネルギー支援室」を設置した。日本のエネルギー政策(再生可能エネルギーの推進)をサポートするとともに、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用した発電事業に対するサポート体制を強化するのが目的。


続きを読む


東京都は4日、都議会で、水力発電所で発電した電気を、一般電気事業者だけでなく特定規模電気事業者(新電力)にも販売できるようにする改正条例を可決した。これまで、都が多摩川の流水を利用して発電する電気の販売先は、事実上、一般電気事業者である東京電力1社に限られていた。改正条例の成立により、競争入札で業者を選定し、増収と電力市場の活性化を推進する。施行日は11月1日。


続きを読む


東芝と日立製作所は、国際電気標準会議(IEC)に電気エネルギー貯蔵システム(EES)に関する新たな専門委員会(TC)の設立を提案し、10月1日のIECオスロ大会において承認された。本TCは、スマートグリッド分野で初めて日本が主体となって設置されるもので、このTCの運営を行う国際幹事に日本が選ばれた。


続きを読む


さて最近では、メガソーラーや全量買い取りなどと騒がれていますが、中小企業や個人には遠い話だと思っていませんか? 10KW以上を超える太陽光発電を設置すれば全量買い取りにすることができますので、大きな屋根や、裏庭などでも少々の土地があれば設置が可能です。


続きを読む


経済産業省は、10月1日に「第27回国内クレジット認証委員会」を開催し、申請があった64件(合計国内クレジット量3万4035トン-CO2)について国内クレジットの認証を行った。


続きを読む


ソーラーフロンティアは、CIS薄膜太陽電池モジュールを使った世界最大級の太陽光発電プロジェクトにおいて、80メガワットピーク(MWp)のソーラーフロンティア製CIS薄膜太陽電池モジュールの供給を完了した。


続きを読む


AGCは、高砂工場(兵庫県高砂市)の屋根を活用して、発電容量約5MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設する。同社の薄くて強いガラス"Leoflex"を搭載した超軽量太陽光パネルを一部に採用することで、従来型では設置が難しいスペースも有効活用し、屋根に設置する発電システムとしては国内最大規模となる。2013年3月の稼働開始を目指す。


続きを読む


大阪大学産業科学研究所の研究グループは、太陽光で発電する紙を世界で初めて開発した。この紙は、木材パルプ繊維から作った透明な紙の上に、銀ナノワイヤ透明導電膜と有機太陽電池素子を搭載しており、世界最高の変換効率・軽くて折りたためる・低温プロセスという3つの特徴を有する。この紙を折りたたんで持ち歩けば、いつでも、どこでも太陽光で発電することができる。


続きを読む


新日鉄エンジニアリングは、同社が開発した回転圧入鋼管杭「NSエコスパイラル®」が、日揮が来春稼働予定の大型メガソーラー(26.5MW)で採用されたと発表した。同社のメガソーラー(1MW以上)基礎での実績は4件目となる。


続きを読む


東京都は、「発電事業者」と太陽光発電設置用に貸付けを希望する「屋根」を募集し、「屋根貸しビジネス」のマッチングを図る取り組みを開始する。まず、本ビジネスにおいて、屋根の借り受けを希望する発電事業者を募集する。募集期間は、9月27日から10月12日まで。発電事業者の応募方法は東京都環境局ホームページに掲載されている。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.