太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

ソフトバンクグループで太陽光発電事業を展開するSBエナジーは、2つのメガソーラー(大規模太陽光発電所)事業の実施について発表した。大阪府泉大津市では府所有地に18.9MWのメガソーラーを、また、鳥取県米子市では三井物産と共同で39.5MWのメガソーラーを建設する。


続きを読む


太陽光発電協会は、太陽電池セル・モジュールの平成24 年度第1 四半期出荷量について調査を行い、その結果を公表した。同調査は、国内32社のセル・モジュール関連企業を対象に実施したもの。


続きを読む


省エネ庁は、認定された発電設備の発電出力を変更する場合の手続きについて、従来は事前に「変更認定申請」手続を行う必要があったが、8月27日より、一定の範囲内での出力の変更については「軽微変更届出」により手続が可能となったと発表した。これによって電力会社との間の契約手続を速やかに進めることができるようになる。


続きを読む


韓国の大手財閥企業であるハンファグループが、4月に会社更生法の申請を行った、独太陽電池メーカー大手のQセルズの買収に向けて動き出したことがあきらかになった。Qセルズが8月27日に発表した。


続きを読む


経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度について、7月末時点での「設備認定」の状況を公表した。これによると、認定件数は「太陽光(10kW未満)」が32,659件で最も多く、ついで「太陽光(10kW以上)」1,027件、「風力(20kW以上)」6件、「水力(200kW未満)」3件で、合計33,695件となっている。一方、認定出力は「太陽光(10kW以上)」が300,705kWで最も多く、ついで「太陽光(10kW未満)」143,933kW、「風力(20kW以上)」122,000kWで、合計566,853kWとなっている。


続きを読む


ソーラーフロンティアは、電気安全環境研究所より、太陽電池モジュールの長期信頼性と、その長期保証体制を組み合わせた品質に関する新たな認証である「JETPVm(信頼性保証体制)認証(JIS Q 8901)」の認定を受けたと発表した。本新認証の取得は第一号となる。


続きを読む


スマートシティを目指す「足利市民総発電所構想」を掲げ、スマートグリッド通信インタフェース導入事業に取り組む。本事業では、市内公共施設のBEMS(電力監視装置)などをネットワークにより一元管理することで、地域全体での電力使用状況等に応じた各施設の節電を効率的に実施することを目指している。 栃木県足利市


続きを読む


宮崎県の太陽光発電システム補助金は本日23日で予算をオーバーして終了しました。本日中に到着した申請書は抽選となるようです。


続きを読む


電気事業連合会は、8月20日に「欧州の電力市場自由化の課題から学ぶ、日本の電力システム改革」と題する電力レポートを発表した。市場機能だけでは、必要な発電容量を安定確保するための、火力や原子力などの従来型電源への投資インセンティブが働かず、安定した電力の確保には何らかの制度が欠かせないと指摘している。


続きを読む


 

ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスの調査によると、カリフォルニア州では、規制に関する不確実性の減少と、原子力発電所の停止に関する懸念から、二酸化炭素排出権価格が急騰しており、米国で最も人口の
多いこの州の炭素価格は、はるかに歴史の長い欧州連合の排出権取引システムの価格の2倍以上に達している、と発表した。

続きを読む


城南建設は、太陽光発電システム、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)、家庭用リチウム蓄電池、オール電化システム(エコキュート、IHクッキングヒーター)を標準搭載したスマートハウス「QUAD ZERO(クアッド・ゼロ)」を発売した。


続きを読む


総合マーケティング会社の富士経済は、2012年2月から5月にかけて世界の低速電気自動車(LEV)と電動トラック・バスの現状を調査し、その将来を予測した結果を発表した。最高速度が時速90km以下の電気自動車(EV)を対象としたLEVの市場は2011年が337億円、2020年は880億円(2011年比2.6倍)になる見通し。LEVはEV普及へのつなぎとして期待されており、EVが本格普及すればEVへのシフトが進むと考えられる。電動トラック・バスの市場は2011年が451億円、2020年は1,900億円(2011年比4.2倍)となる見込み。電動トラック市場は現時点では日米欧などの先進国が中心であるが、トラック全体の市場が拡大している東南アジアなどの新興国においても、徐々にHVやEVなど電動化が始まるとみている。


続きを読む


環境省は、平成24年度温泉エネルギー活用加速化事業の2次募集を開始した。同事業は、地域特性に応じた温泉エネルギーの自立的普及のため、温泉熱の利用を行う民間事業者の取組を支援するもの。


続きを読む


みずほ系リース会社の東京センチュリーリース(TCL)と京セラは、太陽光発電による売電事業を共同で実施すると発表した。本事業を行うために共同出資し、TCLが主体となるSPC(特別目的会社)を設立する。既に大分県、香川県、福岡県、山口県において9案件、合計約16MWの事業化が内定しており、初年度となる2012年度は15〜20案件相当、合計30〜35MWの事業を予定している。


続きを読む


スマートプロジェクトとビットメディアは、東京電力、関西電力管内の家庭を対象に、一定の節電を達成したネット登録世帯に抽選で景品等を進呈するプログラム「家庭の節電行動2012」を実施している。また、直接実施しているネット登録型プログラムのほか、誰でも参加できるものとして、国や自治体で推進しているエコポイント制度の利用なども呼びかけている。


続きを読む


1.背景 

電気事業法(以下「法」という。)第38条第1項第2号の規定により、一般用電気工作物は、「受電するための電線路」以外の電線路により構内以外の場所にある電気工作物と電気的に接続されていない設備とされている。従来は、1構内1引き込みが原則であったため、一般家屋等に施設され
る出力50kW未満の太陽電池発電設備は一般用電気工作物と整理されていたが、今年4月の電気事業法施行規則改正に伴い、再エネ設備については1構内2引き込みが認められることとなったため、その保安上の扱いについて整理する必要がある。

続きを読む


九州大学応用力学研究所は、九州電力及び西日本技術開発と共同で「非定常・非線形風況シミュレータ(RIAM-COMPACT® リアムコンパクト)を用いた高精度な最適配置選定手法の確立に係わる共同研究」を平成22年より2年間実施してきた。


続きを読む


梅雨があけたと思うと猛暑が続いているこのごろですが、屋根の上はさらに生卵を落とすと目玉焼きができそうなくらい、熱ーくなっております。


続きを読む


茨城県は、災害に強く環境負荷の小さい地域づくりを推進するため、地域グリーンニューディール基金を活用して、防災拠点や避難所等となりうる民間施設へ再生可能エネルギー及び蓄電池等を導入する事業主に、設置費用の一部を補助する。


続きを読む


武蔵野銀行は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度 を活用し、太陽光発電事業へ参入する顧客向けに、8月10日より、むさしの太陽光発電事業支援融資「太陽の恵み」の取扱いを開始する。同商品のはご融資期間がは最長20年で、長期間にわたる太陽光発電事業を安定的に支援できるのが特長。


続きを読む


宮崎大学は、新潟大学との間で共同研究契約を結び、宮崎県の支援により、精密光学機器メーカーの三鷹光器が開発した「ビームダウン式太陽集光装置」を同大木花キャンパスに設置した。ビームダウン式は、へリオスタット(反射鏡式集光装置)により反射された太陽光を中央タワー上部の楕円鏡で再び反射し、下に向かって太陽光を集める方式。同装置は、ビームダウン式としては国内最大級で、世界最高レベルの集光度を誇る。


続きを読む


大東建託は、2012年8月から、再生可能エネルギーの量買取制度の"屋根貸し"を利用し、オーナーと一体になって賃貸建物の屋根を活用する「太陽光発電スキーム」を開始した。また、太陽光発電設備または電力アグリゲーター設備が設置された管理物件への入居者を対象に、賃貸建物入居者が経済メリットを得られる「省エネ&エコ運動」を平行して推進する。


続きを読む


平常時のCO2の削減と、災害時における自立的な電源の確保を図るため、指定避難所となる学校等に太陽光発電と蓄電池を組み合わせた防災対応型太陽光発電システムを導入するにあたり、システムの設計・施工を行う事業者を募集する。8月中に参加表明書、技術提案書等を受け付け、9月に審査を行い事業者を選定。2013年4月以降稼働予定。


続きを読む


住友商事グループのITサービス会社、SCSK(東京都江東区)は、東京大学名誉教授の宮田秀明氏が設立した社会システムデザイン(東京都港区)と共同で、気象予報をもとに太陽光発電および大型蓄電池を効果的に活用するエネルギー管理システム(EMS)を開発し、実用化に向けた実証実験を、7月から開始すると発表した。実証実験は、SCSKの多摩センターオフィス(東京都多摩市)において実施する。


続きを読む


海の上にメガソーラー

新会社の設立は7月10日。資本金は約43億円。出資会社は、京セラ、KDDI、IHI、九電工、京都銀行、鹿児島銀行、竹中工務店の計7社。


続きを読む


原子力安全・保安院は、6月29日にいわゆる屋根貸しによる太陽電池発電設備の取扱い及び電気主任技術者制度の運用等についての整理を行ったが、7月24日付けで内容の明確化を行い通知した。


続きを読む


経済産業省は、地方自治体等を対象とした「次世代エネルギーパーク計画」の公募を開始した。次世代エネルギーパークは、再生可能エネルギーをはじめとした次世代のエネルギーに、実際に国民が見て触れる機会を増やすことを通じて、地球環境と調和した将来のエネルギーの在り方に関する理解の増進を図る計画を同省が認定するもので、これまで全国で41件が認定されている。


続きを読む


環境共創イニシアチブ(SII)は、工場等で省エネ設備を導入する企業へ補助金を交付する事業において、2次募集を実施する。公募期間は7月25日から8月24日17:00必着まで。また、1次募集で応募があった675件の中から、540件の事業者を決定したと発表した。総額約92億円で、これらによる省エネルギー効果は原油換算で年間約125,098KLを見込む。


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.