太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

 

7月からスタートしている太陽光や風力で発電した再生可能エネルギーの全量買取制度について、経済産業省から8月末時点の状況が発表されました。
すでに全国で約68万kWが導入済みとなっており、そのうち、9割以上が太陽光発電となっています。

続きを読む


安川電機は、避難施設や体育館、公民館などの防災上の拠点を対象として、省エネ機能と災害発生時機能を持ったエネルギーマネジメントシステム「スマートシェルター」を開発した。2013年1月より販売。2013年度は年50システムの販売を目指す。


続きを読む


経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づき、再生可能エネルギーを利用した発電事業を行う事業者が、電気事業者と契約を締結する際に活用可能なモデル契約書を作成し公表した。


続きを読む


オムロンは、戸建や集合住宅向け、再生可能エネルギーの固定価格買取制度にも対応可能な屋外設置型パワーコンディショナとして、11月に「KP55M-J4:5.5kWタイプ」、12月に「KP44M-J4:4.4kWタイプ」を発売する。


続きを読む


9月21日、東京都内で開催された自然エネルギー協議会で、ソフトバンク・孫正義氏が太陽光発電の屋根貸し事業への参入を表明した。


続きを読む


京セラは、滋賀八日市工場の環境負荷を低減するため、出力100kW の同社製太陽光発電システムを増設し、稼動を開始した。これにより同社グループ国内拠点の設置容量合計は2MW を超え、CO2の年間予測削減量は650t 以上となる見込み。


続きを読む


NEDOは、米国ニューメキシコ州において同州政府等と共同で取組んでいる日米スマートグリッド実証プロジェクトのひとつ、ロスアラモス郡の実証サイトが完成、本格的な実証運転を開始したと発表した。本事業では、NEDOから委託された東芝や京セラなど国内11社がスマートグリッド実証とスマートハウス実証を行う。


続きを読む


経済産業省は、2012年8月末時点での再エネ設備認定状況(件数、出力)を公表した。これによると、2012年度において、4月〜8月末までに約68万kWが導入済み、そのうち9割以上が太陽光発電となっている。


続きを読む


東芝グループは、東日本大震災からの復興支援活動の一環として、岩手県への観光集客力の拡大に貢献するため、世界文化遺産に登録されている岩手県平泉の中心的構成資産である中尊寺に、LED照明設備と太陽光発電システムを寄贈すると発表した。


続きを読む


 

再生可能エネルギーの固定価格買取制度で、事業参入が相次いでいます。
 政府が発表した7月末時点での設備認定数は、太陽光発電でみると、全国で1029件(10kW以上)・出力数300,705kW。うち1MW以上が81件、出力では243,102kWと8割以上を占めています。住宅向けの太陽光や小水力、風力などを含めると、全体で33,695件、出力566,853kW。

続きを読む


百五銀行(三重県津市)は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づいて、太陽光発電事業を行う顧客向けに、新しい融資商品の取り扱いを9月3日より開始した。本商品では、同事業にかかわる設備資金を長期間にわたって利用できるように、融資期間を最長20年、固定金利を希望する場合も最長20年とした。


続きを読む


最近お問い合わせが多いのが、今太陽光発電がついているのだけれど、屋根の面積がまだ十分にあるので増設でもっとたくさん設置がしたいという事です。


続きを読む


太陽光発電の業界団体である太陽光発電協会(JPEA)は、10月17日(水)、18日(木)(9:30〜17:30)の2日間にわたり、「第29回太陽光発電システムシンポジウム」を開催する。


続きを読む


フォーハーフは、同社提案の「福島ソーラーシェアリング事業」が平成24年度福島実証モデル事業に採択されたと発表した。原子力災害警戒区域から解除されたばかりの南相馬市小高区において、出力50kW程度の小規模太陽光発電所を建設し、空中架台の強度や耐久性、コスト削減方法を検証する。


続きを読む


釣り具メーカーの富士工業株(静岡県静岡市)は、京セラとの共同事業として、メガソーラー(大規模太陽光発電所)事業を開始すると発表した。同社菊川工場の遊休地を活用して、2MW規模のメガソーラーを建設する。完成予定は2013年3月。


続きを読む


大規模太陽光発電メガソーラーは数億円の投資が必要になるほか、広大な土地が必要でなかなかそんな土地が無いのが現状、宮崎でも平坦で広大な土地というと田んぼや畑しかない、これを農地から外すことができないのが今の法律です。もちろん優良農地を無くすわけにはいきませんから、土地探しが大変です。


続きを読む


富士通およびレオパレス21は、福島県下において、「ICT技術」と「屋根貸し太陽光発電事業」を融合した仮想型太陽光発電所の実証検証を開始すると発表した。福島県全域出力で、レオパレス21のアパート60棟相当に相当する太陽光発電を束ね、合計1MW規模の仮想発電所を設置する。実証期間は2012年9月から2014年2月末まで。


続きを読む


固定価格買取制度(FIT)が7月にスタートし、太陽光をはじめとする自然エネルギービジネスが本格的に始動しました。大きなビジネスチャンスがあると見込んで、多くの事業者が太陽光・自然エネルギー事業に参入しています。一方で、20年という長期スパンの買取期間や、不透明な次年度以降の買取価格により、『長期計画が立てにくい』『リスクがどのくらいあるのか不安だ』という声も多く聞かれます。


続きを読む


京セラは、太陽電池の基幹デバイスである太陽電池セルに「3本バスバー電極構造」を採用した太陽電池モジュールについて、国内における特許を取得したと発表した。


続きを読む


日立アプライアンスは、人や部屋の状況を素早く把握する新開発の「くらしカメラ」を搭載し、快適性を保ちながら節電運転を行うルームエアコン「ステンレス・クリーン 白くまくん」Sシリーズ全8機種を10月下旬から順次発売する。全機種オープン価格で、当初月産台数はシリーズ合計で3万台。


続きを読む


ソーラーフロンティアは、銅、亜鉛、スズ、硫黄、セレンを主成分とするCZTS太陽電池で、CZTS太陽電池セルのエネルギー変換効率として世界最高記録となる11.1%を達成したと発表した。IBMコーポレーション、東京応化工業、DelSolar社と共同研究によって実現した。


続きを読む


独太陽電池大手のQセルズグループは、韓国の大手財閥企業である韓国ハンファグループによる買収に合意したと発表した。ドイツの研究開発・製造拠点および日本を含む海外拠点も含め、Qセルズの事業の大部分がハンファグループに移管される。


続きを読む


富士電機は、メガソーラー用パワーコンディショナー「PVIシリーズ」に、小規模クラス(2MW未満)のメガソーラー市場に最適な500kW品の容量系列を拡充し10月から発売する。「PVIシリーズ」全体で2014年度は70億円の売り上げを見込む。


続きを読む


損害保険ジャパンは、太陽光発電事業者向けに、火災保険にセットする「売電収入補償特約」を10月1日から発売する。太陽光発電システムが火災や自然災害などにより損害を被り、事業計画上の発電量に達しない場合の営業利益の減少分を補償する保険商品で、発売後1年間で、契約件数1,000件、保険料収入約2億円を見込む。


続きを読む


応用電機(京都府城陽市)は、浜松工場(静岡県浜松市)及び熊本工場(熊本県菊池市)の敷地に、あわせて出力2,400kWの太陽光発電所を建設すると発表した。ともに来年3月の稼働開始を目指す。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.