太陽光発電、オール電化、電気 設備工事、何でもご相談ください。

総設スタッフブログ

  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

太陽光発電の固定価格買い取り制度は、明日7月1日よりスタートします。


続きを読む


ドイツの太陽光メーカーQセルズは、同社グループの全製品に採用されている「耐PIDテクノロジー」が、PID現象発生のリスクを抑え、最大出力を保証することが欧州最大の研究機関として知られるフラウンホーファー研究機構のシリコン・光起電力センター(フラウンホーファー研究機構CSP)で認定されたことを発表した。


続きを読む


 全量買取制度で発電事業に乗り出すのは、新規事業展開を狙った企業だけではありません。小規模分散型の再生可能エネルギーだけに、普及量拡大のもっとも重要な担い手は、地域から新たに現れる、地域の市民や企業、NPO、自治体などによる事業者です。


続きを読む


先日、初めて請け負った公共工事の完成検査をうけました。

私が会社員だったころから、宮崎県や宮崎市の工事をしていると、電気屋としていっちょ前というイメージがあり、いつかそんな電気屋になりたいなと27歳で独立して以来、思い続けていました。


続きを読む


電力不足に悩まされそうな、今年の夏ですが、本当に電気が足りなくなって計画停電になる前にメールで節電を呼びかけるサイトが九州電力のホームページの中に出来ています


続きを読む


7月1日からの全量買取制度の決定に伴い、大手企業は次々とメガソーラー事業へ参入し始めています。全量買い取り価格の区切り目は来年3月31日、毎年年度ごとの更新となります。 金額が大きいことや、工事期間が長い事などがあり、住宅用とは異なり早いうちから計画的に行動しなければ、うまくいかないでしょう。


続きを読む


夏場の電力不足は深刻そうで、計画停電を行なわなければいけなくなると仕事面でも、生活面でも非常に困りそうです。


続きを読む


 

JR九州、太陽光発電事業への参入を発表 宮崎県都城駅にメガソーラーを建設
 
JR九州グループは、都城駅北側においてメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設し、太陽光発電事業を行うことを発表した。JR九州グループの未利用地を有効活用することで、循環型社会の創出に向けて取り組む。
 

続きを読む


今日も一日中雨の宮崎!梅雨明けはまだでしょうか?これでは太陽光.発電も発電しませんね


続きを読む


経済産業省資源エネルギー庁は、平成24年6月18日、再生可能エネルギー固定価格買取制度について、調達価格・調達期間及び賦課金単価を含む制度の詳細を公表した。


続きを読む


売電利益で産業と雇用を創出!

再生可能エネルギーの固定価格買取制度が、7月1日から始まります。

事業者や個人が太陽光発電・風力・地熱・水力・バイオマスによって発電した電力を、電力会社に一定期間・価格で買い取る事を義務づけ、再生可能エネルギーの普及促進を図ろうというもの。


続きを読む


7月から始まると言うのに未だにはっきりとしていない再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度


続きを読む


24年7月の固定価格買取制度の開始に伴い、今後は大型の太陽光発電システムが増えてくる事は間違いないでしょう。


続きを読む


新しいグリーン投資減税と税制優遇を利用すると、産業用太陽光発電がさらに設置メリットが出てきます


続きを読む


 

宮崎ではありませんが、北海道電力では、家庭で電気を使用する顧客を対象に「みんなde節電キャンペーン」を実施することを発表した。これは、今年8月分と9月分の電気使用量の合計と、前年の8月分と9月分の電気使用量の合計を比較し、7%以上の節電を達成した顧客に対し、粗品が進呈される。同社は、これにより今夏の節電を促したい考えだ。

続きを読む


矢野経済研究所は、太陽光発電システムのパワーコンディショナーや電力量計、電力の見える化システム等の用途で使われる電力ファシリティ分野の電流センサ国内市場について調査した結果を発表した。2020 年における同市場は、2011 年比2.8 倍の125 億円に拡大する見通し。


続きを読む


 

7月から始まる再生可能エネルギーの固定買取価格制度において、「屋根貸し事業」が導入されることを見通して、事業者から住宅用太陽光発電
設備の設置における新型プランを公募すると発表した。

続きを読む


経済産業省は、今夏の電力需給対策を受け、日本卸電力取引所に、分散型・グリーン売電市場を創設し、6月18日から市場を開設すると発表した。これにより、自家発電用発電設備やコジェネ発電等の1,000kW未満の小口の余剰発電分や、買電量が一定でない、いわゆる「出なり電気」も売電することが可能となる。


続きを読む


 

政府の調達価格等算定委員会は、4月27日に第7回会合を開催し、25日の委員長案を含む意見書案を取りまとめた。買取の価格・期間・区分については、委員長案をそのまま採用した。意見書は、微修正を経て、同日中に枝野経産大臣に提出された。

また、委員会では2012年度のサーチャージ額について、試算値を公表。月額7000円の標準的家庭(300kWh/月)において、一月当たりのサーチャージ額はおおむね70~100円程度となる見込み。


続きを読む


 

中小規模のビルを対象にしたBEMS導入を支援する補助金の申請受付が4月27日からスタートしており、BEMSアグリゲータの営業活動が本格化しています。

続きを読む


台風の影響もあってはっきりしないお天気が続いていますが、明るめの曇りの日には、太陽光発電は結構発電してるもみたいですね!


続きを読む


政府の調達価格等算定委員会の第2回会合が2012年3月15日に行われた。まず、事務局から、本委員会で審議するにあたり、前提とする必要のある再生可能エネルギー特措法で規定されている主な事項、コスト等検証委員会報告書と本委員会での検討内容、前回の指摘事項、事業者からヒアリングを行うに際しての留意点等について、説明があった。その後、自由討議が行われた。主な議論の内容は次の通り。


続きを読む


宮崎市の太陽光発電の補助金は4月から始まりましたが、来週には予定件数に達し締め切られそうです。


続きを読む


太陽光発電を設置したいけど、その設置費用は負担できないという方も多いと思いますが、今後そのような場合に活用できる屋根貸しが始まると思われます。大きな屋根に限定されるとは思いますが、この場合


続きを読む




  • HOME ≫
  • 月別ブログ記事リスト

△ページの上部へ戻る

Copyright (C) 2010 (有)総設 All Rights Reserved.